Congratulations on your achievement! [2020年02月13日(木)]

先日、一般入試(A日程、B日程)の合格発表が行われました。
合格した皆さん、おめでとうございます。

私たち英語コミュニケーション学科(通称英コミ)は、英語とコミュニケーションの力を磨き専門性を培うカリキュラムを通して、国内そして世界で活躍できる女性の育成を目指しています。
カリキュラムには留学が組み込まれていて、米国ボストンや認定留学先で学ぶことが可能となっています。
また、留学前・留学中・留学後と段階的・体系的に学びを深められるように作られている点も特長です。

認定留学先はテンプル大学ジャパンキャンパスのみならず、北米、ヨーロッパ、アジア、オセアニアなど、世界各地にあります。
英語がグローバル言語となって全世界的に大学がグローバル化されていく中、非英語圏の認定留学先でも英語のみで行われる大学の学部授業を受講できます。
学科としてもサポートしていきますので、認定留学を考えている方は入学直後から準備していきましょう。

英コミでの学びを実り多いものにするには、大学4年間の目標を決め、実現のために努力することが必要です。
そのためには、中学校や高校で学んできた英語の文法や語彙はとても重要です。入学前に復習しておきましょう。
また、教養と専門分野の学びの扉あるいは留学への意識づけとして、図書やwebsiteなどを活用した自律的学習もお勧めします。
ここでいくつかの図書・websiteをご紹介します。

1.角野栄子(著)、ファンタジーが生まれるとき―『魔女の宅急便』とわたし、岩波ジュニア新書、2004
2.池上嘉彦(著)、英語の感覚・日本語の感覚―“ことばの意味”のしくみ、NHKブックス、2006
3.石田英敬(著)、自分と未来のつくり方:情報産業社会を生きる、岩波ジュニア新書、2010
4.PBS Frontline, A Class Divided [https://www.pbs.org/wgbh/frontline/film/class-divided/] *米国での人種教育に関するドキュメンタリー
5.NPR All things considered, [https://www.npr.org/programs/all-things-considered/] *米国の公共ラジオ番組。アメリカの今が知れます。
6.CNN [edition.cnn.com] 米国のケーブルネットワーク。世界の今が知れます。

英コミでは、たくさんの出会いと機会が皆さんを待っています。
それを見つけ出し、つかみとり、十分に味わい、さらには誰かと分かち合うために、今、入学前の時間を有意義に使ってください。
4月に皆さんをお迎えできることを心待ちにしています。

英コミ・アドミッション担当

2/12 内定者懇談会【学生レポート②】 [2020年02月13日(木)]

こんにちは。
英語コミュニケーション学科4年のシオリです。

2月12日、就活に励む3年生へ向けた内定者懇談会が行われました。

私を含めた5人の4年生が、ESの書き方や失敗談などの就活のアレコレを赤裸々にお話ししました。

 

 

他の就活生が就活を通してどのような問題に直面し、それをどのように乗り越えたかといった内容は、
就活を終えた身としても非常に興味深かったです。

また、他4人の内定者の話を聞き、就活への挑み方は千差万別で、
ひとつの正解はないということを改めて実感しました。

私たちの経験談が少しでも、参加してくれた皆さんの力になったら幸いです。

苦しいことも少なくない就職活動ですが、ひとりだけで全てを背負い込まず、
周りの人と助け合いながら自分のペースで臨んでください。

心より応援しています。

 

【他4年生からのコメント】

モモコです。懇談会では、3年生は話を聞きながら一生懸命メモを取ったりと、熱心に就職活動に取り組んでいる様子が伺えました。その熱量を最後まで忘れずに。私も応援しています!
アヤカです。3年生はみんな真剣に就活について考えている様子が伺えました。これから辛いこと、やらなきゃいけないことも増えると思いますが、希望の職種につけるよう頑張ってください。応援しています。

2/12 内定者懇談会【学生レポート①】 [2020年02月13日(木)]

こんにちは!
英語コミュニケーション学科3年のナツキです。

本日、英語コミュニケーション学科主催の内定者懇談会に参加しました。

 

 

