【秋桜祭】Sanchart~教室編~ [2014年11月11日(火)]

こんにちは!再び登場、Sanchartですhappy01

今回は、秋桜祭期間中の教室内展示の様子についてお伝えしようと思いますpencil
教室では、世田谷美術館の所蔵作品とアンリ・ルソーの作品を基に制作したリメイク・オマージュ作品の展示これまでのSanchartの活動の記録を展示しました。また、プラ板を使った制作ワークショップを行い、子どもたちや学生などたくさんの方が参加してくださいましたshine

ミスインターナショナルのみなさん

なんと、Sanchartの展示をミス・インターナショナルの皆さんが見に来てくれました(皆さんお綺麗でした…!lovely)。
ワークショップにも参加してくださり、皆さん楽しそうに制作していました。完成したものを見て「かわいい!」との声がたくさんあがっていました。

私たちが制作した作品をひとつ紹介してみようと思います。

よ~く見ると・・・

これは、「三茶×アート」というSanchartの大テーマを形として表してみたい、と考え制作しました。
昭和女子大学から世田谷美術館までの道のりを実際に歩き、写真を集め1つの作品としました。近くで見ると、見慣れた大学内の風景や世田谷の閑静な住宅街、世田谷美術館のある砧公園の豊かな緑など、どこにでもあるような普通の写真たち。それを遠くから見てみると…ぼんやりとあの“おじさん”が!eyeshineこのモザイクアートに、たくさんの方から「すごい!」とお声かけいただきましたhappy02

他にも「イラストレーター かずを」のオマージュ作品などを展示しました。

かずを作 「ばら色の衣装をつけた2人の踊り子」のオマージュ

今年は、今までにない新たな挑戦をした刺激のある活動となりました。
まだまだ手探りな部分も多いですが、これからもSanchartの活動を通してより多くの方へ美術の魅力を発信していきたいと思いますconfident
あと、もっと一緒に活動してくれる方が増えたらいいな~と思いますsign01

たくさんのご来場ありがとうございましたsign03

Sanchart代表 歴史文化学科3A  出澤 梓