受験生へのメッセージ

国際学科へ合格された皆さんへ [2021年02月01日(月)]

合格おめでとうございます。御家族のみなさまにも心からお祝いもうしあげます。

国際学科は2009年、人間文化学部に開設され、2017年4月から国際学部に所属を移して新たに出発しました。入学後、新入生のみなさんは英語にくわえ、ベトナム語・中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語のなかから一言語を選択し専門的に学びます。

どの外国語を学ぶべきか迷っているみなさんは、入学までに御自身で各言語の情報を調べてみましょう。学科のホームページ(https://univ.swu.ac.jp/faculty/university/international/kokusai/)も参考にしてください。留学パンフレットと先輩たちのブログを御覧になれます。

入学式後の説明会では、教員が学科の留学制度を解説し、学生が留学体験を報告します。言語選択の参考にしてください。英語以外の外国語はほとんどの学生が入学して学びはじめます。少人数クラスで着実に実力を伸ばしています。

みなさんは二年後期から上海(中国)、ソウル(韓国)、ハノイ(ベトナム)、ボストン(米国)、ライプツィヒ(ドイツ)、ノルマンディー(フランス)、アルカラ(スペイン)のうち、いずれかの地に留学して、異国の文化に触れながら、多くを学ぶことでしょう(淑明女子大とテンプル大学ジャパンキャンパスのダブルディグリー・プログラムはそれぞれ3年前期と3年後期から)。

日本国内にいながらにして、米国の州立大学で学ぶこともできれば、通信回線を利用してソウルと上海で行われる講義を聴くこともできます(遠隔講義)。さらには中国、韓国、米国の大学と本学の学位を二つ取得(ダブル・ディグリー)することも可能です。

充実した留学生活をとおして、高度の語学力を身につけ、成長して帰国したあとは、少人数制の講義で、調査・研究の方法や、発表・討論の技法を学習します。

「入学前にするべきことはありますか」という質問が毎年よせられます。まずは読書をしましょう。下記5冊を推薦します。また、TOEICを受験しましょう。
卒業までに900点超のスコアに達する先輩たちがいます。ぜひ挑戦してください。

【学科推薦図書 2021年度入学者向け】※①②③は入学準備教育課題と同じ
①宇野重規『未来をはじめる「人と一緒にいること」の政治学』東京大学出版会、2018年
②ブレイディみかこ『ぼくはイエローでホワイトで、ちょっとブルー 』新潮社、2019年
③西崎文子・武内進一編著『紛争・対立・暴力』岩波書店、2016年
④河野真太郎 『戦う姫、働く少女』  堀之内出版、2017
⑤村上春樹『やがて哀しき外国語』講談社文庫

キャンパスでみなさんと会える日を楽しみにしています。あらためて合格おめでとうございます。

2021年2月吉日
昭和女子大学国際学部
国際学科学科長 李守

国際学科へ合格された皆さんへ② [2020年02月06日(木)]

「入学前にするべきことはありますか」という質問が毎年よせられす。
まずは読書をしましょう。下記10冊を推薦します。

また、TOEICを受験しましょう。
卒業までに900点超のスコアに達する先輩たちがいます。ぜひ挑戦してください。

【学科推薦図書 2020年度入学者向け】

① 内藤正典『ヨーロッパとイスラム』岩波書店、2004年
② 松村圭一郎『うしろめたさの人類学』ミシマ社、2017年
③ 大野晋『日本語練習帳』岩波書店、1999年
④ 高島俊男『漢字と日本人』文藝春秋、2001年
⑤ 田中宏『在日外国人 第三版』岩波書店、2013年
⑥ 渡辺由佳里 『トランプがはじめた21世紀の南北戦争: アメリカ大統領選2016』晶文社、2017年
⑦ 河野真太郎 『戦う姫、働く少女』 堀之内出版、2017年
⑧ 田中克彦『ことばと国家』岩波書店、1981年
⑨ ノーム・チョムスキー『メディア・コントロール ―正義なき民主主義と国際社会』 集英社新書 、2003年
⑩ ハンス・ロスリング『ファクトフルネス』日経BP社、2019年

2020年2月吉日
昭和女子大学国際学部
国際学科学科長 李守

国際学科へ合格された皆さんへ① [2020年02月06日(木)]

合格おめでとうございます。御家族のみなさまにも心からお祝いもうしあげます。

国際学科は2009年、人間文化学部に開設され、2017年4月から国際学部に所属を移して新たに出発しました。入学後、新入生のみなさんは英語にくわえ、ベトナム語・中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語のなかから一言語を選択し専門的に学びます。

どの外国語を学ぶべきか迷っているみなさんは、入学までに御自身で各言語の情報を調べてみましょう。学科のホームページ(https://univ.swu.ac.jp/faculty/university/international/kokusai/)も参考にしてください。留学パンフレットと先輩たちのブログを御覧になれます。

