2018年3月

3/26 帰国オリエンテーション【学生レポート】 [2018年03月28日(水)]

こんにちは。

英コミ新3年のミサトです!

 

 

 

先日、ボストン留学の帰国オリエンテーションがありました。

このオリエンテーションが留学後に集まる最初の機会です。

久しぶりに会ったみんなからはどこか懐かしさを感じ、

また同時にボストンで仲良くなれた友人と日本で再会した事に

どこか不思議な感覚を覚えました。

歴代の先輩方や仲間達も同じような気持ちだったのだと思います。

 

 

 

本題のオリエンテーションでは2年次までに各自が取得した単位はもちろん、

これからの日程や3年生から卒業までにしなければいけないこと、

就職活動についてなど幅広いテーマの説明がありました。

私自身、まだどこか留学後で浮き足立っているところがあったので、

このオリエンテーションは新学期に向けて気持ちを改めるいい機会でした

 

 

 

 

 

 

そして何よりも、

共に留学したみんなと支えてくれた両親、東京、ボストン両校の先生方に

もう一度感謝を伝えたいです。

 

 

 

4月からは新3年生として新たな気持ちで

充実した学校生活を送れるように頑張っていきたいです!!

3/24 オープンキャンパス【学生レポート】 [2018年03月27日(火)]

こんにちは!

英語コミュニケーション学科3年のリサです。

 

 

 

3月24日にオープンキャンパスを開催しました。

私はスタッフとして学科の魅力を高校生に伝えました。

多くの生徒さんたちが英語コミュニケーション学科に

興味を持ってくれたことをとても嬉しく思いました。

 

 

 

 

 

 

 

これから受験をする生徒さんは不安もありつつ、どこか希望に溢れていました。

どうしてもボストンに留学をしたいから昭和女子大学に入りたい生徒さんや

就職率がいいと聞いて入りたい生徒さんもいました。

 

 

 

 

 

 

4月に入学する予定の参加者さんは

留学の生活や勉強について質問をしてきました。

留学ができる喜びもありつつ高校とは全く異なる生活になるので、

少し心配もしていましたが、先生のお話や私たちスタッフのお話を聞いて

笑顔になってくれました。

 

 

 

 

 

 

これから新たな生活が始まると思いますが、

楽しく笑顔で悔いのない1年にしていきましょう。

頑張っていきましょう!!

3/17 卒業パーティー【学生レポート】 [2018年03月20日(火)]

こんにちは。

英語コミュニケーション学科4年のカオです。

 

 

 

私達4年生は3月16日に晴れて大学を卒業し、

翌日17日に卒業パーティーを開催しました。

 

 

 

 

 

 

パーティー当日は約130人の学生と17名の先生方が参加し、

4年間の思い出話に花を咲かせました。

プログラムも抽選会やスライドショーなど、

内容盛りだくさんで大成功に終わることができました。

 

 

 

抽選会ではスターバックスのギフト券から美顔器、旅行券まで女子大ならではの景品もあり、

多くの学生が抽選カードを片手に楽しんでいる様子でした。

 

 

 

 

 

 

スライドショーはパーティー委員が事前に一生懸命作成してくれたお陰で、

学生それぞれが4年間の思い出を振り返ることができ、笑い溢れる時間となりました。

2時間という短い時間ではありましたが、

中身の濃いステキな時間になったのではないかと思います!

 

 

 

 

 

 

これから私たちはそれぞれの道に進み、新しい環境で頑張って行くことになります。

時には落ち込んだり、挫折することもあると思います。

ただ、そんな時はこの卒業パーティーを含め、楽しかった昭和女子大学での4年間の学生生活を

思い出してまた頑張ってくれたらなと思います。

3/16 卒業式【学生レポート】 [2018年03月20日(火)]

こんにちは。

英語コミュニケーション学科4年のアユミです。

 

 

 

3月16日に昭和女子大学で卒業式が行われました。

あいにくの天気でしたが、気持ちはとても晴れやかに卒業を迎えることができました。

卒業式には所属していたサークルの後輩たちも駆けつけてくれました。

 

 

 

 

 

 

そして私はこの度、学長賞と恪勤賞をいただきました。

入学当初、このような賞をいただいて卒業するということを想像していなかったので、

驚きと同時に嬉しかったです。

 

 

 

大学生活を振り返ると、先生方、両親、頼もしい友人たちに

支えられて過ごしてきた日々に感謝の気持ちでいっぱいです。

ありがとうございました。

 

 

 

先生方は、講義内容についてどうしても自分で解決できない点を質問すると、

いつも丁寧に指導してくださいました。

また休み時間には、私たち学生のお喋りに付き合ってくださる先生も多く、

先生と学生の距離が近いあたたかい大学・学科でした。

昭和女子大学に入学して良かったと心から思っています。

 

 

 

充実した4年間はあっという間に過ぎ、

卒業してしまうのは少し寂しいのですが、

昭和女子大学で学んだたくさんのことを心に刻み、

社会人として励んでいこうと決意しました。

 

 

 

 

 

 

素敵な先生方、大切な友人たちに出会えてよかったです。

3/15 卒業式予行日【学生レポート】 [2018年03月16日(金)]

こんにちは!

英語コミュニケーション学科1年のマユです。

 

 

 

3月15日1年生のゼミ代表で先輩方の卒業式の準備を行いました。

仕事内容は配布物とガウンを机上にセットすることと、教室のセッティングでした。

 

 

 

 

 

 

翌日の16日は実際に卒業生の一人一人に花束を渡し、

社会人になる一歩手前の先輩方を送りだしました。

 

 

 

 

 

 

卒業される先輩方はとても綺麗で、私も昭和女子大学での学びを得、

品格のある女性になって卒業したいと思いました。

3/13 附属校3年生対象 体験授業 [2018年03月15日(木)]

3月13日の午後、昭和女子大学の様々な学科が

附属校3年生を対象として「体験授業」を実施しました。

 

 

 

英語コミュニケーション学科では、重松優・専任講師による

「英語で紹介する日本社会」を開講しました。

 

 

 

 

 

 

重松先生の専門分野は日本研究です。

授業では、まず日本文化を外国に伝えるために、

どのような課題があるのか講義がされました。

実際に手を動かすことも大事ですから、

最新のマンガの英訳もグループワークとして行いました。

セリフを分かりやすく翻訳して、吹き出しに入れこむという作業は、

見かけより随分と大変で、技術と経験が必要なことが分かります。

 

 

 

短い時間でしたが、「ものづくり文化」や環境問題などにも触れました。

授業の副題は、「Better Communicationの試み」です。

親友や家族の間であっても、Perfect Communicationはあり得ません。

失敗にもめげず、一歩ずつ改善の努力を続けることが

大切だということが実感できたのではないでしょうか。

 

 

 

 

 

 

今回は附属校生を対象とした企画でしたが、

より多くの方に昭和女子大学と英語コミュニケーション学科の学びを

知っていただくために「授業見学会」も開催しています。

英語コミュニケーション学科の実際の授業を受けてみたい!という女子高校生なら、

どなたでもお申し込みできます(既卒者も可)。

 

 

 

詳しくは、本学アドミッションセンター[spass@swu.ac.jp]に

お気軽にお問い合わせください。