おでかけひろばSHIP「みんなで手をつなごう!~学生といっしょに」 [2016年05月26日(木)]

4/26()に、おでかけひろばSHIPで行われた「みんなで手をつなごう!~学生といっしょに」に、

初等教育学科の4年生が参加しました。

この日は、来所した親子と一緒に、手遊び、紙芝居、絵本、パネルシアターなどを楽しみました。

 

初めは「何だろう?」という様子のお子さんも、だんだんと学生の近くにきてくれました。

aIMG_0195 aIMG_0210

 

紙芝居がはじまりました。じっとみつめる姿が可愛らしいですね。

お子さんの様子に、自然と笑顔がこぼれる学生たちです。

aIMG_0215 aIMG_0218

 

だるまさんの「め」!
aIMG_0229
手作りのパネルシアターにも興味津々です。
aIMG_0244

最後には手作りの冠をプレゼント、喜んでもらえると嬉しいです!
aIMG_0175

参加してくださった親子の皆様、ありがとうございました。

保育実習の指導Ⅱ [2016年05月19日(木)]

幼児教育コースの4年生は、9月の保育実習に向けて準備をすすめています。

「保育実習の指導Ⅱ」の授業内では、各グループで0歳児から5歳児の各年齢の発達や遊びをまとめ、パワーポイントを使ってグループ発表を行いました。

aIMG_0574 aIMG_0447
グループごとに趣向をこらし、分かりやすくまとめています。
aIMG_0563 aIMG_0568
手遊びは実演をして、大いに盛り上がりました。 aIMG_0448
aIMG_0452 aIMG_0570

幼児教育コースの学生にとっては、学生生活最後の実習。

深い学びができるよう、そして素敵な保育者を目指して一歩ずつ頑張っていきます。

望秀参観実習 [2016年04月23日(土)]

2日目は、望秀海浜学寮のある館山市内の小学校・幼稚園・保育所・こども園など、14カ所の実習先にバスで分乗して行きました。各学校、保育所では、先生方の講話やガイダンスの後、グループごとに決めたテーマを中心に校内を参観しました。質疑応答も盛んで、先生方にも丁寧にお答えいただきました。

IMG_0115 IMG_0049
IMG_0157 IMG_0155

午後は各グループごとに参観のポイントを絞って模造紙に要点をまとめ、発表を行いました。また、後日参観の考察をレポートにまとめます。

DSC_7711 IMG_0039
IMG_0170 IMG_0185

小学校では、褒め方や肯定の仕方の学年による違いなど、幼稚園では環境構成の配慮など、様々な気づきが得られました。

館山市の学校・保育所の皆様、子どもたちの皆様、ご協力をありがとうございました。今回の経験をもとに、大学での学修につなげていきます。

望秀海浜学寮出発 [2016年04月22日(金)]

2016年4月20日より、初等教育学科の1年生と3年生は望秀海浜学寮に出発しました。

IMG_0007 IMG_0014

今年は昨年に引き続き、マザー牧場に寄ってから学寮へ。

IMG_0088 IMG_0030

とても良い天気で、園内各所でお弁当を食べることが出来ました。イチゴ、トマト狩りは出来ませんでしたが、乗馬をしたり、トラクターのバスに乗ったりして園内をまわりました。

DSC_7662 DSC_7664

ウマ、牛、ヒツジ、犬、ウサギ、ミニ豚、、、色々な動物がいました。ソフトクリームも人気です。

IMG_0004 DSC_7679

学寮に着いてからは、開寮式、避難訓練、教育実習ガイダンスなどが早速行われました。

IMG_0045 IMG_0049

学寮長の講話のあと、職員の皆様へ「あいさつの歌」を歌って、これから様々なプログラムが始まります。

ご入学おめでとうございます [2016年04月09日(土)]

2016年度、新入生の皆様、ご入学おめでとうございます!!!

