2017年11月

11/11 人見杯【学生レポート①】 [2017年11月22日(水)]

こんにちは!

英語コミ3年のナツミです。

 

11月11日に英語スピーチコンテスト人見杯に出場しました!

 

私のトピックは「East Asian Relations」で日中韓関係について話しました。

内容は今年の夏に参加した日中韓プログラムがもとになっています。

 

原稿を仕上げるまでにネイティブの教授何人かに添削をお願いして、

本番当日まで変更を加えながら完成させました。

 

本番3週間前から本格的に練習を始めました。

家での練習はもちろんのこと、空き時間を作ってネイティブの教授に見てもらい、

より良いスピーチができるように励みました。

 

本番当日は思った以上オーディエンスがたくさんいて緊張しましたが、

しっかりと練習したおかげで自分のスピーチが始まってからは

落ち着いて話すことができました。

 

 

結果は2位で学長賞をいただきました!

 

 

 

 

 

 

まさか名前が呼ばれると思っていなかったのでびっくりです。(笑)

 

どの参加学生のスピーチも完成度が高く、内容も興味深いものばかりでした。

はじめはスピーチに対して苦手意識があったのですが、

当日周りの参加学生からたくさん刺激を受けて、本当に参加して良かったと思います。

 

 

11/10 大学パンフレットの撮影【学生レポート②】 [2017年11月17日(金)]

こんにちは!

 

英語コミュニケーション 3年 ユウカです。

 

 

今日は大学パンフレットの撮影と取材を受けました。

 

 

 

 

 

 

朝から母に自然体でいきなさいと言われていたのですが、

やはりカメラマンさんを見ると緊張してしまいました。

 

 

そんな時にゼミの先生がまさかのタイミングで登場。

「笑顔で頑張りなさいよ!」

と言われ、なんだか緊張がほぐれました。

増澤先生のおかげで撮影は手短に終わることができました!よかった!

 

 

その後、学生ホールで学科や将来のキャリアについてインタビューを受け、撮影・取材ともに終了。

 

 

 

 

 

きちんと英コミを代表できたのか不安ですが、

パンフレットを見た高校生が少しでも昭和女子大に行きたいと思ってもらえたら嬉しいです。

11/15 SPI最終対策講義【学生レポート】 [2017年11月17日(金)]

こんにちは:)

 

英語コミュニケーション学科3年のサトコです。

 

今日11月15日に英コミSPI最終対策講義が行われました。

 

 

 

 

 

 

SPIとはなんだろうと思う方も多いと思いますが

これはリクルート社が提供している就職活動の際に使われる

適正検査のことです。

 

ちなみに正式名称はSPI総合検査といい

SPIはSynthetic Personality Inventoryの略称だそうです。

 

 

このSPI以外にも就活生用の適正検査はありますが

SPIが多くの企業で採用の際に使われています。

企業によってはSPIで結果を出さないと面接や

一次選考に進めないところもあるそうです。

 

 

そんなSPIには言語分野と非言語分野があり、

今回は非言語分野の対策講座でした。

非言語分野というのは簡単に言うと

小学校の時の算数のような問題から高校生で出てくる

確率の問題など様々な種類の問題があります。

 

 

そんなのだったら簡単だと思われる方も

いるかもしれませんがやはりしばらく数字から

離れているとすっかり忘れてしまうもので

すぐに解けるようなものではありません。

正直私も苦手意識があります。

 

 

 

だからこそ定期的な対策が必要だと思います。

 

昭和女子大学では早い時期から対策講座を開いており、

手厚くサポートしてくれます。

 

 

 

 

 

 

これからの本番に向けてしっかりと

対策を進めていきたいと思います。

 

 

 

長文読んでくださってありがとうございました。

 

10/28 オープンキャンパス【学生レポート①】 [2017年11月15日(水)]

 

こんにちは!英コミ3年のハヅキです。

 

先日、本学にてオープンキャンパスが開かれました。

 

あいにく天候が悪いのにも関わらず、たくさんの方がご来校されて嬉しかったです。

ありがとうございました。

 

学生だけで、来校されている人が多く、

ほとんどの質問内容が公募推薦の対策や、主専攻の内容、

そしてボストン校に留学するというものが多かったです。

 

