ことばでつなぐ・えがおをつなぐ・こころのきずな [2011年04月11日(月)]

私たちはふだん当たり前のようにことばを使ってコミュニケーションをしています。
友達や家族とおしゃべりする時も、働いている時も、意見を交換する時も、ほめる時も叱る時も、ありがとうと言う時もおめでとうと言う時も、ことばは大事です。
ことばひとつで、笑わせたり悲しませたり、喜ばせたり怒らせたり、気持ちを打ち明けたり、時に傷つけてしまったりする時もあります。
ことばによって人のこころはつながっていきます。
でも、ことばを使っている時ですら、私たちは表情や態度・物腰、ジェスチャー、声の調子や高さ・大きさなど、いろいろな方法を使って相手にメッセージを送っています(これをノンバーバルコミュニケーションといいます)。
ことばで相手に伝える時だけでなく、ことばでうまく伝えられない時にも、表情は大切です。
なかでも笑顔は、人の心を和らげ、明るくあたたかくしてくれる、かけがえのないものです。
笑顔が広がれば、人の心はつながっていきます。

みんなの心が、ことばや笑顔でつながっていけば、とげとげしい、ぎすぎすした世界は変わっていくのではないでしょうか?
英コミの在学生の思いがフレーズとなり、メロディにのって今、みなさんの耳に心に届いています。
先輩が投稿してくれましたので、次にその記事を載せてみます。
みなさんもぜひ聞いてみてください!
(T.I.)