2019年10月

10/30 Prezi講習会 [2019年10月31日(木)]

 

こんにちは!

英コミ3年のマヤです。

 今回は、私が以前から使っていた次世代プレゼンテーションツールPreziの講習会をワークショップ形式で行いました。学寮研修の時にゼミでの発表で使った際に皆さんに興味を持っていただいたのがきっかけです。学科内で利用する学生を増やし、プレゼンテーションスキルの上達に繋がればいいと思い開催を企画しました。

 誰かに教えるという立場は、学生である私にとって初めての体験であり、どのように進行をすればいいのか沢山悩みました。レクチャー形式でただ教えるだけでは楽しさや使い方を実感してもらえないと考え、「Your Story」というトピックで実際に個々で制作してもらいました。

 参加してくれた1年生たちは、最初は戸惑いながら制作していたのですが、たったの30分程度である程度の制作スキルを習得し、シンプルであるけれど、それぞれの個性を生かした素晴らしいスライドを作っていました。この経験は後輩たちだけでなく私自身の成長にも繋がったと感じています。これからの授業・社会で活用してくれると期待しています。

 そして、サポートをしてくれたアカネにも感謝です。二人で時間を作って内容を固めていくのは容易ではありませんでしたが、二人の知恵を合わせてスムーズに講習会を進行できました。また、レクチャーだけではなく先輩後輩の交流もでき、とても楽しく有意義な時間が過ごせたと思います。これから先、もっと学科内で学生が中心となって英コミ全体を巻き込み、色々な事に挑戦・企画・実践できるような環境にしていきたいです。

【参加生徒の感想】

1年生Aさん

 学寮で初めてPreziによる発表を聞いてから、自分もこんな発表してみたいとずっと思っていたので少しでもPreziについて知ることができて嬉しかったです。自分で考えればできる事は自由で無限大だとPreziの制作を通して学びました。人をよりグッと魅きつけられるようなプレゼンが今後もできるようになりたいです。そのための第一歩になりました。今日はお二人ともありがとうございました!

 

1年生Bさん

 学寮研修の時に初めてPreziを使ってプレゼンしてるのをみてすごくかっこよかったです!今回のクラスがなかったらPreziの存在も方法もわからないままだったと思います。操作はまだ慣れなくて難しかったです。でも、作っている時から楽しくてこれからプレゼンをするのも作るのも楽しみになりました。ありがとうございました。楽しかったです。

 

1年生Cさん

 学寮でプレゼンを拝見させていただいて、あの時こんなに英語が話せて、プレゼンもこんなに素敵でかっこいいものができたらどんなに楽しいんだろう!と見ていてとてもワクワクしたのを今でも覚えています。まやさん、あかねさんがPreziのワークショップをやっていただけると聞いて、私もできるようになりたいと思い参加させていただきました。実際に使ってみて、テンプレートを選ぶ時からワクワクとドキドキが止まらず、慣れない最初は難しいけれど、それよりも楽しいの方が大きかったです。来年からボストンに行った時や、3年生になってからもPreziを利用することは沢山あると思うので、1年生の今のうちから使って広めて行きたいです。本当にありがとうございました!

 

1年生Dさん

 学寮の時に先輩方がPreziを使ってプレゼンテーションをしていたのを見た時にとても衝撃を受けていて、ずっと何を使っているのかが気になっていたので、今回このような機会があり、参加させていただけてよかったです。まだまだ使いこなすには時間も技術も足りませんが、少しずつ使って、徐々に見ている人にも楽しめるようなものが作れるようになりたいと思いました。

11/10 英コミホームカミングデー開催について [2019年10月30日(水)]

 

英コミ卒業生の皆さま

 

11月10日(日)の秋桜祭2日目に13:00から15:00まで

3号館2階2S03教室にて英コミホームカミングデーを開催いたします。

 

皆さんが過ごされたボストン校の写真を展示いたします。

ぜひお立ち寄りいただき、懐かしい思い出話をお楽しみください。

 

英コミキャリア支援部

20191110 英語コミュニケーション学科 ホームカミングデーのご案内

10/26オープンキャンパス【学生レポート】 [2019年10月28日(月)]

こんにちは!

英語コミュニケーション学科4年、カオリです。

10/26(土) オープンキャンパスが開催されました。

 

公募推薦や指定校推薦前の受験生を含めた、沢山の方々に訪問していただきました。

 

 

学科ブースでは、留学、日本での授業内容、普段の学生生活の様子など、受験生の方々と様々なお話をすることができました。

 

 

昭和女子大学の英語コミュニケーション学科で学びたいという気持ちがとても伝わってきて、英コミの学生も何とか力になろうという気持ちにさせられました。

 

受験生の皆さん、本番でのご健闘をお祈りしております!

10/10特殊研究講座【学生レポート3年生】 [2019年10月11日(金)]

 

こんにちは!

