2020年5月15日 学長ブログ [2020年05月15日(Fri)]

<学部長インタビュー>
人間文化学部長の山本晶子先生にお聞きしました。

■プロフィール
小原:先生の研究について教えていただけますか?
山本:能楽について、中でも地方に伝承されている狂言を研究しています。今は、伊勢市の馬瀬(まぜ)町に伝わる狂言の台本を中心に研究をしています。
小原:先生の研究でおもしろいと思うところはどんなところですか?
山本:20年以上伊勢に通って門外不出の資料を調査し、それらの資料の位置づけを紹介するとともに、毎年馬瀬町での秋祭りや伊勢の能楽まつりを撮影、記録しています。馬瀬狂言は、その地域の人々の手によって伝承されています。馬瀬狂言が時代を超えてどう伝わり、どう変化しているのか、地域のコミュニティとの関係の中での伝承の実態を明らかにしたいと思い、研究に取り組んでいます。
小原:文学だけではなく、その背景にある文化にもつながっているのですね。興味が湧いてきますね。先生が研究の中で、ワクワクしたり、嬉しかったことはどんなことでしょうか?
山本:何より実物の原本を見せてもらい、当時の人々が遺した筆の跡をたどりながら翻刻する作業は難しいですが、楽しいです。馬瀬狂言の台本の系統を明らかにするために調査をするなかで、全く別の場所で詞章がほぼ一致する台本を見つけた時、自分にとっては一歩前進した感じで嬉しかったです。また、馬瀬狂言の「蜂」という珍しい曲の資料を翻刻・紹介した、わたしの論文を元に、その曲が復元され舞台で実際に演じられたのを見て感激しました(2012年名古屋能楽堂、2019年東京の国立能楽堂)。


(参考)狂言「花子」の台本 ※馬瀬狂言保存会所蔵

小原:先生がこの分野を選んだきっかけを教えてください。
山本:大学2年生の時、学科の研究発表会で発表することになり、説話文学の研究者の戸谷三都江先生にテーマについてご相談したところ、狂言を紹介されたことがきっかけです。「あなたは狂言の中に登場する女性のよう」とのことばをいただき、興味を持って読んだことで、それ以後ずっと、研究テーマとして付き合っています。ただし、先生のおっしゃった狂言の女性は「わわしい女性」(口やかましい、うるさい)ということのようです(笑)。
小原:先生の趣味は何ですか。
山本:今は忙しくてなかなか行けないのですが、「釣り」です。家族全員で釣りが好きです。釣ったものは基本的に全部料理していただきます。
小原:先生の座右の銘があれば教えてください。
山本:能楽では一回毎の講演に演者が集まって演じるので「一期一会」を大事にします。私も常に色々な風景や人に出会っていますが、それぞれがその時しかない出会いとして大切にしたいと思い、「一期一会」という言葉を大事にしています。

■学部について
小原:人間文化学部のセールスポイントはどんなところですか?
山本:人文学は伝統的な学問分野であり、「人間とは何か」を考える、根本的なことを学ぶ学問です。文学や歴史、文化を研究対象として、そこに込められた人々の思い、智恵を学び、豊かな人間性と広い視野を培うことがこの分野の目指すところです。本学創立の出発点は国文学であり、本学のなかでも長い歴史を持っています。図書館には近代文庫など貴重な資料が蓄積されており、また、学芸員を目指す者の実践の場として博物館もあり、この恵まれた教育環境がポイントです。
海外で学ぶプログラムも充実し、また、テンプル大学ジャパンキャンパス(TUJ)との交流も盛んです。専門分野に関連する交流として、歴史文化学科はアート学科と「コミュニティアート」という科目を共同で開設しており、日本語日本文学科もTUJの日本語学科と連携し、互いの授業に学生が参加し合っており、さらに「日本の伝統文化を学ぶ講座」も共同で開催しています。

小原:これからどんな人を育てる学部にしていきたいですか?
山本:情報化社会、またAI技術の進歩等、激変する時代の中で、最後は人間の判断、智恵が求められます。このなかで今後はますます人文学を学ぶことの意義が問われます。まずは専門の学びを通して、深い見識と共に、思考力、洞察力、表現力などを養います。さらにグローバル社会の中で、多様性を理解し、主体的に考え、行動できる人材を輩出する学部を目指したいと思います。

■大学について
小原:学生にとって昭和女子大学で学ぶメリットはどこにあるでしょうか。
山本:様々な年代の園児、児童、生徒、学生が集い、TUJやBST(ブリティッシュ・スクール・イン・トウキョウ昭和)もキャンパスを共有する、正にタイバーシティな教育環境だからこそ、それぞれが連携して様々なプロジェクトやプログラムが生まれていることです。中でもTUJとの連携も大きいでしょう。また、学生と教員の距離の近さ、教員が個々の学生をしっかり見ていることは、学内の学生からだけでなく、オープンキャンパスに訪れた高校生からも聞く感想です。  

インタビューは以上です。研究のことを話される山本先生の顔は熱意に満ち、いかにも楽しそうだったのが印象的でした。「釣り」が趣味とは・・・意外にワイルドな一面も垣間見られました。先生の考えられた学部の目指す教育には私も同感で、分野は異なっても大学教育共通の思いであると思いました。

次回は、国際学部長の高野恵美子先生をブログで紹介する予定です。ご期待ください。

<関連リンク>
山本晶子教授の教員紹介ページ
学科紹介ページ(日本語日本文学科)
学科紹介ページ(歴史文化学科)

2020年4月17日 学長ブログ [2020年04月17日(Fri)]

2020年度から学長に就任した小原奈津子です。
4月からの学長ブログでは、「昭和女子大学の魅力」を探っていきたいと思います。
本学の魅力の源は、学生と教員の活動にあります。これから教員への取材を通して、研究分野やテーマ、プロフィール、本学で学ぶことの良さなどを紹介していきます。

一回目は、僭越ながら少しだけ自己紹介をしたいと思います。
履歴は、教員情報のページをご覧ください。
大学院生活機構研究科および環境デザイン学科に所属する教員でもあります。

■研究について
分野は「繊維材料学」です。特に絹、羊毛などの天然繊維の化学構造と特性について研究しています。近年は、使用後に廃棄された羊毛を有効に再利用するために、化学的な方法で高い消臭能力をもつ材料に変化させることを研究しています。地球環境への負荷を軽減するための(地球にやさしい)研究を目指しています。この他、遺跡から発掘された繊維製品の鑑別も共同研究で進めています。出土した布や繊維から往時の人々の暮らしぶりを想像する・・・考古学のロマンです。
■大学の教員になったきっかけ
私は実験・研究が大好きで、仕事を選ぶなら研究できる仕事をしたいと思って大学教員になりました。実験は、始めは失敗することが多いですが、最終的に自分の仮説通りになった時のワクワク感、爽快感が研究の醍醐味です。
■趣味
読書(特に、英国のやや昔の児童文学に興味があります)、愛猫家。
■最近実感していること
「考え方次第で世界は変わる」
あるアニメの主人公も同じセリフを言ったようですが、アニメを見て考えたわけではありません。日常生活のなかでも気持ちの持ち方一つで幸せに感じたり、不運に感じたりするのだなとつくづく実感しています。何歳になっても精神の修養は大事なようです。                           

次回からは、本学の学部長へインタビューし、ブログで紹介します。ご期待ください。