10月19日 保育・教職実践演習「カムジ―先生のお話と実践」 [2016年11月22日(火)]

カムジー先生こと、かむらまさはる先生

(東京都港区出身、ジャズベーシスト暦46年、作詞作曲家・リズム音楽研究所主宰)

においでいただき、幼児教育コースの学生70名に楽しいお話と実践していただきました。

まず、カムジー先生のコンセプトは今を生きることを楽しむ力、僕はそれを「楽力」と名づけていますが、最近の子どもたちはこの「楽力」が乏しくなっているんじゃないかな? いや、これは大人の責任ですね。僕がリズム音楽を通して子ども達に伝えたいのは、人間に本来備わっている体の奥底にあるエネルギーを呼び起こすことです。そのことによってその子が秘めている様々な能力が引き出されると思います。音楽だけでなく、スポーツでもなんでもそうかもしれないけれど、指導者は知識、技術の伝達だけではなく、生き方(心の立ち位置、自身の価値観)を通し「楽力」を育む力があることが大切です。

音楽を教えるだけでなく、音楽の楽しさを教えることができる
算数を教えるだけでなく、算数の楽しさを教えることができる

知識、技術だけを教えるのではなくて、“楽しい”と言うことの大切さ素晴しさを子どもの時期に体全身に体感、体験させてあげることが大事だと思います。

一人ひとり、性格、個性、があります。それぞれ得意、不得意があります。

みんなができていて、たまたまできなかったとしても、それは脱落ではありません。遅れでもありません。全員同じでないからこそ「優しいこころ」「敬うこころ」・・「こころを育む」教育が大切なのです。

心に響いたこと、心で感じたことは大人になってからも覚えています。

ぜひ一日のスタートである朝に、園で、家庭で、一分間リズムあそびをしてみてください。

笑顔で、大きな声を出し、体を動かすとその日一日楽しくなりますよ!

子どもの目を見て、子どもにいっぱい笑顔をプレゼントしてあげてください。

子どもが大きくなったらきっとママやパパや先生に笑顔のプレゼントをいっぱいしてくれますよ!

(カムジ―先生のHPより)

 

sIMG_0255

カムジー先生愛用のベースで、楽しい演奏、歌が始まりました。

愛用のベース。こっそり触らせてもらいました。かなり、年季が入ってます。

愛用のベース。こっそり触らせてもらいました。かなり、年季が入ってます。

打楽器を使って、一緒に演奏。さすがに初教の学生、のりも覚えもいいようでした

打楽器を使って、一緒に演奏。さすがに初教の学生、のりも覚えもいいようでした。

学生から

〇楽力が大事だというカムジー先生の話が印象に残りました。

〇リズムにのって自由に身体を動かし遊ぶことがとても楽しく大事なことだと実感しました。

〇「目を見て話す」ことなどはこれから保育者になる私たちにとって参考になることでした。

秋桜祭はじまる~ [2016年11月11日(金)]

11月12日(土)・13日(日)の秋桜祭では

初等教育学科の学生も校内各地でイベントを企画しています 。

チュロス販売1年B組 80年館 2S36
紙で遊ぼう!  80年館 5S01
子ども研究会イベント  80年館 5S02
初等教育学科有志理科実験室  80年館 5S04
アメリカ初等教育演習展示  80年館 5S33
ICC国際貢献クラブイベント 大学1号館 3S04
びっくりポテト1年A組有志 野外  
手作り品販売 野外テント  

 

・・・今日は秋桜祭前日・・・

秋桜祭で皆さんにお会いできるのを楽しみに準備を着々と進めています。

当日はどんな感じになっているのでしょうか。

とても楽しみです。

 

準備の様子です(11日午後4時現在)

 

チュロス販売1年B組 ・・・80年館 2S36
目印は廊下の壁についている風船だよ。たどりつけるかな?
sIMG_0682 sIMG_0683
紙で遊ぼう!・・・80年館 5S01
ハサミでちょきちょきどんなのができるかな?
sIMG_0681 sIMG_0678