英語コミュニケーション学科3年、ミノリです。

 

突然ですが、

皆さんの中学生・高校生時代の英語の授業を思い出してみてください。

どんなイメージが出てきますか。

 

「常にワクワクして、コミュニカティブな英語を学べる授業だった」と言える方は、とても素晴らしい経験をされたと思います。

一方で、「文法解説・テストの為の暗記・和文英訳の繰り返し」など、マイナスのイメージをお持ちの方もいらっしゃるかも知れません。

 

 

 

本日は、3限に特殊研究講座がありました。

「コミュニケーションを志向した英語学習と教育」について、和泉伸一先生にご講義頂きました。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

まさに和泉先生の授業は、冒頭の質問に対する前者の答えの様に、インタラクティブ且つ、新たな発見や学びのあるワクワクする授業でした!

 

特に、全体を通して、言語を学ぶ上で大切な三要素、”form” “meaning” “function”の大切さを理解することができました。

 

例えば、学校の文法の授業でよく取り上げられる”Do you have a pen?”という文1つ取っても、

文脈や状況”function”が変わると、そのものが表すメッセージ”meaning”も変化する事など。

本当にコミュニケーションで使える英語にするためのエッセンスを教えて頂けた気がします。

 

 

 

 

 

英語コミュニケーション学科では、全員が半年〜1年以上の留学経験をしています。

帰国後も、英語のコミニュケーション能力を高めるにはどうしたら良いのか という悩みは少なからず多くの人が持つものかもしれません。

 

先生はそれに対し、留学の生き生きした感覚を持ち、沢山の英語を聞く・読むことが大切だと仰っていました。

私の感覚としても、留学中と比べて英語を話す機会は減った様に思えます。

 

ただその中でも、たくさんの英語に楽しんで触れ、その中で英語の言い回しや表現などのformを学んでいくことで、身に付けた英語力を錆び付かせずにいられるのだと知り、とても勉強になりました。

 

 

 

 

 

教育実習を来年に控えているので、先生から学ばせて頂いた事を意識して、先生のようなインタラクティブな楽しい英語の授業を行いたいと思いました。

 

洋書を読む、映画を観る、動画を見る、ラジオを聞く…人それぞれ方法があると思いますが今後も続けけていきたいです。

10/10特殊研究講座【学生レポート4年生】 [2019年10月11日(金)]

 

こんにちは。

英コミ4年のモカです。

 

10月10日は、英語コミュニケーション学科の特別研究講座がありました。

上智大学より和泉教授がお越しくださり、「コミュニケーションを志向した英語学習と教育」というテーマの  

もと、英語学習において必要な3つの要素について学びました。

 

 

 

 

和泉先生の講座は、講義形式ではなく、隣に座っている人と握手をしてから始まり、

2人ペアでシチュエーションを

考えるというインタラクティブな講座でした。

参加型の講義で、私たち学生は楽しみながら学ぶことができました。

この講座を通して、私は自分が行った教育実習での授業のことを振り返りました。

 

 

 

 

 

 

 

和泉教授に教わった、英語学習に必要な「Form」「Meaning」「Function」の3つの要素を

満たしていたかと 思うと、「Form」に偏った授業になっていたなと反省をしました。

 

 

 

 

 

これから教育実習に行かれる方にとっては、本当に参考になるお話だと思いました。

もう教育実習に行ったという方には、これまでの授業づくりについて振り返ることのできるお話だと思いました。

そして私たち英語学習者にとっては、これからどのように英語を勉強していけば良いかということを考える

とても貴重な時間であったと思います。

この講座で学んだことを活かして、また英語学習に励みたいと思いました。

【イベント告知】SWU America Challenge開催のお知らせ [2019年10月10日(木)]

 

昭和女子大学英語コミュニケーション学科では、新しい時代「令和」の年末に新しいイベントを開催します。
その名も、SWU America Challenge。大学生3名1グループで参加する、アメリカ合衆国に関するクイズ大会で、
質問・解答は全て英語で行われます。出題方法も選択方式、早押し方式、筆記問題と様々です。
大会終了後には懇親会もあり、他大の参加者の皆さんとも交流を深められます。
また、決勝戦に進んだ上位3チームには素敵な副賞もご用意しています。

来年2020年のオリンピック開催時には、世田谷区はアメリカ合衆国のホストタウンとなります。その世田谷にある
本学にて実施されるこのイベントを通して、皆さんのアメリカ合衆国に関する知識と英語力を試してみませんか。

参加希望の皆さん、チラシのQRコードから「実施要項」をご確認の上お申込みください。また、観覧のみの方も参加可能です。こちらもQRコードからお申込みください。
https://forms.gle/hsjJKzNDs5BfEDE16

皆さんの積極的なご参加、お待ちしています!12月7日にお会いしましょう!

昭和女子大学 英語コミュニケーション学科
SWU America Challenge 企画グループA4_out