TUJダブルディグリープログラム(DDP)レポート [2021年09月22日(水)]

こんにちは、英コミDDP学生のあおいとみゆです!

これから私たちのTUJ(Temple University Japan Campus)での生活や授業についてのことをお話したいと思います。

私たちはSummer Semester(今年の5月)からTUJで授業を受け始めました♪

Summer Semester ではAnalytical Reading and Writingというアカデミックなエッセイを書く授業を受けました!二人とも同じ先生のもとで、エッセイについての書き方を勉強しました。授業では、ディスカッションやピアレビューという学生同士で互いのエッセイを校閲するという方法で自分のエッセイを何度も修正していきました。プレイスメントテストで一つ上のクラスに入ることができたものの、授業のレベルが高く、周りの学生とのレベルの差を感じ、下のクラスに変更してもらおうかと考えましたが、二人で頑張ろうと決心し、結果として見事二人して単位を獲得することができました!!!!!!!!!

先輩からこの授業は一番単位取得が難しいと聞いていたので、課題の面ではこれ以上怖いものはないなと思っています(笑)

今セメスター(Fall Semester)は、私たち2人のうち1人が2つ、もう1人が3つ授業を受けています!2人で同じ授業を2つ受けているので、日々課題や授業でのわからないところを教え合うなどして助け合っています。

授業以外では、サークルにも参加しようと考えています。

まだまだ始まったばかりですが、私たちなりにTUJでの生活を楽しみつつ、引き続き頑張りたいと思います。

ボストン留学のACRクラスとは? [2021年09月22日(水)]

こんにちは!英コミ2年のショウコです。

昭和ボストンプログラムのキックオフとして、9月1日〜3日にオリエンテーションが行われました。関わってくださる先生方、参加する学生全員が一つのzoomに集まり、学長や代表生徒からの言葉、昭和ボストンのサイトの説明等を視聴しました。

そして、とうとう9月7日から授業が始まりました。

私はACR※という少しレベルの高いクラスにいるのですが、他のクラスとは違って教科書を使わず、唯一購入したのはreadingの授業のための小説のみです。少人数なので一人一人の発言の機会が多いですが、先生方は私たち生徒の意見や解答に、正解不正解関係なく肯定的なリアクションをとってくださるので、「自信がなくても挑戦してみよう!」と思えます。個人的には、アットホームな雰囲気なのをとても嬉しく感じています。

対面で授業ができたらと思うこともありますが、オンラインならではの利点も活かされた授業になっているので、学びの場としても交流の場としても、とても満足な日々を過ごせています。まだまだオンライン授業は始まったばかりなので、10月末に渡航できることを意識しながら今後も精一杯頑張りたいと思います!

※ACR(American College Readiness Program):昭和ボストンで2019年度に新しく始まった希望制の参加者選抜プログラム。協定校留学や高い英語力取得を目指す学生を主に対象とし、各科目のボストン教員が協働で指導することにより、学生は社会的課題など幅広いテーマを横断的に学ぶことができます。

ボストン留学プログラムのオリエンテーションについて [2021年09月16日(木)]

皆さんこんにちは!英語コミュニケーション学科2年のメイです。

9月初めのボストン留学プログラムのオリエンテーションが無事終わり、授業の雰囲気に慣れてきました。

オリエンテーションでは、多くの昭和ボストンの先生方と私たち生徒が参加し、ついに留学プログラムが始まるのだと気持ちが引き締まりました。

そして授業を受けるにあたって、昭和ボストンの先生方から全体に「分からない事があったら遠慮せずに聞くことが大事」「間違ってもいいから自信を持って話してほしい」などのお話を頂きました。私はこのお話を聞いて、アメリカの授業では積極的な意見交換がとても重要視されること、授業内で重視している事が日本の授業とで異なること、積極的なコミュニケーションの大切さを改めて実感しました。

そんな中迎えた初回の授業では、初めて昭和ボストンの先生方とクラス内で顔を合わせるということもあって特に緊張してしまいましたが、昭和ボストンの先生方の丁寧な説明と楽しい会話のおかげで緊張はなくなり、良いスタートが切れたと感じています。

先生や友達との英語でのコミュニケーションの中でも、まだまだ難しいと思う部分が多いのですが、これからの留学生活をたくさん楽しんでいこうと思います!

