書道実習Ⅴ [2016年02月19日(金)]

<学生の声>

書道実習Ⅴを受講していた四年生のみなさんに、最後の授業の際に感想を頂きましたのでご紹介します♪

*。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

書道実習

授業担当の槍田先生と

 

大学に入り、今まで縁のなかった書道に触れることができて、本当によかったです!毎週書いていくうちに書道の楽しさや奥深さを知ることができたようにおもいます。今後ますます書道に触れる機会を増やしていけたらいいと思っています。(M.I)

 

小学生の頃から習い続け、一度は高校生で辞めてしまった書道をまた大学で4年間学ぶことができて本当によかったと思っています。書けずに苦しんだ時もありましたが、書道実習は自分と向き合う良い時間でした。(S.H)

 

小学生以来、筆を持つことがなく、大学一年生で久しぶりにした書道は自分でも驚くほど下手でした…
なかなか上手く書けず、投げ出したい時もたくさんありました。それでも私のことを見捨てずに指導してくださった先生方には本当に感謝しています。
決して上達したとは言えませんが、書道の時間が楽しくなりました。
先生には三年生の頃とは見違えるほど書道に熱心になったと言われました。書道で培ったものはこの先の人生できっと役に立つと思います。
昭和女子大学で書道を習えて本当によかったです。(M.T)

 

大学に入って、初めての書道の授業…筆を持ったのは中学生以来でした。
最初は本当に上手く書けず、挫折しそうになったことも何度かありました。最後の最後まで、先生方にはご迷惑をお掛けしましたが、今では書道が楽しいと思えるようになりました。
4年間、書道で学んだことは決して忘れられません。
これからの人生で、どのように書道に関わっていくかわかりませんが、これからも先生方に学んだことを生かしていきたいと思います。(E.Y)

 

小・中と習字は苦手でしたが、大学に入ってからは書道が楽しくて、とても好きになりました。
そうなれたのも、昭和女子大学で書道を教えてくださった沢山の先生方のお陰だと思っています。
1年生のときには、半切に書くなんて絶対無理だと思っていましたが、4年生では手紙を書くまでになりました。
まだまだ上手ではありませんが、成長を実感することができて本当に楽しかったです。(A.M)

 

4年間の書道実習があっという間に終わりました。正直なところ、筆を持ったのは中学ぶりで、かつ毛筆が苦手な私にとって週1回の授業で技術に磨きをかけることは大変難しいものでした。それでも、授業時間以外にも課題をこなし、書道の深みや楽しさを一緒に実感する仲間がいたことは大きかったです。書道実習を履修してよかったと、心から思います。(C.O)

 

1年生のとき国語の免許のために何気なく始めた書道でしたが、無事4年間続けることができました。うまく書けず課題をこなすのに時間がかかりましたが、書道の面白さを知ることができ、続けてよかったと思っています。卒業してからは筆を持つ機会も減りますが、書道実習で学んだことを活かしていきたいと思います。(S.I)

*。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。*・。

これからそれぞれの道に進んでいく四年生のみなさん。
大学で学んだことを活かし、社会でも輝いてくださいね!

みなさんのご活躍をたのしみにしています♪
(NG)