「我謝 京子先生(英語コミュニケーション学科客員教授)特別講義について」② [2020年12月11日(金)]

こんにちは。英語コミュニケーション学科3年ユウナです。

今回、海外でジャーナリストとして、また映画監督としても活躍されている我謝京子さんの講義を全5回受講させていただきました。きっかけは、将来マスコミ業界に就職すること考えていることもあり、“映像を通して伝える”ことに関して興味があったからです。

今回の講義は、ただ話を聞く受け身の講義ではなく、実際に私達生徒も参加し意見交換をする主体的なものでした。自己紹介の練習では、限られた時間の中で映像を通して自分の言葉を伝える難しさや、印象に残る言葉のチョイスと表情のポイントを実践を通して学びました。また、様々な映像を見て、自分が何を思い考えたのか、他の生徒と交換しあいました。普段関わることのない学科や年齢も違う生徒と、濃いコミュニケーションを図る良い機会になったと思います。

何より、海外で働く女性として第一線で活躍される我謝さんの、考えやお話を聞くことができて、とても貴重な経験になりました。自分の将来働くことについて考える良いきっかけになったと思います。

皆さんも、昭和女子には様々なプログラムや、講義があるので、興味のあるものにはどんどん申込み、学びを深めていってください。私も頑張ります。