ボストン留学プログラムが始まりました! [2021年09月09日(木)]

英コミ2年のりんです! 2021年9月1日から、私たちのボストン留学プログラムが始まりました。

私は、9月1日のオープニングセレモニーで学生代表のスピーチをするいうとても貴重な経験をさせて頂きました。 スピーチの原稿を自分で一から作成しネイティブの先生に添削と練習を見てもらって本番に向けて準備行いました。

Zoom上とは言え、300名以上の前でスピーチをするというのは初めての経験だった為緊張しましたが、 自分の英語に少し自信をつけることができたように思います。

その後に行われた3日間のオリエンテーションでも、 昭和ボストンの先生方がMoodleの使い方やZoomの参加方法などを一つ一つ丁寧に説明してくださり、 授業開始に向けてしっかり準備を整えることができました。

環境が大きく変わり、壁にぶつかることもあるかもしれませんが、 このプログラムが人生において大きな意味を持つことを信じ、精一杯努力していこうと思います!

2021年度第1回 卒業生就職説明会・懇談会「英コミ学生として就職に挑む心構え」について Vol.2 [2021年07月19日(月)]

こんにちは。英コミ3年のジュリです!

7/17に行われたキャリアイベント「就職懇談」に参加しました。

コロナ禍で実際に足を運んで社の現場を体感することが限られる中で、近い距離感で3人のOGの方のお話を聞くことができ大変有意義な時間を過ごすことができました。

今現在、お仕事にしている業界の詳しい業務内容や、実際の現場について多くの情報を頂くことができました。OGのみなさんはそれぞれ、全く異なる業界にいらしていたので、幅広く情報を得られたとともに、さまざまなキャリアの歩み方があるのだと実感することもできました。

これから本格的に就職活動が始まりますが、またこのようなキャリアイベントが開催されればぜひ参加したいと思います!

2021年度第1回 卒業生就職説明会・懇談会「英コミ学生として就職に挑む心構え」について Vol.1 [2021年07月17日(土)]

こんにちは!3年のカホです!

第1回卒業生就職説明会・懇談会「英コミ卒業生として就職に挑む心構え」に参加しました!

私は就活を始めてから、何度か心が震えた経験があります。それは、知らなかった新しい世界を知ったときです!(会社の規模は小さくてもグローバルニッチトップなんだ!自分はこの業界でもやりたいことが実現できるのか!など)

今回の懇談会では、実際に各業界で働くイメージを掴むことが出来ただけではなく、社会人の方が持つ仕事に対する新たな視点を学ぶことが出来ました。まさに心が震えたとても貴重な時間でした!

例えば、「点と点を繋ぐ」というお話です。大学で経験した多くのことは何の接点もないように思えたけれど、社会に出て働く中でこれらの点がつながっていったというお話をしてくださいました。大学生活でその点を増やすために、意味があるかないか、将来役に立つか立たないかを考えるよりも先に、「興味を持った」ということを大切にし、色んなことに挑戦しようと思いました。

また、英語は手段であり、その先で自分が実現したいことは何なのかを考えることが大切だということも学びました。

とはいえ、やはりTOEICが就職後のキャリアアップに繋がる場合があること、学生の今がスコアを伸ばす最高のチャンスだということもおっしゃていたので、気を引き締めてまた頑張ろうと思いました!

就活中は知りたくなくても自分の立ち位置や能力を明示させられてしまい、つい自分のなかで自分自身の限界や能力を見定めてしまいがちですが、卒業生の方がおっしゃっていたYou can be anything you want. という言葉を聞いて、とても勇気が湧き、「頑張ろう!」と思えました。

これから行き詰まってしまったときは今日のメモやこのブログを振り返って、また前に進もうと思います!

