生活文化研究専攻

大学院オープンキャンパスのお知らせ [2018年04月26日(木)]

大学院オープンキャンパスを5月19日に開催いたします。
4月中旬に完成した大学院案内や入試要項の配布、過去問の閲覧も可能です。
大学院担当教員へ、各専攻での学びや自身の研究テーマに合致した研究者の有無、入学後の履修計画について等、個別に相談ができます。
今年度は5月の1回のみの実施です。
(※大学オープンキャンパス時には大学院の相談ブースの設置はございません)
大学院進学を考えられている方は、ぜひこの機会をご利用ください。

—–大学院オープンキャンパス詳細—–
【日時】
5月19日(土)13時~16時

【会場】
1号館2階2M33会議室 (心理学専攻以外の専攻)
8号館6階オーロラホール(心理学専攻のみ)

【担当教員】
〇文学研究科  川畑由美教授・鈴木博雄教授
〇生活機構研究科
・生活機構学専攻 中山榮子教授
・生活文化研究専攻 野口朋隆准教授
・生活科学研究専攻 渡辺睦行准教授
・心理学専攻 清水裕教授・松永しのぶ教授・松野隆則教授
・福祉社会研究専攻 高橋学教授
・環境デザイン研究専攻 角田由美子教授
・人間教育学専攻 石井正子准教授

生活文化研究専攻 卒業生紹介① [2015年04月14日(火)]

生活文化研究専攻は、研究対象が幅広く、
それぞれがフィールドワークを重視しているため
幅広い視野で研究することが可能です。

毎年夏季休暇に行われる山梨県北杜市諏訪原遺跡発掘調査実習では、
縄文時代の遺跡の特徴や調査の方法などを実際に体験し学ぶことができます。

私は、学部1年の頃から毎年参加しており、大学院修士2年時には総務を務めました。
発掘調査や文化財に多く関わるこで、これまでに学んできたことを生かせる仕事に就くことができました。

千葉県教育委員会 文化財技術(埋蔵系)職員
會田成美(2014年度修了生)

DSC_0367 (1024x684)