2018年8月

ゲアン省ナムダン郡カインソン村観光開発調査 [2018年08月20日(月)]

JICA草の根パートナー事業と並行し、昭和女子大学研究助成金と日越大学も一部負担し、昭和女子大学は環境デザイン研究専攻の院生を中心に、日越大学地域研究専攻5名、社会基盤研究3名、ハノイ大学日本学科2名が、ホイアンとゲアン省ナムダン郡で観光調査を実施した。特に、カインソン村はベトナム最初の省指定伝統農村集落保存地区となることが約束され、越族の伝統を後世に伝える。

JICA草の根パートナー事業ホイアン市チャム島観光開発事業 [2018年08月19日(日)]

JICA草の根パートナー事業最終年度として、8月19日(日)ホイアン市チャム島観光開発最終お披露目ツアーを開催した。大型スピードボート定員一杯の事前申し込み者に限定、ホイアン日本祭りに参加された文化庁・日本橋・松阪・石見銀山・佐賀他の方々が体験。ホイアン市もJICA資金不足分を追加負担、観光センター、愛の泉、海鮮レストラン、森のお茶等々、JICA草の根の枠を越えて大規模な観光支援を行うことができた。(JICA現地連絡調整員友田吉紀・客員研究員向後千里・安藤勝洋)

ホイアン日本祭り:昭和女子大学生達が様々な形でサポート [2018年08月18日(土)]

国際文化研究所の活動には、昭和女子大学生達が様々な学科から多数参加し、日本文化紹介ステージや日本町の創出、各シンポジウムのサポートをしています。また、日越大学・ハノイ国家大学の学生院生も多数参加、様々な共同研究や共同作業を通して、学生達の国際体験・国際交流の場となりました。

ホイアン日本祭り:日本橋と松阪の方々が日本町を演出 [2018年08月18日(土)]

2018年8月ホイアン日本祭りに際し、日本橋地域ルネッサンス100年計画委員会の方々がホイアンの日本橋の袂に日本橋提灯を飾り、2軒の家を松阪市・京都西陣・備前焼きとともに日本橋の浮世絵で装飾、日本町を演出しました。(ビデオ写真等ダウンロード)https://yahoo.jp/box/wfrAbI

ホイアン日本祭り:昭和女子大学同窓会の日本文化紹介 [2018年08月18日(土)]

昭和女子大学同窓会の日本文化紹介。弓道:渡邊祐子、宝生流能:後藤裕子、水木流舞:土舘裕子。(ビデオ写真等ダウンロード)https://yahoo.jp/box/wfrAbI

ホイアン日本祭り:日本文化紹介ステージ [2018年08月18日(土)]

ホイアン日本祭りが開催され、昭和女子大学は国際交流基金アジアセンターの補助金により、松阪市・西陣織工業組合・備前焼陶工・日本橋地域・石見銀山・佐賀まちづくりNPOらの参加を支援、18日のステージでは関係者が舞台から挨拶しました。(写真中央は松阪市竹上真人市長)       (ビデオ写真等ダウンロード)https://yahoo.jp/box/wfrAbI

ホイアン日本祭り:西陣・松阪 服飾伝統産業シンポジウム [2018年08月18日(土)]

国際交流基金アジアセンター・アジア文化創造プログラムの補助金を受け、日越文化研究者ファンハイリン先生を議長に、西陣織工業組合渡邊隆夫理事長・松阪市竹上真人市長とホイアンシルクVU社長による、ホイアンと日本とのシルクや木綿の交流シンポジウムを行った。特に、藍の縦縞文様がホイアンから松阪に送られた柳状布から考案されたとする説が大きな注目を浴びた。さらに、渡邊隆夫氏からシルクビレッジVU氏に豪華な内掛けが贈呈された。

ホイアン日本祭り:日越伝統芸能シンポジウム [2018年08月18日(土)]

石見銀山の世界遺産登録に奔走した大國晴雄(前太田市教育長)を司会に、昭和女子大学国際文化研究所で日本の祭りを研究しベトナムで博士となったグエントゥーチャン(ベトナム文化省文化財部無形文化財課長)、小林泰三(石見神楽能面師 )、吉田誠男(元浮世絵版元伊場仙社長)と伝統芸能についてのシンポジウムを開催。初めての試みでしたが、大國さんの名司会で様々な課題が時間一杯まで議論され、今後の新たな文化交流の契機となると予感させられました。

ホイアン日本祭り:備前焼き若手陶芸作家によるシンポジウム [2018年08月18日(土)]

ベトナム中部は釉をかけない素焼き陶器作りが盛んなため、国際交流基金アジアセンターの補助金を得て備前焼き若手陶芸作家、森大雅・中本研之・馬場隆志による日本の焼き物紹介シンポジウムを18日夕方に開催。さらに、20日にタインハ陶芸村でフクティックも交えワークショップを開催した。安藤所長(国際交流基金)も議論の輪に加わり活発な討論があった(客員研究員・くらしき作陽大学准教授・向後千里)。

ホイアン日本祭り:町並み集落文化財保存セミナー [2018年08月18日(土)]

ホイアン日本祭りに際し、文化庁文化財部豊城浩行監査官が訪越、豊城氏を議長に25年間に渡るベトナム文化財保存に対する国際協力を振り返るとともに、これからのベトナムに対する日本の協力の在り方を議論した。ホイアンから始まり、ドンラム・フクティック・カイベー、そして現在進行中のゲアン省カインソン村。豊城氏は20年以上前、若かりし頃にホイアンの技術指導に参加された。(ビデオ写真等ダウンロード)https://yahoo.jp/box/wfrAbI