浜松通訊(5)~方広寺~ [2015年03月14日(土)]

日本美術史担当の植松勇介です。

小生、静岡県浜松市に住んでいます。昭和女子大学には関東在住の学生が多いため、静岡県や浜松市は縁遠い土地でしょう。折にふれ、静岡県西部地域の歴史・文化を紹介していきたいと思います。

////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////////

浜松市北区引佐町に方広寺と号する寺院があります。創建は建徳二年(1371)。無文元選禅師によって開かれました。現在は臨済宗方広寺派の大本山です。

 

方広寺黒門門前町を抜けると、方広寺の黒門が見えてきます。ここから本堂までは杉木立の中を歩いて10分ほど。

 

kyokusei002方広寺が位置している地域は「奥山」と呼ばれています。参道はまさに深山幽谷といった風情。

 

kyokusei003本堂は大正七年(1918)の再建ですが、東海地方でも屈指の規模です。本尊は釈迦如来。観応二年(1351)に院吉ら院派の仏師によって造立されました。もとは茨城県の清音寺にあったそうです。近年、国の重要文化財に指定されました。

 

kyokusei004本堂の裏には無文元選禅師を祀る開山御廟がひっそりと建っています。無文元選禅師は後醍醐天皇の皇子で、父帝崩御の後、京都の建仁寺で出家しました。以前紹介した宗良親王の異母弟にあたります。

 

kyokusei005方広寺の管長、大井際断老師に縁あって揮毫していただきました。「曲成」です。

「曲成」とは『周易』繋辞伝上に見える「曲成萬物而不遺」(万物を曲成して遺さず)という一節に由来しますが、禅では次のように解釈しています。すなわち、大河は流れにまかせて蛇行しようともいずれは必ず海に到達するもの。そうした柔軟で、強靱な生き方が「曲成」であると。

「曲成」という言葉を卒業生、在校生、そして、新入生に贈ります。小生も時折この軸を床の間に掛け、自らの生き方を見つめ直したいと思います。

………
……

小生、三月末をもって昭和女子大学を退職します。四年間、慌ただしくも充実した毎日でした。皆さんの人生に幸多きことを祈念しています。