2014年4月

英コミ学科主催夕食会 [2014年04月11日(金)]

4月7日、新入生歓迎の気持ちを込めて、英コミ学科主催夕食会を開きました。
場所はソフィア(学生用カフェテリア)。
新入生が200名強、おもてなしをする上級生スタッフが50名程度、それに教職員合わせての大部隊ですから、ソフィアが溢れかえるようでした。
司会はボストン帰りの3年生。英語に日本語を織り交ぜ、堂々と、溌剌と、よく準備した流暢な司会っぷりです。副学長金尾先生、学部長増澤先生、そして学科長高野先生のご挨拶と続いて、乾杯へ。
食事をとりながらの歓談では、「先輩や先生と英語で話してシールをもらおう!」という企画に沿って、積極的に話しかける学生たちの姿が見られました。この企画には豪華(!?)景品付きです。
しばらくしてからは教職員の紹介、そして坂東学長のご挨拶と続きました。
坂東先生は夢を実現する7つの力について触れられ、中でもコミュニケーションをとる力についてお話しされました。流暢に、立て板に水の様に話をするのはコミュニケーションの一面で、ノンバーバルコミュニケーションも含めて<伝わる>言葉で<伝える>ことが大事、その基礎として挨拶等も重要なのです。(「平凡なことの積み重ねが非凡な結果を生む」と言いますよね。)卒業式の学位記授与の際、英コミの学生はニコッと微笑み、「ありがとうございます」という人が多いんですよ、と誉めていただきました。
歓談の締めはBLIP, FSP, University それぞれのボストン・ライフの紹介。勉強面・生活面に関する先輩の紹介は関心を呼ぶようで、新入生たちは目を輝かせながら聞いていました。
新入生たちもこれから英コミでの生活をスタートさせ、やがてボストン留学に臨みます。充実した留学生活が送れますように!

 

 

 

 

 

新入生歓迎オリエンテーション [2014年04月10日(木)]

4月7日(月)、入学式からガイダンス続きでお疲れ気味の新入生たちが週末をはさんだ週明け、先輩たちによる新入生歓迎オリエンテーションに臨みました。
オリエンテーションは基礎ゼミのグループごとに分かれ、それぞれ何人かの先輩たちが付きます。小グループでの質疑応答で打ち解け、それからキャンパスツアーに出かけました。
最初のうちは雰囲気が硬かったかもしれませんが、先輩たちのノリの良い facilitate に気持ちもほぐれ、笑顔あふれながら、「英コミとは?」「学内はどうなっているの?」について学びました。
グローバルラウンジ、学生ホール、図書館など、まだ行ったことのなかった新入生も多かったはず。図書館にはこれからも足を運んで勉強してね!

 

 

 

 

BLIP14選抜合格者発表 [2014年04月07日(月)]

英コミではボストン留学に3つのパタンがあります。
その中で最も長期間にわたるのが、3期にわたって留学するBLIP(Boston Long-term Intensive Program)です。
BLIP参加者は、TOEICと面接を受け、希望者の中から選抜されます。
今年度参加するBLIP14学生の選抜合格者発表が5日行われました。
希望が叶った学生からは嬉しさや喜びが溢れ、これから頑張ろうという意欲も漲っていました。

BLIP14参加予定となったみなさん、おめでとう!
合格の嬉しさを忘れず、これから精進していきましょう。
みなさんがBLIP14のプログラムを通して最大限に成長していくことを期待しています!
(万が一サボったりしたら、参加取り止めもありますよ! 気を抜かないように)

 

 

 

 

 

 

ご入学おめでとうございます [2014年04月04日(金)]

大学にとって3月は卒業生を送り出す別離のとき。
入学からの長い時を経て、逞しく成長した学生たちが学び舎を巣立ち、私たちに別れを告げます。
嬉しさと寂しさの入り混じった気持ちで卒業生を送り出すのが3月。
そして月が替わって4月になれば、大学は表情を一変させ、出会いの喜びに彩られます。
本学でも、4月3日、好天の下、入学式が営まれ、新しい学生たちを迎え入れました。
キャンパスの花が色鮮やかに咲き誇る中、初々しい姿の、笑顔爽やかな新入生たちが集まりました。
新入学を祝福するかのように、今、桜も咲き誇っています。

新入生たちはこの一週間、オリエンテーションを受けます。
教務関係のガイダンス。学生生活上のガイダンス。キャリアガイダンス。
上級生との交流会。新入生歓迎会。
さまざまなイベントを通して、新入生は大学に慣れていき、新たな友人、先輩、先生と出会います。
新入生の皆さんがこれからここで過ごす4年間が、みなさんの人生の中で貴重かつ有意義な
時間となりますように、教職員一同誠心誠意サポートします。
頑張れ! 英コミ新入生!