IMG_0616

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

初等教育学科では125名の新入生を迎え、新学期が始まりました。

新入生は4月4日(月)の学科長より(*短期計画と長期計画*専門性を高める*大学の環境と人材を活用する*生活の自立*幅広い興味関心*理性と感情の身体のバランスを、、)といった講話、そして、教職員紹介にはじまり、 s-IMG_0073
s-IMG_0084 s-IMG_0085
教務ガイダンス・教務部・キャリア支援部オリエンテーション・写真撮影など盛りだくさん。。 IMG_0337
4月5日(火)は上級生主催懇談会があり、ジャンケン列車等のレクリーエーンションゲームで交流を深めました。 IMG_0366
4月6日(水)は引き続きガイダンス、学寮かかり決め、新入生歓迎フェスタがありました。 IMG_0033
4月7日(木)は上級生主催夕食会です。3年生有志が準備を進めて、学長・副学長・学部長の各先生方のご挨拶を頂きました。 IMG_0034

新入生の皆さんは新らしい生活に期待と不安を抱かれていることと思いますが、充実した学生生活を送れますよう学科教職員一同サポートしていきたいと思います。

IMG_0614

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

みなさん、よろしくお願いいたします。

卒業パーティー [2016年03月18日(金)]

3月17日(木)都内のホテルで平成27年度初等教育学科卒業パーティが行われました。

IMG_0076 IMG_0084
IMG_0079
IMG_6996

 

終始和やかな雰囲気で

IMG_0111 IMG_0151
IMG_0147 IMG_0152

 

抽選会や上映会も行われ

IMG_0124 IMG_0161

 

卒業生より謝恩の花束をいただきました。

IMG_0176 IMG_0178

 

また、クラスアドバイザーの先生からサプライズで、クラス委員と卒業パーティーを企画をした委員へ先生より感謝の気持ちをこめて花束が贈られました。

IMG_0192 IMG_0199

 

最後は卒業生たちの華のトンネルで先生方をお見送りをしていただきました。

IMG_0211 IMG_0214

 

とても素敵なパーティに参加させていただき、誠にありがとうございました。

これから社会に出て夢を実現する皆さんの新たな生活が素晴らしいものになるように願っています。

卒業式 [2016年03月17日(木)]

3月16日(水) 平成27年度の卒業式が挙行され、アカデミックガウンに身を包んだ卒業生が、一人ひとり坂東学長から学位記を授与されました。

sIMG_0008 sIMG_0001
sIMG_0046 s-IMG_0051

式のあと、晴れて卒業を迎え社会へ羽ばたいていく先輩方へ、初等教育学科在校生より心を込めたメッセージとお花が贈られ、80年館の教室で最後のクラスルームが行われました。

IMG_0042 IMG_0057
s-IMG_0067 - コピー

4月からは保育・教育の現場など社会の各方面でこれまで蓄えてきた力を存分に発揮してくれることでしょう。
別れは寂しいですが、新しい社会で元気にたおやかに活躍することを祈っています。

sIMG_0073
sIMG_0071

就職懇談会を開催しました [2016年03月17日(木)]

3月4日(木)、4月から小学校・幼稚園・子ども園・保育園・一般企業に就職する4年生18人を招いて初等教育学科就職懇談会を開きました。

s-DSCN5214 s-DSCN5240
s-DSCN5227 s-DSCN5246

3つの教室を会場にして、1,2,3年生合わせて約150人が参加しました。

4年生は採用試験の勉強に使ったノートや就職活動のスケジュール表などを見せながら、これまでの体験や今後に向けての具体的なアドバイスを下級生に伝えてくれました。

s-DSCN5232 s-DSCN5229

「先輩の話を聴いて、もっともっと努力しなければいけないと思った」

「今までよくわからなかった就職活動について詳しく知ることができた」

など参加してよかったという感想が沢山寄せられました。

参観実習の愛らしいお供 手作りの名札 [2016年03月12日(土)]

