タマサート大学留学便り 初めての旅行②【学生レポート】 [2015年10月13日(火)]

10月10日(土)  【一人旅2日目!inサムットソンクラーム県/タイ】

 

 英語コミュニケーション学科2年のマユです。

一人旅二日目は6時に気持ちよく起床。

すぐに支度をして、朝7時から9時が最も盛況というダムヌン・サドゥアク水上マーケットに向かいました。ここは前日に訪れたアムパワーに比べてマーケット自体の規模が大きく、小物や洋服などの品揃えが豊富でした。

 

9時近くになり外国人観光客で賑わい始めると、おばちゃんたちの商売意欲がスイッチONになりました。商品を何とか売ろうと、ボートに乗る外国人観光客を正面切って待ち構えているのがとても面白い光景でした。

 

blog2-1 (600x338)

 

それから商品の値段交渉をしたことも印象的な体験でした。値切る気満々で来ていた私は「ロット ノイ ダイ マイ カー」(安くしてもらえませんか?)というタイ語をあらかじめ覚え、交渉に臨みました。

私が欲しかったのは本のしおりと鏡の2つでした。覚えたてのタイ語を使って交渉スタート。お店のおばちゃんが最初に提示した値段は200バーツ(約700円)でした。高い!!というわけで、160バーツに下げてもらうことを目標に140バーツでどうか交渉しました。そこからお互い少しずつ譲歩して最終的に170バーツ(約695円)で私が折れました・・・。今思えばもっと思い切って安い値段から交渉するべきだったと反省しています。それでもお店のおばちゃんはとても優しく、人生初の値段交渉を存分に楽しむことが出来ました!次の交渉時にはさらに安く購入しようと燃えています!!

 

blog2-2 (600x338)

 

この日一番幸せだったひと時はココナッツアイスを食べたときでした…!

ボートの上のおばちゃんが作ってくれたこのアイスは、ココナッツの味とチョコレートソースの味が絶妙にマッチしていて、本当においしかったです。タイに訪れるときにはぜひココナッツアイスを食べてみることをおすすめします!

 

blog2-3 (600x338)

 

タイといえばバンコクのワットポーやワットプラケオ(寺院)のイメージが強かったですが、他にもたくさん素敵な場所があると実感できた2日間でした。サムットソンクラームでは観光というよりも、日本と大きく異なるタイ人の“生活”スタイルを真に当たりに出来て、とても刺激的でした。座学では学ぶことの出来ない、文化や暮らし、価値観を、新たに知ることが出来て、貴重な時間となりました。早速次なる旅行先を探し始めているので、また旅行にいった際には私の体験やタイの魅力をお伝えしたいと思います!

 

最後まで読んでくださりありがとうございました。