子ども研究会イベント・・・80年館 5S02
明日のためにバルーンアートの練習会。楽しみにしててね。
sIMG_0675 sIMG_0676

初等教育学科有志理科実験室・・・80年館 5S04
クロマトグラフィーってなんだろう??
sIMG_0670 sIMG_0671

アメリカ初等教育演習展示・・・80年館 5S33
海外のお菓子を食べながら、学生のポートフォリオや英語の絵本を見てね。
sIMG_0672 sIMG_0674

ICC国際貢献クラブイベント・・・大学1号館3S04
ちょっと一息、美味しいカフェをどうぞ。タイの山岳民族の子どもたちの手芸品や紹介本も販売してます。
sIMG_0686 sIMG_0687

びっくりポテト1年A組有志・・・野外
びっくりポテトってどんなポテト??
sIMG_0684 sIMG_0685

手作り品販売・・・野外テント
かわいいピアスにイヤリング、素敵なキャンドル、手描きのポチ袋ご用意してます。
sIMG_0688 sIMG_0689

ぜひ遊びにきてください~。

「秋桜祭のご案内」 [2016年11月02日(水)]

11月12日(土)、11月13日(日)に行われる秋桜祭では,初等教育学科の学生が下記のイベントを企画しています。

皆様どうぞご来校の上、初等教育学科の学生とともに秋の一時をお楽しみ下さい。

 

■ 初等教育学科学生の催し(顧問)

80年館 2S36 チュロス販売1年B組(平野)
5S01 紙で遊ぼう!(豊田)
5S02 子ども研究会イベント(横山)
5S04 初等教育学科有志理科実験室(小川)
5S33 アメリカ初等教育演習展示(國分)
大学1号館 3S04 ICC国際貢献クラブイベント(松本)
野外 びっくりポテト1年A組有志(木間)
野外テント 手作り品販売(早川)

 

■ 卒業生サロン

恒例になりました。両日とも11:00から15:00, 80年館5階の教授室隣の部屋にて「卒業生サロン」を開きます。ささやかですが,お菓子とお飲物を用意してお待ち申し上げております。お誘い合わせのうえ,どうぞお立ち寄り下さい。

卒業生の皆様にお会いできるのを教職員一同とても楽しみにしております。

 

なお、出校予定の教員をお知らせいたします。

12日(土) 小川、押谷(AMのみ)、國分、木間、鈴木、瀧澤、富本、
豊田、永岡、早川、松本
13日(日) 石井、遠藤、小川、押谷、木村、國分、木間、駒谷、斉藤、鈴木、
富本、豊田、永岡、中村、早川、平野、松本、横山

 

H28_卒業生サロン(ブログ用1) H28_卒業生サロン(ブログ用2)

昨年度の卒業生サロン

大学院集中講座 [2016年10月17日(月)]

平成28年10月9日、10日の両日、

大学院生活機構研究科人間教育学専攻では、「夏季集中講義」実施されました。

先生方の熱のこもった講義と院生及び研修生の真剣な聴講の様子が印象にのこりました。


- 第1日目 -

石井正子先生 臨床心理
「コミュニティーインクルージョンをめざした保護者との信頼関係の構築」
sIMG_0197

 

横山文樹先生 幼児教育
「環境を構成する意義と意味(1)(2)」
sIMG_0200

 

駒谷真美先生 メディア教育
「稠密化・重層化・複雑化する間メディア社会」
「プロバガンダとMIL」
sIMG_0227

 

- 第2日目 -

永岡都先生 音楽教育
「音楽づくり(創造的音楽学習)の背景と実践演習―音楽の仕組みを通して―」
sIMG_0231

 

押谷由夫先生 道徳教育
『「特別の教科 道徳」を要とした道徳教育について考えてみよう(1)(2)』
sIMG_0238

 

中村徳子先生 発達心理学
「比較発達心理学―比べてわかるヒトらしさ―」
sIMG_0242

 

