2016年12月

12/10 地域の魅力再発見ツアー・三茶編【学生レポート】 [2016年12月12日(月)]

英語コミュニケーション学科1年のアイカです。

 

「エンパワメントせたがや」と世田谷区役所の方と協力して、三軒茶屋エリアを巡りながら留学生と交流しました。留学生は昭和女子大学・駒沢大学・明治大学から集まってくれました。 

 

私のグループの留学生は、マグロの解体ショーを1番楽しんでいました。

 

オーストラリアから来た留学生は「オーストラリアでは生のマグロは食べないのでこの経験は新鮮でとても良かったです。マグロ美味しいです。」と、とても喜んでくれました!

 

1 (400x300)

 

 

魚屋の他に、目青堂味噌屋・お茶屋・駄菓子屋に行って、私達日本人でも初めて知ったことが沢山あったのでとても良い経験になりました。

 

 

3 (400x300)

 

2 (400x300)

 

また機会があったら、留学生と交流しながら世田谷区の他の地を巡りたいです。

 

************************************************************************************** 

 

英語コミュニケーション学科1年のカノです。

 

私たち「エンパワメントせたがや」は、12月10日(土)に駒沢大学・明治大学・昭和女子大学の留学生と一緒に世田谷散策をしました。

 

魚屋やお茶専門店、目青堂などに行きました。

味噌屋では味噌の歴史や作り方について教えていただきました。

その後に、4種類の味噌を試食したりして留学生の方がとても興味をもっていました。

 

 

4 (232x400)

 

日本語はもちろん英語でもコミュニケーションをたくさんとることができ、私たちにも大変良い勉強になりました。

普段、交流のない他大学の留学生と関わることができとても楽しかったです。

 

 

5 (400x300)

 

皆さんも機会がありましたら、是非参加してください。

 

**************************************************************************************

 

英語コミュニケーション学科1年のチナです。

 

私たち「エンパワメントせたがや」は、10日に留学生とせたがやの魅力再発見モニターツアーを行いました。

  

留学生と楽しく交流しながら、学校の近くにこんなにも多くの魅力的な場所があることに気づくことができました。

 

さらに、ツアーや留学生との交流を通して改めて日本の文化や歴史について知ることが出来ました。色々と学ぶことができて、良かったです。

 

 

 6 (400x300)
7 (400x300)

 

 

機会があったら、また参加したいです。

12/10 Open Camupus【学生レポート】 [2016年12月12日(月)]

英語コミュニケーション学科4年のハルカです。

 

12月10日にオープンキャンパスがありました。

 

寒い中、そして今年最後のオープンキャンパスであるにも関わらず多くの高校生に来ていただきました。

 

 IMG_0615 (400x300)

 

 

受験を控えている3年生だけでなく、早くから進路を見つめる2年生の方も多く見られ、英コミとはどんな学科か、どんな授業をするのか、ボストン留学では何をするのか、等の質問に答えながら楽しくお話が出来ました。

 

 

英コミはボストン留学をはじめとする、たくさんの強み、魅力がある学科です。

オープンキャンパスに来てくださった方が少しでも昭和女子大学、そして英コミに興味を持って頂ければ幸いです。

 

 

また、受験性の皆さんには受験まであと少し、頑張ってほしいです。

IMG_0618 (400x300)

12/8 Wing Leader顔合わせ会【学生レポート】 [2016年12月08日(木)]

この度 FSP17wing leader兼、sub student leaderになりました、英コミ1年のカナです。

 

 

今日はFSP17wing leaderの顔合わせがありました。

 

 

 

 

みんながボストン校での生活を毎日充実して過ごせるよう、この4人のwing leaderと共に協力しながら日々努力していきたいと思います。よろしくお願いします!

 

 

ボストン留学まであと少し! とっても楽しみです!!!

12/2 香港インターンシップ②【学生レポート】 [2016年12月02日(金)]

英語コミュニケーション学科3年のアヤです。

私は、今回 香港の中環にオフィスを構えるArrow Asia Shipbrokersというシップブローキング会社で1ヶ月間お世話になりました。

 

 

picture2 (335x400)

 

 

Arrow groupは世界8ヶ国にオフィスを構える、ブローカー会社の中では世界的に有名な会社です。

外資系の企業ということもあり、実力主義という非常にシビアな面を持つ一方で自由でカジュアルな雰囲気もあり、日本の企業との違いを感じました。

 

 

シップブローカーとは、物品の海上運送に必要な船舶の用船(船をかりること)・船舶売買などの際に、荷主や海運企業から依頼を受け、その行為の仲介、代理をする人を指します。

 

 

ブローカーは両者の間に入って傭船契約を結び、傭船契約書を作成します。

成約後は、船が成立した契約に基づき積地に進行し到着するまでをサポートするというのが主な仕事の流れです。

 

 

私はこの1ヶ月間、海運業についての基礎知識について学びつつ、傭船契約書の作成と電話の取次ぎを主に行いました。

傭船契約書の作成は、シップブローカーにとって基本的かつ重要な仕事のうちの一つです。

 

ブローカーは船主と傭船者の両者の意向に合わせて傭船契約書を作成します。

この契約書の作成を通して、たくさんの海事用語や略語、海上での法律や船の仕組みなどについて学ぶことができました。

 

このように、知識だけでなく実践的な業務を任していただけるのは外資系企業ならではの魅力だと考えます。

 

 

 

また、3週目にはArrowのシンガポールオフィスで開催されたパーティーに参加させていただきました。

このパーティーでは、取引先である船舶会社や海運会社の方だけでなく、貿易会社や穀物商社、鉱業資源グループなどのシッピングに関わる様々な方達と知り合い、お話しをすることができました。

 

この一ヶ月を通して、海運業の知識や実務だけでなく、社会人としてのマナーや仕事への取り組み方、考え方等も教えていただきました。

 

そして、香港やシンガポールで働いている社会人の方々の意見を聞くことで、海外で働くことの大変さと素晴らしさを実感しました。

 

また会社の方達がディナーやランチに誘ってくださったり、ハイキングやマカオに連れて行っていってくださったりしてプライベートでも非常に充実した毎日を送ることができました。

12/1 産学交流会【学生レポート】 [2016年12月02日(金)]

英コミ3年のマユです。

 

本日、産学交流会に参加しました。

昭和女子大学が就活やインターンシップで関わりをもつ企業と、教授・学生が交流する場です。

 

 

第一部では、夏のインターンシップの報告をしました。

企業の方や、教授、キャリア支援センターの方々にプレゼンテーションを行いました。

皆さまが温かく聞いて下さる中、インターンシップ期間での気づきや学びを、心を込めて伝えました。
 

1 (400x300) 

 
第二部では、企業の方々、教授、インターンシップでお世話になった学生や内定者らによる

懇親会がありました。

私のインターンシップ先企業や、様々な企業の方々ともお話をしました。

普段は聞けない、企業の具体的な部分まで伺えた、貴重な機会となりました。

 

 

 
最後に、報告者担当を通じて、昭和女子大学の学生へのサポートの手厚さを、改めて実感しました。

キャリア支援センターの方々、学科教授のサポートなくして、報告のレベルを引き上げることは

出来ませんでした。

アットホームな昭和女子大学と英コミのよさに、触れられた時間となりました。