11/14 英文サマリーライティング【学生レポート①】 [2018年11月17日(土)]

こんにちは。

英語コミュニーケーション学科4年のミサキです。

 

 

先日、東海大学のピーターJ.コリンズ先生による

卒業論文のためのワークショップに参加しました。

 

 

 

 

 

 

このワークショップでは、

卒業論文を製作する際に必ず必要となる、”Abstract(要旨)”を

英語でどの様に書いていくべきかを学びました。

“Abstract(要旨)”とはこの先書かれる卒業論文が何について書かれ、

どの様な方法を利用し、何を述べたいのかを簡潔にまとめたもので、

卒業論文の1番最初に必要な文章のことです。

 

 

ワークショップ参加してみて、

「その分野を勉強していない人でも、

論文の内容が理解できる十分な情報を入れる必要がある」

という先生の言葉がとても印象的でした。

 

 

 

 

 

 

これから私自身の卒業論文を製作する上で、

とても大切な事であると改めて実感しました。

 

 

締め切りが着々と迫っていますが、

納得のいく卒業論文を提出出来るように頑張ります。