卒業生の皆さま、ありがとうございました。

SWU America Challenge進捗レポート(^_-)-☆ [2021年07月16日(金)]

みなさんこんにちは。英コミ1年のコトコです。

今日のお昼休みにアメリカチャレンジのスタッフで対面お話会をしました!

アメリカチャレンジは英語コミュニケーション学科主催で2019年から開催している、アメリカ合衆国に関するクイズ大会です。

集まった係のそれぞれの進捗状況や今後の具体的な計画を聞くなど、とても有意義な時間を過ごすことが出来ました。

対面でスタッフメンバーの方々や助手さん方と会うのは4月の説明会以来だったので、少し緊張しましたが、終始和やかなムードで皆さんとお話をすることが出来てとても嬉しかったです。

また、色々とうれしい報告もあり、より一層スタッフとして頑張ろうという気持ちが強くなりました!

写真は私たち紙媒体係が作成したTUJ学生用のスタッフ募集ポスターです!これから学内用のポスターも作成し、様々な場所に貼り出す予定なので、気になった方は是非チェックしてみてください!

第2回ELCmate「インターンシップ」セミナーに参加しました! Vol. 3 [2021年07月12日(月)]

こんにちは。3年のアオイです!

ELC mateとなって第2回目の「インターンシップ」セミナーに参加しました。

就活ってなにをするべきなのかという漠然とした不安にコロナ禍という状況もあり、なかなか行動できずにいたので参加を決めました。

短い時間でしたが、状況がよく似ている4年の先輩方からお話を聞けて今やるべきことを明確にすることができました。

この時間の後は同級生とも就活についてよく話せる時間になったのでとても良い機会だったと思います。

先輩方の経験談とアドバイスとともに、自分と向き合う有意義な時間になりました。

今回はこのような機会を設けていただいてありがとうございました!

第2回ELCmate「インターンシップ」セミナーに参加しました! Vol. 2 [2021年07月12日(月)]

英語コミュニケーション学科3年のミナミです!

昨日はELCmateに参加させて頂きありがとうございました。
実際の一年前のインターンシップ体験談を先輩からお伺いできてとても参考になりました。
たとえば、ESについては強みや自己PRを書くときに今からひとつに絞るのではなく、書いていくうちに自分の体験を思い出しながらだんだんこれ!と言ったものが定まって来ると思うから今はとりあえずコツコツ数をこなしていくことが大切だとアドバイスを頂きました。
また、夏のインターンは1dayという名の説明会だけではなく、数日間開催されている長期のインターンも参加した方がより企業のことを知れるということ、アプリや就活サイトでは見つけづらいが学校のキャリア支援センターなどを利用して中小中小企業も視野に入れておくといいと教えてくださいました。
お昼だけの短い時間でしたがとても貴重な時間で、これからの就活や自己分析に活かしていきたいと思いました。
本当にありがとうございました。

「SWU America Challenge 2021」の活動をスタートしました! [2021年07月09日(金)]

こんにちは!英語コミュニケーション学科1年のナホです。

現在、英コミ主催「SWU America Challenge」というクイズ大会に向け準備中です。月2回程度全体ミーティングを行い、より良いクイズ大会を催すために、みんなで積極的に案を出しあい、活動を進めています。

6/1には、スタッフ1年生を対象とした「クイズ大会のトライアル」を実施しました。私は今年初参加で、どのようなクイズ大会か分からず、自分が運営スタッフとして活動できるか不安でした。でも、このトライアルを通して、不安もなくなり、「こんなに楽しいクイズ大会だからこそ、より多くの人に参加してほしい!」という気持ちが強くなりました。

今年度のクイズ大会はオンラインで行う予定ですので、誰もが気軽に参加できるようになっています!現在、去年に負けない魅力的な豪華景品を検討中です。

ぜひ奮ってご参加ください!!