1/11 Show & Tell【学生レポート②】 [2018年01月15日(月)]

こんにちは!

英語コミュニケーション学科1年のユキナです。

 

 

今回、Show&Tellに参加することによって

私の中にちょっとした自信が生まれました。

 

 

元々私は人前で立って話せるような人間ではありませんし、

むしろこういったスピーチでは緊張で震えが止まらなくなるような方でした。

ましてや英語なので尚更です。

なので、最初先生からメールを頂いたときは

正直な話、あまり参加したいとは思いませんでした。

ですが、

2年の後期から英語圏に留学するということもあって

こんなところで怖じ気ていては駄目だと思い、最終的に参加することにしました。

 

 

 

 

 

 

結論として、今回の授業はとても有意義なものになったと思います。

杉田先生からShow&Tellのルールやコツなど教えて頂き、

それらがShow&Tellの枠を超えて普段の英会話で活用できることを知り、

私の英語での会話の仕方を変えるきっかけにもなりました。

 

 

また、冒頭でも書きましたが、今回のShow&Tellで

大勢の人の前で話すということを達成すると、

英語で話す、スピーチをするという2点でちょっとした自信を持つことが出来ました。

 

 

なので、これを機に少しずつ自分の英語に対する自信をつけていきたいです。

2年の後期留学までには、海外の方に自身の主張をはっきり言えるようになりたいです。

 

 

————————————————————————————————————————-

 

 

こんにちは!

英語コミュニケーション学科1年のカナです。

 

 

参加者それぞれが違うテイストで話していて、どの話もとても面白かったです。

 

 

杉田先生の、先に話し始めることが大切だと言う話をきき、

私は途中で辞退しましたが、

前に出て話すことに臆病になり過ぎていたような気持ちになりました。

 

 

参加者の方も同じような不安を抱えながらのスピーチだったと思いますが、

どれも素晴らしかったです。楽しい時間でした。