懇談会では、4年生の先輩方から就職活動のアドバイスをいただき、
とても参考になりました。業界の絞り方、業界研究の仕方、ESの書き方、
面接で気をつけることなど、
就職活動の一連の流れのポイントを教えていただきました。

私は特にESの書き方と面接で気をつけるべきことが勉強になりました。

ESでは、志望動機を書く際に会社の社風に合わせて書くと良いこと、
ゼミの活動では協調性や向上心を絡めて書くところが大切であることが参考になりました。

面接では、「貴社をとても調べています」というアピールをすること、
逆質問を準備しておくことなど、前もって対策していくことが
面接を成功させる一番の方法だと知りました。

 

 

今回の内定者懇談会を通して就職活動へ気持ちが引き締まるのと同時に、
先輩方も不安や失敗があったことを知り、
私達が不安なのは当たり前だと受け入れることができました。

私事ですが、明日選考があります。
先輩方のお話を明日の選考に活かし頑張りたいと思います。

2/6 第2回Prezi講習会【学生レポート】 [2020年02月13日(木)]

こんにちは。
英語コミュニケーション学科1年のアンナです。

 

 

2月6日、第2回Prezi講習会が行われました。
(10月に開催された第1回レポートはこちら

Preziとは、Web上で無料で使えるプレゼンテーションツールで、
1つの大きなボードに自分の好きなスライドを詰め込む形で作成します。
詰め込んだスライドをズームインしたりズームアウトしたりして
動きのあるプレゼンテーションになるのが特徴です。

 

 

私は学寮でPreziを使ったプレゼンテーションを見て、とても魅力的だけど
Power Pointとは違って使いこなすのが難しそうという印象を持っていました。

しかし、英語コミュニケーション学科3年で講師のマヤさんとアカネさんが
わかりやすく説明してくださったので、楽しくPreziについて学ぶことができました。
今回Preziを使ったプレゼンテーションに挑戦してみて、思っていたより難しくなかったし、
楽しく作成することができました。
Preziをさらに上手に活用できれば魅力的なプレゼンテーションができるようになると思うので、
これを機に授業などでもPreziを活用していきたいと思いました。

マヤさんアカネさんありがとうございました!

1/29 留学出発式【学生レポート】 [2020年01月30日(木)]

こんにちは。
英語コミュニケーション学科1年のリエです。

1月29日、この春ボストンに出発する学生の出発式が行われました。

 

 

副学長からは充実した留学生活が送れるようにと温かいお言葉をいただきました。

 

 

また、3人のStudent Leaderはこれから始まる留学生活への期待や不安、
意気込みを笑顔でスピーチしてくれました。

 

 

ボストン留学まで残された日々はわずかとなりました。
私は、留学前にしておけばよかったという後悔がないように
これからも勉強に励んでいきたいです。
そして、帰国後成長した姿を両親、友達、先生方に見せることができるよう、
留学生活を頑張りたいと思います。

1/22 知っておきたいExcelベーシック講座【学生レポート】 [2020年01月23日(木)]

こんにちは。
英語コミュニケーション学科3年のレイです。

1月22日、英語コミュニケーション学科3、4年生の希望者を対象に
『知っておきたいExcelベーシック講座』が行われました。
3年生19名、4年生10名の計29名が参加しました。

 

 

この講座は「Excelの使い方が全く分からない!一から教えて欲しい!」という学生に
とても為になるものでした。
Excelの基本的な使い方から、少しレベルアップした内容まで教えていただき、
おかげで、会社で実際に利用するレベルまで知ることが出来ました。

私は随分前にExcelを使ったきりだったので、受講前は進度についていけるか少し不安でした。
ですが、そんなことは全くなく、講師の方がとても丁寧に優しく教えてくださり、
楽しく学ぶことが出来ました。

「Excelについてもっと学びたい!使いこなせるようになりたい!」と思えた講座でした。

1/22 学生研究発表会【学生レポート4年生】 [2020年01月23日(木)]

こんにちは。
英語コミュニケーション学科4年のトモです。

1月22日に英語コミュニケーション学科の学生研究発表会が行われました。
研究発表会は、各ゼミの代表者が先日提出した卒業論文の内容を発表するものです。

 

