2人目!中日大学学生友好交流大会 感想 [2019年07月01日(月)]

〈日文便り〉

前回に引き続き、
「中日大学学生友好交流大会」に参加した学生の声をお届けします。

**************************************************************

私は今回の体験を踏まえて、新たな発見を一部紹介します。

中国の大学は食堂もありますが、混雑していてメニューが少なく
昼休みの時間も短いため、近年は牛丼屋やファーストフード店のデリバリーを活用しています。
また中国には朝食は外で食べるという文化があるため、
店の看板に“早餐6:00~”と書かれているものも目立ちました。
さらに、中国の大学は1限(8時から)から11・12限まで講義があるため、
夕食を済ませてから講義を受ける日もあると伺ったときは驚きました。

日本と中国は隣同士であっても異なる文化が多いです。
今回の私たちの交流は終わりではなく、スタートダッシュに立ったところです。

一生の思い出を作ってくださった学生さんに感謝し、今後も日中友好に努めたいと思います。


欧米の雰囲気を感じさせる东港


大連理工大学の学生さんと共に


大学生の時間割


夜の自由時間を利用して遊園地へ


大連駅 夜景が綺麗!

(日文3年 菅沼初香)

****************************************************************

(IR)