第1期生 Framingham State University 3月【学生レポート】 [2015年03月25日(水)]

こんにちは。Framingham State Universityへ留学中の英語コミュニケーション学科2年のアイリです。

私は今回、約1週間の春休み期間中Habitat for Humanityという世界各国で住宅支援を行う国際NGOの建築ボランティアに参加しました。

この支援団体は住宅を必要とする家族と共にボランティアが協力し、安心して暮らせる家を建てるサポートをしています。

私は大学のコミュニティサービスクラブのメンバーと一緒に、材木のペイントや棚の取付けなどを行いました。

まだまだ春とは言えない厳しい寒さのなかでの作業でしたが、今まで経験したことのない「家を建てる」というボランティアを通して、新たなボランティア活動の魅力を発見することができました。

また春休み期間中にも関わらず、多くの学生が何らかの形で、支援に携わっていて、ボランティア活動に対する意識の高さも実感しました。

この経験を機に、帰国後もこのような取り組みに関わっていきたいと強く感じることのできた1週間でした。