最後に集中講義のまとめとして、
専攻主任の石井先生から今後の論文作成に向けたお話しがありました。

sIMG_0244

9月30日初等教育学科特殊研究講座「絵本と歌で伝える命の大切さ」 [2016年10月11日(火)]

初等教育学科特殊研究講座「絵本と歌で伝える命の大切さ」が9月30日に開催されました。

講師のこんのひとみさんは、シンガーソングライター・絵本作家・ラジオパーソナリティー・エッセイストなどとして多方面で活躍中です。

TBSラジオ日曜朝8:00~「はなわ・こんのひとみ 夢をかなえよう」という番組でお笑い芸人のはなわさんと一緒にレギュラーパーソナリティーを務めておられるほか、作詞作曲の代表楽曲として「NHKみんなのうた」で太田裕美さんの歌唱でオンエアされた「パパとあなたの影ぼうし」があり、、マルコメ味噌や、紙おむつのムーニーマンのCMソングも手掛けていらっしゃいます。

そして、すばらしいのは、東日本大震災の後の被災地支援活動です。震災直後から、被災地を訪れ、歌と絵本の読み聞かせを通じて、被災地の子どもたちの心をやさしくうけとめ、励まし続けてきました。

20161005155351-0001

今回の講演では、東日本大震災の津波でお母さんを亡くした家族のために作られた絵本「かあさんのこもりうた」と、自らがんと闘いながら、子どもたちに命の大切さを伝えようとなさった実在の校長先生をモデルにした「くまのこうちょうせんせい」をとりあげ、美しい歌と朗読で私たちの心を感動でいっぱいにしてくれました。

後半で学生が書いたメッセージをとりあげ、即興で歌って下さる場面もあり、明日も続いて当たり前と思っているこの日常が、どんなに尊いものなのについて、それぞれの心に伝わった思いを共有することができました。

美しいピアノ演奏に合わせて、こんのさんの伝えてくれることばのひとつひとつが、聞く者の心の最も深いところを刺激するので、どうにもこうにも胸がいっぱいになり、涙をとめることができなくなります。

何気ない日常が明日も続くとは限らないことを忘れず、人との絆を大切にし、一日一日、一瞬一瞬を丁寧に生きていきたいと思いました。

(M.I)

IMG_0559s IMG_0527s
IMG_0534s

Be ポンキッキーズに参加しました! [2016年10月06日(木)]

 

岡田ひとみさんのねんどでミニュチュアクッキングに初等教育学科の「子ども研究会」4人のメンバーが参加しました。この様子は、10月7日(金)朝7:30〜 BSフジ「BEポッキーズ」で
放映されます。
IMG_0146s

IMG_0151s

ねんどで《美味しいもの》を作りました。

IMG_0138s

参加したメンバーです!!

IMG_0189s

もっと詳しくは学生プロジェクト活動S-LABO子ども研究会の記事を見て下さい。

http://univ.swu.ac.jp/slabo/projects/2016-kodomo

カンボジア海外教育研修 [2016年09月03日(土)]

初等教育学科3年のM.Iです。わたしは8月8〜16日に,カンボジア海外教育研修という留学プログラムで,カンボジアの首都プノンペンへ行ってきました。

今回このプログラムに参加したのは初等教育学科の3年生が2名と,国際学科の4年生が2名,日本文化学科の3年生が1名の,合わせて5名でした。
研修内容は,プノンペン大学での日本語会話ボランティア実習や,トゥク・ラーク小学校での日本文化紹介・英語の授業など,実習がメインとなっています。

実習後には毎日,カンボジア料理を食べながら全員で反省会。自分では限られた時間の中で精一杯の準備をしたつもりでも,終わった後には「こんな風にすれば,より良い授業になったはず」という反省点があり,悔しい思いもしました。だけど,現地の学生さんや子ども達のたくさんの笑顔を見ることができ,とても充実した実習となりました。

IMG_4787

◆日本語学科の学生さんが伝言ゲームをしています。

IMG_4826

◆折り紙で作ったコマは,小学校で大人気でした。

IMG_4955

◆小学生が福笑いを楽しんでいます。

IMG_4910

◆ピノキオの絵本の読み聞かせを英語で行いました。

 

