FSP交流会 3年生から 【学生レポート】 [2015年01月27日(火)]

こんにちは、英語コミュニケーション学科三年のチヒロです。

先週の木曜日金曜日、二日間にわたりにFSP交流会が行われました。(FSPは約一年間の昭和ボストンプログラムです。)今年度の4月から出発する現一年生に対し私たち三年生が質問に答えるという形式で行われました。多かった質問は共通していて、持参していく荷物の質問や、日常生活の質問、そしてボストン全体の質問が多くあったかと思います。私がこれから出発する一年生に一番伝えたかったことは一つです。「とにかく外にでて英語を話す。まずは耳を英語に慣らす」ということです。簡単なことのように聞こえますが、意識が薄ければ全く伸びないのがこのひとつであると思います。短い時間ではありましたが、少しでも多くの不安や心配事が減っていたら幸いです。約一年間の長い間一緒に生活をするわけですから、有意義で思い出に残るような留学生活を送っていただきたいです。日本で応援しています!

****************************************************************

英語コミュニケーション学科の三年太田千尋、マイです。

1月22日のお昼休みにFSPの交流会を行いました。これからボストンに行くFSPの後輩が、気軽に質問ができるように、2グループに分かれ、質問を受けました。持ち物やクレジットカードの種類、ボストンでの授業形態、そして寮生活などに関する質問を受け、私達の経験を元にお話しさせていただきました。私達が話すことで、後輩のボストンでの生活に対する不安を少しでも取り除くことができたら、嬉しいです。私達も行く前は、不安もありましたが、絶対に行ったら沢山の想い出を作って楽しい生活を送ることができると思うので、4月からボストンで頑張ってください!