 初等教育学科4月のメイン行事は、3泊4日の学寮研修です。この研修では、千葉と神奈川にある大学の施設での活動が大部分を占めますが、近隣の幼稚園、小学校にも見学でお邪魔します。

 この時の必携のひとつが名札です。子どもとふれあう時に安全であることを考慮しながら、各自工夫して作製します。手作りの名札が実習先で子どもたちとのコミュニケーションのきっかけになることもしばしばです。

2015-10_nafuda_s

 写真は、昨年10月末、幼稚園の参観実習に伺った時のもの。「オコジョ?」「いいえ、クマです!」という会話もあったりしましたが、可愛らしい生き物が勢揃い。手作り感もいっぱいです。「どうやって作ったの?」と子どもたちから質問攻めにされることもありました。

 写真では名前の部分をモザイク加工していますが、名前はフルネーム、ひらがなで、が基本です。(T.T)

卒業研究発表会が開かれました [2016年03月04日(金)]

3月3日(木)、9:30から初等教育学科の卒業研究発表会が開かれました。 DSCN5205ぼかし

卒業研究に取り組んだ4年生が全員、20分の持ち時間で研究成果を発表します。
保育・教育について、3年次からゼミに所属して2年間研究してきた成果を、各自工夫を凝らして発表しました。
研究を進めつつある3年生、これから所属ゼミを決める2年生が熱心に発表に聞き入っていました。
s-DSCN5198 s-DSCN5200
s-DSCN5202ぼかし s-DSCN5193ぼかし

駒谷ゼミ生、アンケート調査に挑戦しました! [2016年03月02日(水)]

「教育学演習Ⅰ」(駒谷ゼミ)では、3年生の馬場恵里花さんが「子どもと絵本」、下枝ちはるさんが「子どもとおもちゃ」について、卒業論文の研究を進めています。

前期から関連文献を読み込み、後期には、絵本やアプリ、おもちゃ会社にインタビューを実施し、その結果を基に、アンケート項目を検討してきました。

図1 図2

そして1月20日に、健伸幼稚園のご協力で、アンケートを実施することができました。

 

写真1

「母親の会」講演会に参加されていた保護者の方を対象に、講演会後に「子どもと絵本」アンケートを実施しました。

 

写真2

アンケートを始める前に、絵本『はらぺこあおむし』とアプリ『わたしのはらぺこあおむし』をパワーポイントで紹介しました。

 

写真3

「子どもと絵本」研究の馬場さんが、アンケートを配布回収しました。健伸幼稚園の先生方もお手伝いくださいました。

 

写真4

「子どもとおもちゃ」アンケートは、幼稚園からのおたよりセットと一緒に配布していただきました。
後日回収に伺いました。

 

写真5

年少児の保育室には、馬場さんが研究対象に取り上げた「はらぺこあおむし」のモビールが飾られていました。

 

写真6

<ご案内>平成27年度 初等教育学科卒業研究発表会 [2016年02月26日(金)]

3月3日(木)、平成27年度初等教育学科卒業研究発表会が開かれます。

80年館の5階7教室に分かれ、それぞれが仕上げた研究の結果を20分単位で発表いたします。

観覧・入退場は自由です。

在校生の皆さん是非ご出席ください。

発表会のプログラムは以下の通りです。

 

<グループA 5S04教室>

 

●午前の部 9:30~

・自己コントロールが難しい子どもの保育について

・障害のある子どもとおもちゃについて-おもちゃの図書館での保護者との関わりを通して

・自閉症スペクトラム児のコミュニケーション行動について

・重症心身障害児のコミュニケーション行動と効果的支援について

・幼保一元化に関する認定子ども園を利用する保護者の意識と保育者に求められる支援

・通級指導教室における指導と通常の学級担任の連携~言語障害児の指導と配慮~

・発達障害のある子どもへの支援について-PECSを用いた支援について-

・外国人の子どもの幼稚園生活への適応の過程

 