入学式後の説明会では、教員が学科の留学制度を解説し、学生が留学体験を報告します。言語選択の参考にしてください。英語以外の外国語はほとんどの学生が入学後はじめて学び、少人数クラスで着実に実力を伸ばしていきます。

みなさんは二年後期から上海(中国)、ソウル(韓国)、ハノイ(ベトナム)、ボストン(米国)、ライプツィヒ(ドイツ)、ノルマンディー(フランス)、アルカラ(スペイン)のうち、いずれかの地に留学して、異国の文化に触れながら、多くを学ぶことでしょう。

日本国内にいながらにして、米国の州立大学で学ぶこともできれば、通信回線を利用してソウルと上海で行われる講義を聴くこともできます(遠隔講義)。さらには中国、韓国、米国の大学と本学の学位を二つ取得(ダブル・ディグリー)することも可能です。

充実した留学生活をとおして、高度の語学力を身につけ、成長して帰国したあとは、少人数制の講義で、調査・研究の方法や、発表・討論の技法を学習します。

キャンパスでみなさんと会える日を楽しみにしています。あらためて合格おめでとうございます。

2020年2月吉日
昭和女子大学国際学部
国際学科学科長 李守

国際学科へ合格された皆さんへ② [2019年02月08日(金)]

「入学前にするべきことはありますか」という質問が毎年よせられす。
まずは読書をしましょう。下記14冊を推薦します。

また、TOEICを受験しましょう。卒業までに900点超のスコアに達する先輩たち
がいます。ぜひ挑戦してください。

【学科推薦図書 2019年度入学者向け】
①近藤雄生『旅に出よう』岩波書店 ※入学準備教育課題図書

②西崎文子・武内進一編著『紛争・対立・暴力』岩波書店 ※入学準備教育課題図書

③内藤正典『ヨーロッパとイスラム』岩波書店、2004年

④松村圭一郎『うしろめたさの人類学』ミシマ社、2017年

⑤梅棹忠夫『知的生産の技術』岩波書店

⑥大野晋『日本語練習帳』岩波書店

➆鈴木孝夫『ことばと文化』岩波書店

⑧高島俊男『漢字と日本人』文芸春秋

⑨田中宏『在日外国人 第三版』岩波書店

⑩渡辺 由佳里 『 トランプがはじめた21世紀の南北戦争: アメリカ大統領選2016』晶文社、2017

⑪河野真太郎 『戦う姫、働く少女』  堀之内出版、2017

⑫田中克彦『ことばと国家』岩波書店(岩波新書)

⑬米原万里『不実な美女か貞淑な醜女か』新潮文庫

⑭村上春樹『やがて哀しき外国語』講談社文庫

2019年2月吉日
昭和女子大学国際学部
国際学科学科長 李守

国際学科へ合格された皆さんへ① [2019年02月08日(金)]

合格おめでとうございます。御家族のみなさまにも心からお祝い申しあげます。

国際学科は2009年、人間文化学部に開設され、2017年4月からは国際学部に移っ
て新たに出発しました。入学後、新入生のみなさんは英語にくわえて、ベトナム語・
中国語・韓国語・ドイツ語・フランス語・スペイン語のなかから一言語を選択し専門的
に学びます。

どの外国語を選ぶべきか迷っているみなさんは、入学までに御自身で各言語の情報を
調べてみましょう。
学科のホームページ(https://swuhp.swu.ac.jp/university/kokusai/global/)も活用して
ください。

入学式のあとで行われる説明会では、教員が学科の留学制度を解説し、学生が留学体験
を報告します。言語選択の参考にしてください。英語以外の外国語はほとんどの学生が入
学後はじめて学び、少人数クラスで着実に実力を伸ばしていきます。

みなさんは二年後期から上海(中国)、ソウル(韓国)、ハノイ(ベトナム)、ボストン
(米国)、ライプツィヒ(ドイツ)、ノルマンディー(フランス)、アルカラ(スペイン)
のうち、いずれかの地に留学して、異国の文化に触れながら、多くの出会いを経験するこ
とでしょう。

日本国内にいながらにして、米国の州立大学で学ぶこともできれば、通信回線を利用し
てソウルと上海で行われる講義を聴くこともできます(遠隔講義)。さらには中国、韓国、
米国の大学と本学の学位を二つ取得(ダブル・ディグリー)することも可能です。

充実した留学生活をとおして、高度の語学力を身につけ、成長して帰国したあとは、少
人数制の講義で、調査・研究の方法や、発表・討論の技法を学習します。

キャンパスでみなさんと会える日を楽しみにしています。
あらためて合格おめでとうございます。

2019年2月吉日
昭和女子大学国際学部
国際学科学科長 李守

10月3日(土)オープンキャンパス [2015年10月05日(月)]