実習の他にも,キリング・フィールドなどを訪れてカンボジアの歴史を学んだり,カンボジアの人々に本当に役立つ支援の方法を考えたりすることができました。

IMG_4901

◆カンボジアの伝統舞踊を鑑賞しました。

IMG_4700

◆王宮を見学しました。とても綺麗でした。

国際学科の米倉先生の引率のもと,現地で通訳とガイドをしてくださったソピアック先生など,たくさんの方と出会い,助けられながら,充実した9日間を過ごすことができました。この経験を活かして,理想的な小学校教員になれるよう,これからも努力していこうと思います。また,自分の持っている力でできる国際協力の方法を考え,少しずつでも実践していきたいと思います。

2017春季ボストン教育研修説明会 [2016年09月02日(金)]

2016年前期最終月に、来年(2017年)3月4日から3月27日(予定)に実施する短期留学プログラム、春季ボストン教育研修の説明会を行いました。

両日合わせて、計130人の学生が参加し、今年3月に参加してくれた学生の報告会も実施しました。

IMG_0125

<ランチタイムに、今年3月に参加した学生による報告>

IMG_0171

<ボストンの小学校でのactivity風景>

IMG_0192

<ボストンのHoly Name Schoolでの実習風景>

IMG_0191

<Holy Name Schoolの1日のスケジュール>

最後に、ボストンからお見えになっていたMiyo Takahashi Le先生からボストンキャンパスに関するお話をしていただき、

IMG_0216

「ぜひボストンで日本ではできない教育現場体験をしてみてください」とのことでした。

※現在、来年度に向けて、プログラムは定員上限の参加希望者が集まっているそうです。

教員採用二次試験対策講座 [2016年08月20日(土)]

8月3日・4日・15日・16日の4日間で行われた教員採用二次試験対策講座の全日程が終了しました。

教職指導室が中心となり、面接指導、論文指導、指導案指導、模擬授業指導などが行われ、学生たちは真剣に取り組んでいました。
CIMG1202 CIMG1203

皆さん、二次試験頑張ってください。

短期留学プログラム(2016春季ボストン教育研修) [2016年08月16日(火)]

 初等教育学科では、毎年3月にBostonキャンパスでの3週間の教育実習プログラムを実施しています。小学校・幼稚園・保育園で授業や保育に参加し、米国の教育現場と教育方法を学びます。週末には、Bostonの市内観光やNYへの1泊2日の旅行へ出かけたりもします。このプログラムはアメリカ初等教育演習Ⅱというクラスになり、後期にアメリカ初等教育演習Ⅰを履修し、ボストンでの教育実習のための準備を行います。

 今回は、今年3月4日から3月27日までに参加した学生29名の研修後のアンケートより、参加後の感想を紹介したいと思います。

 

How did your class time help improve your English?

・自分の意見を発表することが多かったので、とても良かった

・クラスメイトの意見も英語で聞くことで、英語力が身についた

・英語をもっと話せるようになりたいという気持ちを引き出してくれた

11  12

When you return to Japan, would you recommend to other Early Education students? Why?

・みんなにぜひすすめたい

・日本で教師として働くにあたり、日本の教育だけを学ぶのではなく、グローバル化が進む今、海外から来た子供にどのように接するかや英語教育をどのように行っていくのかをアメリカで学ぶことで教育方針を新たに生み出すことが可能になるから

・日本とは違った教育・文化を学ぶことができてプログラムが全て楽しかったから

・日本とは違う国の幼稚園の仕組みや様々な教育方法を知ることができて、とても貴重な体験になったと思うから

・アメリカ教育にここまで視点を向けた授業は、ここボストンでしか受けることができないと思ったから

13

Did you go on the New York City Trip? Do you have any comments about the trip experience?

・NY旅行はとても充実していた

・可能であればもっと長く滞在してほしい

・オペラ座の怪人をBroadwayで観ることができたのは、一生忘れられない経験になった

・ナイトクルージングも最高だった!

