2015年10月

夏、モンゴルに行ってきました! [2015年10月31日(土)]

<研究室便り>

日文助手Iです。
少し前の話になりますが、今年の夏、旅行でモンゴルに行ってきました!

モンゴルの自然や文化(衣食住、音楽、美術…)に触れたこと、
すべてが私にとってよい刺激、かけがえのない時間となりました。

留学や海外プログラムを終えた学生さんからよく、
「日本を客観的に捉えることができるようになった」と聞きますが、
まさに、その言葉を実感しました。

001

モンゴルの風景”みなさんご存知、ゲル”

002

モンゴルの風景”壮大な景色!”

異文化体験として、これから記事の合間にちょこちょこ載せていきたいと思います。

(IM)

ハヤカワ文庫プロジェクト<参加学生の声> [2015年10月30日(金)]

<日文便り>

先週水曜日に報道発表をおこなったハヤカワ文庫プロジェクト。
今回はプロジェクトに参加する日文学生の声をお届けします。

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

春から始まった早川書房とのプロジェクトは読書の秋と呼ぶに相応しいこの季節に記念すべき第一冊目を刊行しました。
初めて本を作る事に携わり、悩む部分も多く有りましたが同じプロジェクトに参加する仲間と意見を出し合い、話し合いを重ねてきました。
今後も本の事、そして手にとって読んでくださる読者の方々の事を考えながら取り組んでいきたいと思います。 (1年AFさん)

報道発表では「ケチャップ・シンドローム」が作られていく過程をお話しさせていただきました。自分たちで考えて、意見を出しあったものが、本という形になったことに喜びを感じています。
学生ではなかなか経験できない、とても貴重な体験をさせてもらい感謝しています。
そして、近々行う、書店でのデモンストレーションも楽しみにしており、こちらの方も頑張りたいと思います。  (2年KIさん)

~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・~・

参加者にとっては、それぞれに得るものの大きなプロジェクトとなっているようです。
KIさんのコメントにもあるように、今週は、有楽町にある三省堂書店有楽町店で参加学生による刊行本のデモンストレーション販売が行われました。

デモ販売に向けての打ち合わせ風景

デモ販売に向けての打ち合わせ風景

次回は、その様子を紹介します。
(IK)

悪戯されるか、おもてなしするか、どちらがいい? [2015年10月29日(木)]

<日文便り>

trick or treat !
日文教授室に、可愛いおばけたちがやってきました!

お菓子を受け取るおばけの皆さん

お菓子を受け取るおばけの皆さん

正体は、CHAWA(茶輪)と留学生の皆さんです。
CHAWAは、留学生と日本人学生の交流を深めるためにできた団体です。
今回はハロウィンイベントの一環として、構内探索が行われました。

せっせと準備する時間も楽しかったです。
DSC_8705 DSC_8713
年々国内に浸透してきているハロウィンイベント、皆さんはどのように過ごすのでしょうか。
私は好物の南瓜スープを作ろうと目論んでいます。
(ho)

キバナコスモス [2015年10月28日(水)]

<キャンパス便り>

東明学林での労作奉仕で、日文の学生が植えたキバナコスモス!

IMG_0157IMG_0166IMG_0172

↑ このような様子をお伝えしたのが、4か月前。

新体育館前で咲いているという情報をいただいたので、見に行ってきました。
秋の風にゆらゆらと揺れて、可愛らしく咲いていました。

image2image1image3

東明学林と世田谷キャンパスの職員の方々が、大切に育ててくださったおかげです。
ありがとうございます。

毎日忙しい学生のみなさんも新体育館前を通るときには見てください。
きっと、今日もがんばろう!という気持ちになるはずです。

(KD)

ボストン春期15週間プログラムに参加して [2015年10月27日(火)]

<日文便り>

2年生で、この前期にボストン春期15週間プログラムに参加した方から、留学経験で得たものについて、一文を寄せていただきました。
これから留学を考えている日文のみなさん、実際に留学した方の声を、ぜひご参考にしてみて下さい。

