学寮便り 東明学林第一日! [2018年10月30日(火)]

<学寮便り>

東明学林が始まりました。

本日は、バス研修で「神奈川県立美術館葉山館」で『アルヴァ・アアルトもうひとつの自然』を見学しました。
アルヴァ・アアルトは日本とも親交の深いフィンランドの建築家であり、日本文化の繊細さと自然との親密さを肯定的に捉えたアーティストでした。
学生は、普段はあまり触れることのない建築家の軌跡を目の当たりにして、深い感動を覚えたようです。

 


左から、アルヴァ・アアルト、代表作の椅子、葉山の海をバックに笑顔の一枚

着寮後は開寮式に引き続き避難訓練を行いました。備えあれば憂いなし。万が一の時に自分の身を守るのは自分自身であることをしっかり自覚した訓練となりました。

夜は導入集会。係チーフからの連絡に引き続き、目標の発表がありました。
学生は明るく前向きで、意識を高く持って研修に臨んでいます。四日間、実りある学寮研修となる予感がしています。

学科長撮影の富士山
 

(KW)