15 16 

What would you like to see added to next year’s Early Education program?

・実習の期間を10日間くらいに長くしてほしい

・NY tripが少し弾丸ツアーだったため、もう少し自由時間をタイムズスクエアに取ってほしい

 17

教室を飛び出し、Bostonで新たな参加型の学習体験をしてみませんか!

先月のオープンキャンパス [2016年08月04日(木)]

10日前の7月24日(日)にオープンキャンパスが行われました。

初等教育学科にもたくさんの高校生が来てくれました。

学科ブースには、学科の特色をピックアップした展示や相談コーナーがあり、その他に、学科説明会、学生の保育技術の実演、体験授業、AO入試相談など、大学全体の企画も含めると盛り沢山の催しがありました。

sIMG_0566

6月にリニューアルした初等教育学科ブース

sIMG_0588

ブースを訪れた高校生の相談にのってくれる在学生たち

sIMG_0635

体験授業の教室を案内してくれる笑顔いっぱいの在学生

sIMG_0637

学科の教員に相談したい高校生と保護者の方が順番待ちをしています。 200名以上の方がきて下さいました。

sIMG_0552

大学の授業をちょっとだけ体験。

sIMG_0619

150人以上の方が瀧澤先生「安定した学級経営の方法」の授業を受けました。

 

sIMG_0679

学科説明に続いて、主に「子ども研究会」の学生たちが、毎月ナースリーで催し物を行っている手遊びや絵本の読み聞かせを披露。練習の成果がでて、素晴らしい出来栄えでした。

 

次回、8月20日(土)と8月21日(日)にも10:00~15:00にオープンキャンパスがあります。

体験授業は20日は横山先生の「子どもの発達を科学する」、

21日は國分先生の「BOSTONで参加型の教育体験を!」です。

AO受験相談も受け付けています。

 

理科教育法模擬授業紹介 [2016年07月21日(木)]

今回ブログを書くことになりました3年のS.Aです。

 

初等教育学科3年幼小コースの理科教育法の授業で、6月28日、7月5日、7月12日の3週にわたって理科の模擬授業をしました。

4、5人のグループに分かれて、まずは何年生のどんな単元で模擬授業を行うかの話し合い。

テーマは「児童がおもしろいな・やってみたいなと思えるような授業」ということで興味・関心をひけるような実験を取り入れた授業を考えます。

そうして決まった単元がこちら↓

 
1班は、6年生の「体のつくりとはたらき」

2班は、5年生の「もののとけ方」

3班は、6年生の「水よう液の性質」

4班は、6年生の「てこのはたらき」

5班は、3年生の「こん虫をそだてよう」
———
どの班も班員みんなでアイデアを出し合い、力を合わせながら模擬授業をつくりあげていきます。

ブログ画像■1班のメンバー■
石灰水を使って吸う空気と吐いた空気の違いを調べました。
ブログ画像2■2班のメンバー■
溶かしたものを取り出す実験で、ミョウバンの結晶をつくりました。
——— ——–
5ブログ画像■4班のメンバー■
実際にてこの仕組みを準備し、てこの働きを考える授業を行いました。
 

 

本番では、担当の小川先生からの細かなアドバイスや指導を受けながら、どの班も一生懸命模擬授業を行いました。

sブログ画像3■3班の模擬授業の様子■
ムラサキキャベツ液で水溶液の性質を調べる実験です。 
——
s4ブログ画像■5班の模擬授業の様子■
蝶(なんと前日に班員がつかまえてきたもの!授業後、きちんと逃がしました。)を観察して、昆虫の体のつくりを調べます。

 

発表する班以外のみんなもただ授業を聞いているだけではありません。
児童役として、発言したり実験したりと全員で協力して授業をつくりあげました。

sブログ画像1

全員が授業に参加します!

 

模擬授業を終えて、思ったようにいかなかったことや、改善点もたくさんみつかりましたが、改めて授業をすることの楽しさも感じることができました。

この経験を活かして、立派な教師になれるようにこれからもみんなでがんばっていきます!