特に保護者の方は留学についてのお話をされている方がほとんどでした。

確かに、自分の子供が遠く離れたアメリカで暮らすのは、想像がつきませんし、

安全面や金銭面で悩む方が多いと思われます。

 

ですが、ボストンに留学させていただいた側からすると、

学科全体で同じところに住むことになるので、安全だと思います。

不安な気持ちはみんな一緒なので、

お互いに励ましあったりできる環境が昭和ボストンにはあります。

 

私は今回の留学が初めての海外だったこともあり、

皆と行くことで不安な気持ちは和らいだところもあります。

その不安な要素がない分、自分の語学力を向上したり、

外に出て現地の人と触れ合う時間を作ったりして、今までにない体験ができました。

なので、昭和ボストン校に留学することをお勧めします。

 

 

 

 

 

また、オープンキャンパスは年内にあと1回ありますので、

昭和女子大学での生活や、勉強内容、ボストン校でもなんでも些細なことでも質問をお待ちしていますので、ぜひいらしてください!

 

 

読んでいただきありがとうございました。

11/10 大学パンフレットの撮影【学生レポート①】 [2017年11月14日(火)]

こんにちは、英語コミュニケーション学科3年のマナエです。

 

先日、来年度の大学パンフレット用の写真撮影を行いました。

  

撮影前は、大勢の方に見られながらの撮影に大変緊張していました。

けれど、カメラマンさんをはじめ、スタッフの方全員とても親切に対応してくださりました。

撮影が始まると、私の写真を見て「笑顔が良い!」と褒めてくださったり、

ポーズのアドバイスなどをしていただいたりしました。

撮影は、終始和やかな雰囲気で行われ、

私はリラックスして撮影に望むことができました。

  

その後は、担当者の方からの取材を受け、

自分がこの学科を選んだ理由やこれまでに学んできたことなどについての質問に答えました。

そして、最後にこれからのキャリアプランについてお話しました。  

 

 

 

 

 

正直なところ、自分の顔や話が大学パンフレットに掲載され、

多くの方に見られると思うと、とても恥ずかしいです。

ですが、出来上がったパンフレットを通して、一人でも多くの受験生が

私たち英語コミュニケーション学科に興味を持ってくださったら嬉しいです。

 

11/9 英文サマリーライティング【学生レポート③】 [2017年11月14日(火)]

こんにちは!英コミ4年のエリカです。

 

先日、Ashley先生による、英語サマリーワークショップに参加しました。

 

 

アカデミックライティングの方法などを学ぶことが出来ました。

また、実際に例文を形式に当てはめ段落に分ける、という簡単なワークがあり、わかりやすかったです。

とても参考になりました。

 

 

卒業論文の英語サマリーは、日本語で書く学生も英語で書く学生も必要になります。

 

 

 

 

 

 

このワークショップで学んだことを活用し、

きちんとアカデミックな書き方でサマリーまで書き切りたいです。

 

11/1 英文サマリーライティング【学生レポート②】 [2017年11月06日(月)]

こんにちは。

 

英語コミュニケーション学科4年のカオリです。

 

 

いよいよ卒業論文の提出日が近づき、『英文サマリーライティングワークショップ』に参加しました。

 

 

 

 

 

形式に関する基本的なことや、アカデミックな英語でのライティング方法について学ぶことができました。

 

 

 

 

 

4年間、英語コミュニケーション学科で培った力を十分に表現できるよう、英文サマリーにもしっかり取り組みたいと思います。

11/1 英文サマリーライティング【学生レポート①】 [2017年11月02日(木)]

こんにちは!

英語コミュニケーション学科4年のユイです。

 

 

今日は、Ashley先生ご指導のもと、卒業論文の英文サマリー講座を受けました。

 

 

サマリーを書く上での要点だけでなく、

実際に手本の英文を見ながら自分たちでパラグラフ分けを考えたりと実践的な内容でした。

 

 

 

 

 

 

卒業論文を執筆中の私にとって、とても有意義な時間となりました。

 

 

1月の提出日に向けて、卒業論文の本文はもちろん、サマリーも完璧に仕上げて自分の納得のいく出来上がりとなるようこれから頑張っていきたいです。