生活科学研究専攻

大学院オープンキャンパスのお知らせ [2018年04月26日(木)]

大学院オープンキャンパスを5月19日に開催いたします。
4月中旬に完成した大学院案内や入試要項の配布、過去問の閲覧も可能です。
大学院担当教員へ、各専攻での学びや自身の研究テーマに合致した研究者の有無、入学後の履修計画について等、個別に相談ができます。
今年度は5月の1回のみの実施です。
(※大学オープンキャンパス時には大学院の相談ブースの設置はございません)
大学院進学を考えられている方は、ぜひこの機会をご利用ください。

—–大学院オープンキャンパス詳細—–
【日時】
5月19日(土)13時~16時

【会場】
1号館2階2M33会議室 (心理学専攻以外の専攻)
8号館6階オーロラホール(心理学専攻のみ)

【担当教員】
〇文学研究科  川畑由美教授・鈴木博雄教授
〇生活機構研究科
・生活機構学専攻 中山榮子教授
・生活文化研究専攻 野口朋隆准教授
・生活科学研究専攻 渡辺睦行准教授
・心理学専攻 清水裕教授・松永しのぶ教授・松野隆則教授
・福祉社会研究専攻 高橋学教授
・環境デザイン研究専攻 角田由美子教授
・人間教育学専攻 石井正子准教授

生活科学専攻 在学生紹介① [2015年04月16日(木)]

私の研究テーマは、クエン酸の生理機能の解明と食事療法への応用についてです。

大学3年生の研究室配属後からこの研究を始めたのですが、
「この研究を残したまま卒業することはできない!」と思い、
指導教員のアドバイスもあり修士課程そして博士課程への
進学を決意しました。

自分で研究のデザインとスケジュールを立て、指導教員と
ディスカッションしながら研究を進める毎日です。

大学院生活は自由に使える時間が多いため学会発表など、
学外での研究活動も積極的に行っています。

生活機構研究科 生活科学専攻1年 原 百合恵

DSC07193