「東南アジア青年の船」紀行③ [2011年01月07日(金)]

SSEAYP
~First Homestay in Malaysia~  K.Y.
東南アジア青年の船
~マレーシアでのホームステイ~
               After spending time for eight days on board, we reached the first port, Malaysia. A totally different landscape welcomed me, and it was a really exciting moment.
I met my host family at the welcome dinner in Kuala Lumpur. I stayed two days in their house with a Cambodian homestay-mate. The family had three children, and they were Muslims. It was only two days to spend a quality time with them, but I felt a lot of cultural differences and learned a lot from them.
Since there were many Muslims on the ship, I was used to seeing women wearing the scarf on their head, but it was totally new for me to live in a Muslim way. It was in the bathroom that I felt the first culture shock. There was no paper there, and the water from the shower was cold. Muslim people do not use papers when they use toilets for the religious reason. The climate in Malaysia is always hot, and they don’t use warm water to take shower.
It was when we ate that I also felt a culture shock. They had meals with hands. My family members were using forks and spoons at the welcome dinner, but using tools was not usual. They later told me that they use tools to eat only public certain places. I hesitated to eat with hands at first, but I found it was rather comfortable using hands when I ate Malay food.
Even though the culture was different, I enjoyed spending time with my host family by talking, playing games, sightseeing, cooking, and eating together. In Malaysia, I felt people’s kindness and love for family. My host family really treated me as one of their kids. The first homestay was filled with culture shock, but I’m glad that I stayed with my host family.

 

 船で8日間過ごし、私たちはやっと最初の寄港地であるマレーシアに到着しました。日本と全く異なる風景が私を出迎えてくれ、本当に興奮で一杯でした。
最初のホストファミリーに会ったのはクアラルンプールでの歓迎夕食会でした。私はカンボジア人の参加青年と2人で一緒にホストファミリーと2日間過ごすことになりました。3人の子どもがいる家族で、イスラム教徒の家庭でした。一緒に過ごしたのはたった2日間でしたが、たくさんの異文化体験を経験し、学んで得たものは大きかったように感じます。
船にはたくさんのイスラム教徒の参加青年がいたので、スカーフで髪を覆ったイスラム教の女性を見ることには慣れていたはずの私でしたが、異なる宗教の人と衣食住をともにするのは生まれて初めてのことでした。まず私が受けたカルチャーショックはトイレに行った時のことです。そこには紙がなく、トイレと一緒に備え付けのシャワーからは冷たいお水しかでなかったのです。イスラム教の人々は宗教上の理由からトイレで用を足した後に紙を使わないのです。また、気候が1年中温かいためシャワーの為にわざわざお湯を使うことはしないそうです。
食事をしたときにもカルチャーショックを感じました。家族みんな手で食べるのです。私が歓迎夕食会で初めて彼らに会ったときはフォークとスプーンを使っていたのですが、それは非日常的だったようです。後で聞いた話では、食事のときにフォークやスプーンを使うのは特定の場合に限るそうです。初めは手だけで食べることにとても抵抗があったのですが、マレー料理を食べるときには手のほうがむしろ食べやすいということがわかりました。
文化は違っていてもホストファミリーと一緒に話したり、ゲームをしたり、観光をしたり、料理を作ったり、食事をしたりすることで楽しい時間が過ごせました。マレーシアでは人の優しさや家族に対する愛情を感じることができたと思います。ホストファミリーは私を家族の一員として迎えてくれました。第1回目のホームステイはカルチャーショックの連続でしたが、自分のホストファミリーと一緒に過ごすことができて本当に良かったと思っています。