2019年2月

「書道実習Ⅰ~Ⅴ」作品掲示しました [2019年02月25日(月)]

<日文便り>

日本語日本文学科には、「書道実習」があります。
主に教職を目指す学生が履修し、1年生から4年生まで、
「Ⅰ」「Ⅱ」「Ⅲ」「Ⅳ」「Ⅴ」…と段階を追って履修します。

今期授業で書いた作品を、日文教授室前と書道室に掲示しました。

廊下に掲示・1

廊下に掲示・2

書道室のなかに掲示

 

書道実習Ⅰの作品

書道実習Ⅱの作品・1

書道実習Ⅱの作品・2

書道実習Ⅲの作品

書道実習Ⅳの作品・1

書道実習Ⅳの作品・2

書道実習Ⅴの作品・1

書道実習Ⅴの作品・2

さまざまな作品が並び、授業期間内には廊下を通る学生も足を止めて眺めていました。

教職志望でなくても、「書道に興味がある!」という学生は、
ぜひ来年度履修してみてください。

(IM)

先輩から後輩へ~3年生演習のひとこま~ [2019年02月19日(火)]

<日文便り>
大学には「演習」という科目があります。

4年生で卒業論文を書くだけの力をつけるために、作品を分担して学生がその読解を披露し、
それに対し聴いていた学生が質問し、発表者が答えるという行程を繰り返します。

これによって、一人で読んでいたのでは気づかないような発見や、鋭い読みに出会い、発表者も
聴衆も読みを深めていきます。そして、その年度ならではの「行人」論や「それから」論を
練りあげていきます。今年度の3年生もこの1年間でずいぶん力をつけました。

それでも〈400字詰め原稿用紙60枚以上 20,000字以上〉の卒業論文執筆には不安がたくさん。
そこで、私のゼミでは毎年、3年ゼミの最後の時間に、何人か4年生の先輩を呼び、話して
もらっています。
 

今回も「卒論の作品・テーマはどのように決めたか」「苦労したことはどんなことか」
「やって良かったことは何か」「就職活動との両立は」「3年生へのアドバイス」など、
卒論を出したばかりの4年生が、親身になって自分の体験を話してくれました。
卒論ノートやスケジュール帳、添削された下書きなどを、後輩に分かりやすく説明するために
回して見せてくれたり、中にはこの説明のために資料を作ってきてくれたりした先輩もいました。
卒論作成談も就活のアドバイスも実体験を元にした活きた情報、3年生も身を乗り出し聴き、
必死にメモを取り、食い入るように回ってきた資料を見ていました。
  

4年生の皆さん、ありがとうございました。
3年生の皆さん、読み応えのある卒論を期待していますよ。

(FE)

 

日文生主催キャリア講座【光文社】が行われました! [2019年02月13日(水)]

〈日文便り〉

2月12日(火)日文生主催のキャリア支援講座が行われました!
この講座は企画やキャスティング、当日運営まで全て日文キャリア講座運営委員が
行っているものです。

第2回目の今回は、現在株式会社光文社にご勤務で、日文2016年度卒業の石川穂乃実さんに
お越しいただき、お仕事に関するお話から学生時代のお話、就活に関するアドバイス等、
OGならではの視点からたくさんのお話をして下さいました。

石川さんから在学生への温かいメッセージをいただきました(*^_^*)
==========================
“自分の人生に期待し続ける”     “Believe it to see it.”
自分のやりたいことをあきらめないで、友達を大切に大学生活を楽しんでください。
自分の夢は叶うぞと信じて突き進んで!!
==========================

来年度も講座を予定しておりますが、今回同様、
またそれ以上に日文ならではの講座を開講できるよう努めたいと思っております。

また、運営委員の募集も随時行っておりますので、今回の講座を通し興味を
持ってくださった方がいらっしゃいましたら、お気軽にご参加下さい!

今回講師を務めて下さったOG石川さん、またご協力頂きました諸先生方、
本当にありがとうございました!

〈日文キャリア委員一同〉