 

私は日米の映画作品を比較して、その比較からみる日本人の気質について発表しました。
今まで1つのテーマで論文を執筆することがなかったので、
始めはテーマの選択から時間がかかり、テーマを決定してからも論文の内容で悪戦苦闘の日々でした。
ですが、自分にとっては物事を深く考えていくことはとても良い経験となったと思います。
ここまで支えてくださったゼミの先生や友人には感謝の気持ちでいっぱいです。

昨年、私も先輩方の研究発表を聞いて学ぶことが多かったので、
少しでも3年生の参考になったら幸いです。
3年生の皆さん、応援しています。
大変だとは思いますが、頑張ってください!

1/8(水) 卒業論文提出【学生レポート】 [2020年01月09日(木)]

こんにちは。
英語コミュニケーション学科4年のサヤコです。

本日1月8日は卒業論文の提出日であり、4年生にとって卒業のかかったとても重要な日でした。

 

 

3年次に論文のテーマを決める事から始まり、膨大な時間をかけて論文制作をしました。
私自身、英語で5000word以上の論文を書く事が初めてであった為、
取りかかりはじめた時は、完成させられるか不安でした。
しかし、ゼミの先生のサポートや、ゼミメンバーのみんなとお互いアドバイスや励まし合う事で、
モチベーションを保ち、最後まで書き進める事が出来ました。

 

 

4年間英語を学んだ学生生活の集大成として、英語で卒業論文を書き上げる事が出来、
大きな達成感を感じる事が出来ました。

12/7 英コミ学科イベント SWU-America Challenge2019 [2019年12月13日(金)]

こんにちは!
英語コミュニケーション学科1年のマユカです。

先日、12月7日(土)に英語コミュニケーション学科主催のクイズ大会《SWU America Challenge 2019》が行われました。

 

 

この大会は、アメリカに1年以上滞在経験のない大学生が3名1グループになって、クイズに解答していくというものです。
クイズの内容はすべてアメリカ合衆国に関するもので、英語で出題されました。
予選は4択問題が計40問、上位3チームが決勝へ進出し、決勝は早押し問題7問、フリップ問題3問の計10問の合計得点を競い合いました。

 

私は、このイベントの企画メンバーとして携わりました。
問題を考えたり、当日の進行を念入りにチェックしたり、寝る間も惜しんで企画メンバーのみんなで準備をしていきました。

本校の学生だけでなく、他大学からも参加者が集まり、第1回目の今回は合計9チームで争いました。
どのチームも話し合いながら、時に笑顔で、時に真剣な表情で1問ずつ答えていきました。
楽しみながらアメリカ合衆国に関する知識と英語力を試すことが出来たのではないかと思います。

 

 

また、英語コミュニケーション学科の特別招聘教授でいらっしゃる藤崎 一郎先生による特別講演も行われ、貴重なお話を伺う機会を頂きました。

 

 

そして、イベントの後の懇親会では、大学関係なく交流を深めることができ、非常に有意義な時間となりました。この繋がりを今後も大切にしていきたいです。

今回、初の試みに協力してくださった藤崎一郎先生、ご協賛いただきましたWendy’s・First Kitchen様、ご参加いただきました皆様、本当にありがとうございました!

 

 

 

 

 

                    アメリカチャレンジ実行委員

 

11/29 Wing leader顔合わせ [2019年12月12日(木)]

 

こんにちは!

英語コミュニケーション学科1年のミユウです。

今回Wing leader 兼Student leader を務めることになりました。

11月29日、学科長の小西先生とWing leader 5人の顔合わせがありました。

今回が初めての顔合わせでしたが和気あいあいと楽しみながら行われました。

 

また、SAP授業終了後、全体へのWing leader の紹介が行われ抱負を述べさせていただきました。それぞれ思いを述べましたが、寮生活を楽しくしたいという思いは共通です。

ボストン留学が楽しく、そして何より充実した学びがあるものになるようWing leader だけでなく他のみなさんとも協力していけたらなと思います。

今からとても楽しみです。