 
P1060111
————————————————————————————————————————————

わたしは、今年度前期のボストン春期15週間プログラムに参加してきました。
最初は、「英語がちょっとできるようになったらいいな」という軽い気持ちで参加しました。
はじめての海外だったため少し不安もありましたが、ボストンでは寮生活ということもあり、生活に困ることはありません。
授業は毎日楽しく、先生方はわたしたちのたどたどしい英語を一生懸命理解してくださいます。

授業以外の時間は学外に出ます。ちょっと外に出れば、アメリカの生活、文化に触れることができるのが留学の良いところです。
毎日外に出て、時に店員さんと会話し、時に教会で宗教文化に触れるなど、どこに行っても学ぶことはたくさんありました。
実際、机に向かって意識的に英語を勉強することはほとんどなかったのですが、留学前と比べてわたしのTOEICの点数は200点近く伸びました。

ボストン15週だけでなく、参加すれば単位を修得できる留学プログラムが、本学には他にもあります。いい経験だからというような、まずは軽い気持ちであってもぜひ参加してみてください。
きっと、思っていたよりずっとたくさん得るものがあると思います。

(2年 S・Y)

———————————————————————-——————————————————————

なお、「2016ボストン秋期15週間プログラム」は、これから募集となります。
また、
・日本文化プログラム(昭和ボストン)
・クイーンズランド大学英語研修(オーストラリア)
・ワシントン大学英語研修“STEP”(アメリカ)
・ロイヤルローズ大学ホスピタリティ&ツーリズムプログラム(カナダ)
などの春期に行われる短期留学プログラムの申込締切は、11/27です。
詳細は、国際交流センター(CIE)ホームページを確認して下さい。

 
(FK)

ゼミのつながり [2015年10月26日(月)]

<研究室便り>

3年生から卒業論文を書くためにさまざまな手法や考え方を実践的に学ぶ演習(ゼミ)が本格的に始まります。
ゼミの仲間同士が、お互いに意見を交換しながら授業がすすみます。
人の考えを聞いて、意見を言い、言われた方はそれを受け止めるわけです。
そのようなことを続けていくと、信頼関係が生まれます。
上の学年と下の学年の交流も生まれることがあります。
1444881213053
ゼミの仲間で、高尾山にハイキングに行きました。
といっても、この写真の半分はもう卒業したゼミの人たちです。
卒業しても、またみんなで集まることのできる絆が生まれることもあるのがゼミという授業です。
(MN)

留学カフェ [2015年10月24日(土)]

<日文便り>

留学カフェを開催しました。
今回のテーマは2月にアメリカボストンで行われる
「日本文化プログラム」についてです。

DSC_8675

2年のH・Tさんは昨年度の様子を丁寧に説明してくれました

DSC_8682

ボストンに夢を馳せる学生さんの表情は素敵です!

 

 

 

 

 

 

 

プログラムの様子に聞き入る1年生のの熱心な姿

プログラムの様子に聞き入る1年生の熱心な姿

今回は、経験者4名の協力があり開催されました。
いずれも今年の2月に参加した学生たちでしたが、

・短期間だったが英語の聞き取りに自信がついた
・アメリカ文化に触れて充実した日々を過ごせた
・初めての海外生活だったが、昭和ボストンは安全に過ごせて全く心配がなかった
・他の海外研修にも参加しようと思っている

などのコメントがありました。

希望者に対しては、アメリカの生活面のことや、英語の授業の様子、
またボストン市内での英語で奮闘したこと、奨学金の制度についてなど、説明をしてくれました。

スマホやパンフレットを見せながら説明してくれました

スマホやパンフレットを見せながら説明してくれました

留学カフェは和気藹々とした雰囲気の中行われました

留学カフェは和気藹々とした雰囲気の中行われました

 

 

 

 

 

 

 

日文のみなさん、

Strike while the iron is hot.
Make hay while sun shines.
There is no time like the present.
Never put off till tomorrow what you can do today !

「思い立ったが吉日」です。ぜひチャレンジしましょう!