●午後の部 13:10~

・現代日本の保育所における家庭への食育に関する考察
-保育所児の保護者を対象とした食生活に関する聞き取り調査から-

・現代日本の子どもの間食に関する考察-子どもに望ましい間食の検討-

・現代日本の幼児の食育に関する考察
-神奈川県川崎市立保育園の保育者と保護者を対象とした意識調査による分析から-

・現代日本の幼児の食生活に関する考察-埼玉県私立保育園における食育の取り組みを通して-

・現代日本の遺伝子組換え作物に関する考察
-次代の教育者および保護者としての児童への食育の視点から-

・現代日本の幼児の偏食に関する考察-偏食を克服する調理法の実践と提案-

 

<グループB 5S03教室>

 

●午前の部 9:30~

・ICTを活用した効果的な算数科教育のあり方に関する研究

・算数教育における「社会で使える力」の指導に関する研究

・自尊感情及び自己肯定感に関する研究-算数の授業を通して-

・「割合」の効果的な指導に関する研究~基準量を求める問題を中心にして~

・幼児期の数・量・図形の発達を促す効果的な教材に関する研究

・実験・体験を取り入れた学習の効果に関する研究~算数の授業を通して~

・自己効力感を高めるための授業づくりに関する研究~算数の授業において~

 

●午後の部 13:10~

・「子供の自己肯定感と規範意識を高める効果的なほめ方」

・学級崩壊の立て直しにおける担任教師と子どもの人間関係のあり方

・不登校キャンプスタッフの学びと課題

・「黄金の3日間の教育的意義」~事務・ルール・リレーションの観点から~

・異年齢集団における集団宿泊的行事の教育的効果

・特別な支援を必要とする児童のいる通常学級における児童全体への適切な指導について
~学級雰囲気と、特別な支援を必要とする児童に対する学級の仲間たちの認知の関係から~

・崩壊学級を立て直した実践事例の研究

・中高一貫教育制度導入の目的と生徒の意識の実態

・特別支援を要する児童が在籍する通常学級における学級経営

 

<グループC 5S02教室>

 

●午前の部 9:30~

・親のストレスが子どもへの関わりに与える影響

・父親の役割~これから必要となる父親の姿~

・男性の育児参加の現状と今後の支援のあり方

・保育ママの未来を考える

・母子家庭の現状と課題~よりよい支援を模索して~

・子どもにとって楽しくわかりやすい歴史教材の研究

・社会科における体験的学習の在り方について-体験を学びに繋げるためには-

・生活科における「気付き」を生かした学習指導

 

●午後の部 13:10~

・我が国と郷土を愛する態度をはぐくむ社会科の在り方について
~小学校社会科における「愛国心」を考える~

・小学校社会科における社会参加を目指す地域学習の在り方について
-栃木県真岡市のまちづくりワークブック作成を手がかりとして-

・小学校「外国語活動」における異文化理解教育~『Hi,friends!2』の分析を通して~

・子ども向けテレビ番組の研究-≪ムジカ・ピッコソーノ≫を中心に考える-

・絵本のもつ音楽性とそれを生かす読み聞かせ

・音楽活動における幼児の創造性と保育者の援助

・幼児期における器楽活動について

 

<グループD 5S01教室>

 

●午前の部 9:30~

・基礎体力の向上につながる幼児期の運動遊びについて

・レッジョ・エミリアの幼児教育-人的環境と物的環境の重要性-

・なぜ童話は子どもを魅了するのか-<グリム童話>の成立と受容を中心に-

・わらべうたの研究-保育現場におけるわらべうたのあり方について考察-

・2歳児の音声表現について

・ルドルフ・シュタイナーが考える幼児教育についての考察

・ハンス・クリスチャン・アンデルセンについての研究-アンデルセンとその作品に見る多様な魅力-

・『ハイジ』の研究

 

