2011年3月

卒業のつどい [2011年03月28日(月)]


 3月27日(日)、風は冷たいがうららかな晴天。卒業式はなくなったが各学科で学位記を渡す。学生は袴や振り袖もほんの少しいるが、普段着、式服と様々な服装が混在。私も迷った末、黒のスーツに青のスカーフ。

 10時45分から2時半ごろまで、短大専攻科食物科学専攻から始まって、初等教育学科、生活機構研究科の博士課程、福祉の修士課程、心理学科、福祉環境学科、歴史文化学科、生活環境学科、日本語日本文学科、現代教養学科、英語コミュニケーション学科、生活科学科・健康デザイン、文化創造学科と顔を出して、スピーチをした。厳かな卒業式はしてあげられなかったが、今、私にできることは心をこめた。祝福とはなむけの言葉をあげることと思ったからである。しかしいろいろな教室に分かれて行う各学科の式を一人で尋ね歩き、それぞれにふさわしい感動的な言葉を述べるのはなかなか難しい。靴のせいもあるがかなり足も疲れて後半は少し舌がもつれたり、同じことを2,3の学科でいってしまったところもあるが、自分としては精いっぱいの言葉で送ったつもりだし、学生たちもとても真摯な態度で聞いてくれた。IPYの学生がキャンパスを卒業の日らしく飾ってくれたのにも感謝。

 博士課程では8人に一人一人学位記を渡すことができた。学長賞を受ける学生は呼び集めて渡せばよかったとか、反省するところは多々あるが異常事態に免じて許してもらおう。学生は8割がた来ていたのではないかと思う。
 震災と津波はひどい災害だったが、みんなの心を合わせれば復興できると信じている。原発事故はいまだに予断を許さない。外国には状況が深刻だという情報が行き渡っているらしく、留学生が来日を遅らせてほしいと希望してきたり、帰国したまま帰ってこない。

卒業式中止 [2011年03月22日(火)]

 18日(金)、副学長や学生部長が卒業式の中止を求めてこられる。私は余震もかなり収まり、昭和女子大学は計画停電の地域に含まれていないし、交通は無理をしないで来られる人だけを対象に、地味に、しかし心をこめた卒業式をしたいという気持ちが強い。だからこそ延期したのだが、各大学が軒並みに中止を決め、中心的な先生方が反対しておられるのを押し切って決行するだけの強さがない自分が嫌になる。しかし、原発がどうなるかわからないといわれればその通りではある。せめて卒業生にはなむけの言葉を渡せるよう頼む。ほんとは一人一人に学位記を渡したかったのにと・・・決まってからも残念で悔しい。
 今週、来週の予定が続々キャンセルになる。
 19日(土)は昭和ナースリーの卒園式。私の長女の長女も同じ時間に卒園式。多いに迷ったが、いつものように家族より公務優先。だから家族からの評価が悪くなる。
 ナースリーは8人の卒園式のうち5人のみ出席。疎開している子が多いという。私はある雑誌のインタビューにも「今後、私も含め50歳以上の子どもを産む予定のない人は率先してボランテイアで原発の後始末にいったらどうか」と答えたのだが、今回の震災で自分の安全、生活防衛だけでなく、社会連帯を感じてほしい。ホウレンソウや牛乳も、放射能があっても表示して出荷すればと思う。
 昭和女子大学ができることは何だろうと考え続けているが、本学の会津キャンプ村には70人ほど受け入れており、望秀海浜学寮、東明学林の学寮も1カ月くらいは来ていただけるのではないかと思い、検討を依頼した。

卒業式の延期 [2011年03月15日(火)]

 地震と津波の後もう4日経つが、福島の原子力発電所の事故が東京電力の供給力に深刻な影響を与え計画停電を行うことになった。決定が遅くまたころころ変わるので、交通機関が混乱し、社会生活は大幅に乱れている。参加予定だった今晩から今週のいろんな会合が中止、延期という知らせが続々届く。金子副学長は、在来線は運休だが新幹線が動いたので登校、学長秘書の菊地原さんはモノレールの駅まで自転車で1時間20分、それからモノレール、中央線と乗り継いで来たそうである。田園都市線も間引き運転で大混雑。それでもけなげにがんばっている日本人はエライ。

 その中で16日の卒業式をどうするか、教務部、学生部の教職員と協議。①規模を縮小して16日に決行、②落ち着くまで延期 ③中止の選択肢。私の希望としては大学として大きな区切りの行事だし、学生たちの一生の記念の式典だから何とか挙行したいので①。しかし教員の人たちは、大規模な余震が警告されている、まだ全学生の安否も確認していない、停電の時間が予測できない、交通混乱が続くのではないか、と①には反対。とりあえず3月27日に延期すると決定。しかし事態は流動的である。入学式、新学期の授業については状況を見て3月22日に決定することにしたので、卒業式も改めてその日に確定することとなった。最悪の場合入学式、授業開始も1カ月遅くすることも想定しなければならないかもしれない。会合がキャンセルされたので早めに帰宅。オーストラリアやアメリカ、カナダから見舞いのメールや電話が続々来る。大分深刻に報道されているらしい。

東北地方太平洋沖地震 [2011年03月14日(月)]

 3月11日(金)午後2時46分、あれ地震かなと軽く思っていたら、揺れが数分間も続き、ただ事ではない。私は揺れが収まった後、予定通り、センチュリー財団から美術品を寄贈されるのに対して感謝状を差し上げてから外へ出たが、学生、教職員もみな外に避難している。授業はない時期だったが学内に500人近くの学生、教職員がいたがみな無事でほっとする。ナースリー、子育て広場、一時保育もみな無事。世田谷キャンパスの建物は渡り廊下が損傷した程度だったが、本が落ち、カップがひっくり返り、ガラスが割れた。

 テレビは大津波の状況が刻々放送する。携帯電話も固定電話も通じなくて不安だが、東京は震度5強でそれほどの被害はなかったが、交通機関がすべてストップする。帰宅できない学生は緑声舎(学生寮)に67人、一号館2階会議室に46人泊まりこむ。学生たちには毛布や食事も出し、相当の対応ができた。246は徒歩で帰宅する人たちでラッシュ状態、車も渋滞で徒歩より遅い。公的機関や都立高校、いくつかの私立大学は避難休息の場所と指定されているが、疲れた人はそんなことは知らない。今後は災害時に学外者にどう対応するかも考えなければならない。私は予定の会合に出れず、徒歩で帰宅。せっかくの記念パーティだったのに主催者の無念を思いやる。
 12日(土)は3月期入試、交通機関の乱れに対応して1時間遅らし、21日(月)にも試験を行うことを知らせた。やってきた受験者は申込者の約3分の1。全学生の状態はUPSHOWAで安否登録を呼びかけているがまだ把握できていない。

国連婦人の地位委員会(CSW) [2011年03月02日(水)]

 6年ぶりに国連本部に来た。婦人の地位委員会に合わせたワークショップのためである。本部は建物が傷んで大修理が行われていて、会議も仮建設の Temporary North Lawn Buildingで行われている。何度も来ているが1995年、北京会議の行動綱領の審議が白熱していたこと、2003年差別撤廃条約の日本代表を務めたことを思い出す。
 前の週はとても寒かったらしいが、春近しの日差しがまぶしい。 忙しい時間を割いて西田大使、相川公使が時間を取ってくださる。
 2月28日、Empowerment of Women in Rural Japanのワークショップ。60人以上の参加者があり質問多数、夜は参加者と懇談会。日本ではなかなか会えない人とNYで会えるのが不思議。