CATEGORY

ж町並み集落保存活用

  • 2022年11月14日

昭和女子大学協力:秋のドンラム祭

昭和女子大学が協力してベトナムで最初の国家文化財集落となったドンラム村の観光再開に向け、10月23日ドンラム祭が開催されました。昭和女子大学は今年は2023年2月に予定している食品加工調査の準備として「秋の宴会料理コンテスト」に協力しました。以下のリ […]

  • 2022年8月26日

ホイアン日本橋修復工事 日本橋の創建と現在の日本橋

ホイアン日本橋は1553年、西の中国人町と東の日本人町を結ぶため日本人町の入り口に建立されたとされるが定かではない。ホイアンに日本人が本格的に渡航するのは豊臣秀吉の朱印状発給から。徳川幕府の朱印状は1604年からで、1635年には鎖国令により在外日本 […]

  • 2022年5月31日

Hoianメタバース 町並み3D完成イメージ追加

現在ホイアン市の要請によりホイアンの町並みを3D化し、アバターとなってそれぞれが違う容姿で走り廻り、VRChatの中では互いに話もできるようになりました。さらに町並みの中の人や車が動き回ります。CLOUDで皆様のご意見を収集中で、お見苦しい点は逐次更 […]

  • 2021年9月27日

コロナ後の観光再開:GoogleMapに写真を投稿しよう

  ホイアン・ドンラム・カイベー等の文化財観光地では観光再開に向けた努力が活発化しています。ホイアン市チャム島、ゲアン省カインソン村などこれからの観光地では、Google Mapに位置を入れ写真を投稿することも重要です。カイベーの観光推進の […]

  • 2020年12月3日

カンナム省主催ホイアン祭でコロナ後の観光再開を目指し研究会

カンナム省はコロナ禍で財政難に苦しむホイアンの観光再開に向けホイアン祭を開催。これに合わせ国際文化研究所はホイアン・ドンラム・カイベーの文化財観光関係者をホイアンに集め、コロナ禍の影響とその後の観光再開について勉強会を共催した。これに日本大使・JIC […]

  • 2019年11月10日

ティエンザン省知事表彰 カイベー集落保存と観光発展に貢献

11月10日(日)カイベー文化観光祭開幕式において、JICA・国際交流基金・奈良文化財研究所・横浜市緑の協会・神戸北野山本地区をまもりそだてる会の5団体と、昭和女子大学大学院出身のグエンティビクゴク(ホーチミン市建築大学建築計画学科長)・向後千里(女 […]

  • 2019年11月10日

ティエンザン省主催 第4回カイベー文化観光祭 開幕宣言

カイベー・ドンホアヒエップ村は、メコン川の畔に位置し、豊かな自然環境に恵まれ、大富豪の大邸宅群が保存され、果樹園と、平穏なメコン川の景観により多くの観光客を魅了しています。特に、JICAと昭和女子大学は、カイベー県ドンホアヒエップ村観光を通じ地域社会 […]

  • 2019年11月9日

カイベ フェンスコンテスト 7年後のfollow UP調査

2012年6月に行ったベトナム最初の住民参加運動(ホーチミン市建築大学副学長講演)によるフェンスコンテストの後、今回のカイベー祭に先立ち7年ぶりにfollow UP調査を行った。昭和女子大学(国際学科・環境デザイン学科・管理栄養学科他)と女子栄養大学 […]