2017年1月

【お知らせ】ひとり1冊一夜貸と長期貸出について [2017年01月27日(金)]

[後期]一夜貸、日曜開館ポスター (452x640)ひとり1冊一夜貸

今週1/23(月)から、学生ひとり1冊一夜貸がはじまっています。
学外の方には利用をご遠慮いただいています。

期間:1/23(月)~2/6(月)
返却日:翌開館日(一夜貸)

◎資料の予約・貸出期間の延長はできません。ご了承ください。
◎大学院生と教職員の方はカウンターにて延長します。資料をご持参ください。マイライブラリからの延長はできませんのでご注意ください。
◎中高部生徒、卒業生、世田谷6大学コンソーシアムの方は資料の貸出及びカウンター対応(レファレンス、書庫の出納、カードの発行など)をご遠慮いただいております。
試験期間終了後にご利用ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

長期貸出

2月7日(火)から春季休暇期間の長期貸出が始まります。

期間は2月7日(火)~3月17日(金)までです。
学部生、大学院生、教職員の方は4月4日(火)まで
借りることができます。
長期貸出期間中に借りることができる図書は、通常期同様
「冊数無制限」です。
(※視聴覚資料は通常通り、一人1点1週間の貸出です。)

☆学部生の皆さん☆
学部生の皆さんは2月6日(月)までは「試験貸出」のため、
そのまま「長期貸出」をすることはできません。
一度返却をお願いします。

ご協力をお願いいたします。

1/27まで募集期間延長!「みんなでよむよむフェスタ」&「オリジナルTシャツデザイン」 [2017年01月20日(金)]

ただ今、図書館では「みんなでよむよむフェスタ」「オリジナルTシャツデザイン」
の作品を大募集しています。
参加者全員には図書カードをプレゼント。
応募方法など詳しくはポスターをご覧ください。
作品は1月27日(金)まで受付しています。
ふるってご応募ください。
みんなでよむよむフェスタ2016(募集期間延長済)Tシャツデザイン募集ポスター2016(募集期間修正済)

華麗なる 貴重資料展示「光琳かるたの世界」 [2017年01月20日(金)]

1/11(水)~31(火)  貴重資料展示「光琳かるたの世界」

を開催しています。

光琳かるた加工済光琳かるたは、江戸時代中期の琳派を代表する画家・工芸意匠家である尾形光琳が制作した、鮮明な色彩、巧緻な絵、そして金を効果的に使用した、豪華絢爛な小倉百人一首かるたです。

上句には正面だけでなく横向きや後ろ向きの歌仙像が描かれ、着物の柄にも凝っています。下句には歌意に合わせた花鳥山水などが描かれており、富士山が読まれているものには富士山が描かれていたり、春の歌には桜が描かれていたりします。

百人一首解説書(加工済)
光琳かるたと合わせて、百人一首に関連する和装本も展示しています。北村季吟(きたむらきぎん)や尾嵜雅嘉(おざきまさよし)が書いた百人一首の解説書は、江戸時代に広く読まれていました。ここには歌の注釈、歌人の逸話、伝説などが書かれています。

この機会に、お気に入りの一首を見つけてみてはどうでしょう。尾形光琳ならびに百人一首に興味を持ってもらえると嬉しいです。

1/22は、試験期のため日曜特別開館します。 [2017年01月17日(火)]

下記の日程で試験期日曜特別開館を実施します。

     記

開館日:1/22(日)
 
開館時間:9:00~16:00

情報貧国ニッポン [2017年01月13日(金)]

情報貧国ニッポン書  名:情報貧国ニッポン ~課題と提言
著 者 名:山﨑久道著
出版社名:日外アソシエーツ
出版年月:2015.5
請求記号:007.3/Yam
所  在:4F開架室

著者は、日本は情報ストックの整備が遅れていることを指摘し、その背後には記録を作ることを軽視し、過去の記録を保存することに驚くほど無関心な精神性が存在するのではないかと述べています。

まとめとして我が国の情報政策について、10項目の提言をしています。

5番目に「レポートや論文を英語で書く訓練をしよう」を挙げています。日常生活の場面で英語を使うようにならなければならないことと学校教育の中で、英語による論文の書き方の教育を行うことが重要だということです。

この本の中には、情報処理の八原則も挙げられています。実用性の高いものなので、レポートや論文を書く時、プレゼンテーションを行う時等に是非参考にしてください。

(光)

新年のご挨拶 [2017年01月01日(日)]

あけましておめでとうございます。

2017年の干支は酉です。
酉には動物の鶏の字があてられています。わかりやすいように読み(音)が似ている身近な動物からとったようです。ちなみに酉年は商売繁盛の年などと言われますが、皆さんのような学生なら学業成就と言ったところでしょうか。

さて、本学図書館のOPACで「ニワトリ」でタイトルで図書を検索をしてみると全部で323件がヒットします。
そのなかで発行日が一番新しいのは次の一冊。

「金鳥の夏はいかにして日本の夏になったのか? : カッパと金の鶏の不思議な関係」
金鳥宣伝部編 ダイヤモンド・ビジネス企画 2016年

新年の挨拶なのに夏がらみの本かとも思いますが、けっこう面白そうなタイトルだと思いませんか?内容は広告関係で、表紙にはおなじみの殺虫剤が大きく描かれています。ブランド確立のための悪戦苦闘が書かれています。この本は 4F開架室 674.9/Kinに所蔵しています。
この本に限らず面白そうな本は図書館にいくらでもあります。ぜひ探し出してみてください。

それでは、本年も昭和女子大学図書館をよろしくお願いいたします。
                                                      副館長 田中 均