●午後の部 13:10~

・ディズニープリンセス物語の研究

・ピーター・パンについての研究-ピーター・パンの魅力-

・『赤毛のアン』についての研究

・林明子の作品についての研究-林明子の魅力-

・個性を育てる教育に関する研究-小学校における特別の教科・道徳との関連を中心として-

・道徳の時間における対話の在り方

・子どもに寄り添う授業づくり-特別支援教育の観点から-

・いのちを輝かせる道徳教育-生と死の教育をふまえて-

 

<グループE 5S31教室>

 

●午前の部 9:30~

・子どもにとって適切な援助とは-子どもの自主性・自発性を伸ばすために-

・幼児期の好奇心の芽生えについて-環境の要因からの考察-

・絵本の「意義」「意味」についての考察~保育を通して絵本の必要性を考える~

・乳幼児期の早期教育に関する考察

・保育者の言葉と発達の関連-園生活において幼児の行動に及ぼす影響-

・幼児期における「スポーツ指導」の在り方の検討

・小学校教育の視点から“連携”の在り方を考える

・保育者の言葉の影響に関する研究-ポジティブな言葉を考える-

 

●午後の部 13:10~

・幼児の「ままごと遊びの実態」と発達の関連についての研究

・子どもの発達と環境の関係を遊びを通して考察する

・砂場遊びを通しての人間関係づくり

・乳幼児のごっこ遊びの意義と重要性についての考察

・伝承遊びの魅力をけん玉を通して考察する

・0歳児の発達の要因

・“気になる子ども”の実態と援助の方法について

 

<グループF 5S32教室>

 

●午前の部 9:30~

・子どもを伸ばす褒め方、叱り方-より良いしつけの方法を模索して-

・幼児期における自然体験が与える影響

・児童に対する応用行動分析的アプローチ-通常学級における支援についての実践的検討-

・幼児の言語発達について-母子の関わり方の観点から-

・食事場面における保育者の言葉掛けによる好き嫌いの改善

・行動的コーチングによる空手道の実践

・保育園での自由遊びにおける問題行動の減少について-応用行動分析を用いたABC分析より-

・幼児同士の人間関係をソーシャルスキルトレーニング(SST)を用いることによって育む試み

 

●午後の部 13:10~

・児童の学習意欲と苦手意識の関連性とその克服のための指導-跳び箱運動を通して-

・現代の子どもの習い事についての一考察~水泳指導について~

・児童が意欲的に取り組める体育実技の授業を展開するために~鉄棒運動を中心に~

・幼稚園における国際化・多文化教育について~保育者の在り方とは~

・「小学校体育中における事故と事故防止」の現状と問題点

・子どもの体力向上、運動機能の向上を促す体操について

・運動遊びにおける保育者の関わり方

 

<グループG 5S33教室>

 

●午前の部 9:30~

・トーベ・ヤンソンとムーミン~長い間愛される理由~

・コラージュ絵本と技法-レオ=レオニの作品を通して-

・<怖い絵本>について-子どもの絵本・大人の絵本-

・グリム童話とアンデルセン童話-子どもの成長における童話の役割-

・子どもに親しまれる物語-教訓とメディアを通して-

・絵本の魅力について~ミッフィーから見る絵本の魅力~

・韓国の子どもたちを取り巻く環境-日本のサブカルチャーの受容をめぐって-

 

●午後の部 13:10~

・「ラプンツェル」に関する研究-現代に通じる魅力-

・子どもたちに愛されるアンパンマンの魅力

・「ハリーポッター」作品の研究~学校物語から考える学校と子どもについて~

・『千と千尋の神隠し』の魅力-子どもの心をつかむ<不思議>-

・「クマのプーさん」が多くの人から愛される理由

・シンデレラの魅力について

・マザー・グース(谷川俊太郎訳)の魅力について以上

 

以上