10月3日(土)のオープンキャンパスは、晴天にめぐまれ、国際学科の展示ブースには、多くの高校生と保護者の方が訪れました。

相談の様子

相談の様子

スペイン、中国、韓国に留学した在学生4人は、積極的に高校生に話しかけ、高校生からも具体的な質問が多く出て、話し込む姿がみられました。ブースを訪れた高校生が学びたい外国語は、アジア言語では、韓国語、中国語、そして新しく始まるベトナム語、とさまざまでした。またスペイン語、ドイツ語、フランス語、を学ぶ場合、どのようなプログラムでどこに留学するのか、など熱心な質問を多くいただきました。

学科ブースの様子

学科ブースの様子

また国際学科説明会にも、多くの高校生と保護者の方に参加いただきました。

学科説明会

学科説明会

留学体験報告会も、アルカラ大学、上海交通大学、ソウル女子大、といずれも、在学生が自分で撮った写真をつかい、具体的な語学プログラムや教科書、寮生活、実際の食事、ホストファミリーや現地の方々との交流の様子などわかりやすくまとめ、参加いただいた方から、わかりやすかった、とのコメントもいただき、盛況でした。

学生による留学体験談

学生による留学体験談

ご来場いただいた皆様、ありがとうございました。

             米倉

6月22日(日)第2回オープンキャンパス [2014年06月30日(月)]

6月22日(日)に第2回のオープンキャンパスが開催されました。国際学科のブースにも昨年よりも多い受験生や父母が来場されました。3年生・4年生が留学先に応じて質問に答えたり、現地での生活ぶりを説明しました。国際学科はいろいろな形の留学が想定されるので、質問は留学に関することとAO入試に関することが主でした。


[ 学科ブースの様子 ]


[ 学科説明会の様子 ]


[ 留学体験談の様子 ]

また、ブースとは別に学科説明会と上級生による留学体験談も行われ、こちらにも数多くの方がいらして、熱心に耳を傾けておられました。

松浪

高校生を対象に5月22日に国際協力の講義を行いました。 [2014年05月23日(金)]

文部科学省「スーパーグローバルハイスクール(SGH)」の指定を受けた昭和女子大学附属昭和高等学校と「グローバル人材育成推進事業」に採択された本学の高大連携プログラムで、高校生を対象に5月22日に国際協力の講義を行いました。

国際協力の分野で活躍する女性リーダーの具体的な活動について、生徒が主体的に研究を進め、グループディスカッションや発表の機会を通して理解を深めていきます。

米倉

10月5日(土)第5回オープンキャンパス [2013年10月10日(木)]

10月5日(土)第5回オープンキャンパスが開催されました。朝から小雨の降るあいにくの天気でしたが、国際学科のブースにはたくさんの高校生、保護者の方がいらっしゃいました。アドヴァイザーとして待機していた上級生は、全員留学(米国、カナダ、中国、韓国)から帰国した学生。高校生や保護者からの質問に真剣に答えていました。


[ 学科ブースの様子 ]

国際学科の留学プログラムでは米国ボストン校だけではなく、米国、カナダ、欧州、中国、韓国の大学に留学することができます。オープンキャンパスで学科ブースを訪れた高校生たちも目を輝かせて「スペインに行きたい」「韓国に行きたい」など自分たちの留学に関する夢を語ってくれました。

オープンキャンパスが終わったあと上級生が言ったことば印象的でした。「留学って、観光旅行ではないから、楽しいことばかりではないし、勉強や生活面など大変なことも一杯ありました。留学に行くまでの勉強も本当に大変だったけれど、それも全部ひっくるめて留学に行って本当によかったと思います」

留学に対する夢を持つことは素晴らしいことです。でも、留学に行くためにはそのための入念な準備、覚悟も必要だということ、忘れないでくださいね。

[ 柏木 ]

体験授業:中国文化に触れながら学ぶ「中国語入門」 [2013年09月27日(金)]

9月18日に昭和女子大学附属校4・5年生を対象に大学体験授業を実施しました。国際学科からは50分授業を2コマ開講し、1限目は「中国文化に触れながら学ぶ――『中国語入門』」でした。

今回は、本学で1年生からスタートする「中国語入門」の第一回目の授業を附属校の生徒の皆さんに体験していただき、「中国語とは何か」について、わかりやすく講義しました。ことばの背景にある文化と社会にも触れながらの体験授業でしたが、受講生35名で、高校生たちは楽しそうに授業を聞いていました。

その雰囲気が授業終了後も続き、中国語だけでなく、副専攻などについて積極的な質問していました。中には、ぜひ国際学科で学びたいという学生もいました。さらに成長した彼女たちが国際学科に来てくれることを楽しみにしています。

[ マイリーサ ]