(KW)

ハヤカワ文庫プロジェクト<報道発表までの道のり> [2015年10月23日(金)]

<日文便り>

今週21日、早川書房と本学学生がタイアップして立ち上げた、
ハヤカワミステリー文庫の新レーベル、<my perfume>文庫の立ち上げ発表会が行われました。

6月から「ハヤカワ文庫プロジェクト」として活動を開始したこのプロジェクトには、
大学院生1名を含む、計46名が名前を連ね、そのうち日文からは最多の32名が参加しています。

参加者説明会(2015/6/3)

参加者説明会(2015/6/3)

女子大学生ならではの感性で、文庫のレーベル名とロゴマーク、キャッチコピー、作品タイトル、
表紙デザイン、あらすじ紹介文等々をプロデュースし、来年2月までに5作品の海外翻訳小説を刊行するというこの企画。
主要となるレーベル名を決定するためのプレゼンテーションや、早川書房編集部との
会議などを経てたどり着いた今回の記者発表では、坂東学長や学内関係者も見守る中、
日文の学生が企画の説明、そして、刊行作品第一弾となる『ケッチャップシンドローム』の紹介を行いました。

プレゼンテーションリハーサル(2015/7/8)

プレゼンテーションリハーサル(2015/7/8)

編集部の方を前にプレゼンテーション本番(2015/7/28)

編集部の方を前にプレゼンテーション本番(2015/7/28)

編集部と合同会議(2015/9/8)

夏季休暇中、編集部との合同会議(2015/9/8)

今回刊行された作品の最後には、携わった学生の座談会も掲載されています。

日文学生の座談会(2015/9/13)

学生による座談会(2015/9/13)

報道発表前日は、遅くまでリハーサル。現代文化研究所や、日文の先生方
からアドバイスをいただきながら、皆で意見を出し合い、最後の調整を行いました。

報道発表前日、最後の調整!

報道発表前日、最後の調整!

先生方からも貴重なご意見をいただきました

先生方からも貴重なご意見をいただきました

いよいよ発表当日!!

いよいよ報道発表当日!!

DSC_1057

来場した報道各社を前に、緊張しながらも自分たちが携わったプロジェクトについて、
堂々と説明していました。

最後に、当日司会進行を担当した学生からのコメントを紹介します♪
◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆
報道発表を終えて、今回の活動をふり返ると、いろいろな人の協力があったからこそ、
無事に発表が出来たのだと思いました。原稿や発表資料の作成にはたくさんの学生や先生方に
協力してもらいました。様々な意見をぶつけ合い、一緒に考えていく中で満足のできる発表が
出来たのだと思います。
(日文3年YK)

DSC_1096

今回紹介された『ケッチャップシンドローム』は記念講堂地下、ショッププレリュードにも置かれていますので
是非手に取ってみてください。

今後も随時ハヤカワ文庫プロジェクトに携わる日文生の活動を紹介していきます。

(IK)

4年次東明学林 ~3日目~ [2015年10月22日(木)]

<学寮研修便り>

学寮研修3日目です!
今日は鎌倉散策に行きました(^-^)
班単位の自由行動だったので鶴岡八幡宮に行ってお参りをしたり、小町通りに行ったり、銭洗弁天でお金を洗ったり、お土産を選んだり…
文化に触れ、お天気に恵まれて満喫した学寮研修となりました☆
2泊3日、お疲れ様でした!
(S.R)

DSC_066314454102934361445410288309
1445410295119DSC_06671445410286168

4年次東明学林 ~2日目~ [2015年10月21日(水)]

<学寮研修便り>

学寮2日目、今日はバス研修でした!
まず、熱海のMOA美術館を見学しました。
国宝の展示や工芸の企画展があり、勉強になりました。
次に、伊豆高原で陶芸体験をしました。
それぞれが思い思いの作品を仕上げました。完成品が届くのが楽しみです!
夜のプレゼンでは、各班がMOA美術館の作品について調べて発表しました。
発表内容についてよく理解した上で発表することの大切さを学びました。
(I.M / I.M)

DSC_0607DSC_0609DSC_0616

144534187758814453418790041445342841587