CATEGORY

歴文ニュース

  • 2022年8月5日

【授業紹介】「伝統芸能実習」が行われTUJ学生との交流も深まりました

8月1日から8月3日までの3日間、夏季集中講義「伝統芸能実習」が行われました。 国指定重要無形民俗文化財『相模人形芝居』の保存団体である下中座の方々から直々にご指導いただき、人形浄瑠璃の三人遣いの実技を習得した上で、学生がオリジナルのシナリオを作り、 […]

  • 2022年7月13日

学科動画2022「アーキビストとは?」

皆さん、こんにちは。 歴史文化学科では、2022年度からアーキビスト課程をスタートしました。アーキビストは紙媒体やデジタルを含む記録を未来へ残す、歴史や文化とも関連の深い仕事です。 授業では、アーカイブズ学概論・理論・史料論・情報論・デジタルアーカイ […]

  • 2022年4月11日

2022年度歴史文化学科 教員紹介

歴史分野 野口 朋隆 日本近世史 info. blog 牧野 元紀 東洋史 info. blog 松田 忍 日本近現代史 info. blog 三野 行徳 アーカイブズ学・日本近世史 info. blog 三原 昌巳 人文地理学 info. blog […]

  • 2022年3月31日

歴文の卒業生の皆さんへ、西洋美術史ゼミ出身の皆さんへ

西洋美術史を担当してきました木下亮です。私は、昭和女子大学を2022年3月31日をもって定年退職しますので、この歴文ブログをお借りして皆さんにご挨拶いたします。 本年度は、歴史文化学科創設30周年を祝して、在学生有志の皆さんが中心となり記念誌を編集し […]

  • 2022年2月21日

アーキビストに関して世田谷区からのお知らせ(世田谷区公文書管理嘱託職員の募集)

2022年4月から大学院生活文化研究専攻ではアーキビスト養成プログラムが、また歴史文化学科でもアーキビスト課程がそれぞれスタートします。 公文書の選別・評価、収集・廃棄、保存管理を担うアーキビストは、これからの社会で重要な役割を担う専門職です。 アー […]

  • 2022年2月5日

【歴文30周年記念プロジェクト】編集部による木下先生インタビュー

歴文30周年記念プロジェクト広報部です。 プロジェクト活動もいよいよ終盤に近づいてきました。編集部による記念冊子の制作、催事部による図書館展示準備なども大詰めです。 今回は、編集部が制作中している記念冊子に掲載予定の「木下先生インタビュー」の様子をお […]

  • 2022年2月4日

合格おめでとうございます!

歴史文化学科に春からご入学の皆様へ 合格おめでとうございます。これまで積んでこられたご努力の賜物と、心よりお慶び申し上げます。 歴史文化学科では、入学前に皆さんに以下の3つの学習習慣を身に付けておいてほしいと考えています。 1.歴史をみつめるための現 […]

  • 2022年2月2日

留学生勉強会を2021年度の後期も開催してきました

  こんにちは、歴史文化学科1年K・Kと同じく歴史文化学科1年W・Kです。 私たちは月に2回16:30から1時間ほど、3人の留学生の方の発音練習をお手伝いしていま す。暖房の効かない7号館で手足が凍り付くような寒さの中、みんなで楽しく活動し […]

  • 2022年1月18日

【伝統文化の現場】染色実習を行いました

12月3日3限授業にて、歴史文化学科・「伝統文化の現場」の授業の一つである、染め物実習にカメラマンとして参加しました。 外部講師の西大三先生のご指導の下、学生が染料を使用して布に色付けをしていきます。 今回は、反応染料という種類の染料を使用しました。 […]

  • 2021年12月21日

【伝統文化の現場】お正月飾りを作りました

歴史文化学科開設【伝統文化の現場】の授業で、12月10日、17日と2週に渡り重田誠一先生にお越しいただき、お正月飾りを作成しました。 お正月飾りの作成は今年で8年目になるとのことです。 重田先生がお作りになった藁をお持ちいただき、神奈川県平塚市の田村 […]