ウクライナ、キエフにて [2010年09月21日(火)]

9月1日(水)成田を出発、ドイツのミュンヘンを経由して、空路キエフに到着。機内で渡されたイミグレーションカードを緊張して迎えた入国審査の際に押印してもらえる人とそのまま返される人がいたことが判明、出国の時に困ると不安がいっぱい!管理管に確認すると、もう必要ないとのこと。今年の初めの選挙で大統領が新しくなり、新しいルールだとのこと。ウクライナらしいと心配と不安がいっぱいから安堵の笑いへ。
9月2日(木)準備を進めて楽しみにやってきたキエフ大学(タラス・シェフチェンコ大学)の外国学部で日本語を学んでいる学生との交流会。温泉から若者ファッションまでのプレゼンテーションの合間に、日本より持参したお菓子や試してもらったり、ファッション雑誌をまわして、食いつくように見入る女子学生の姿に、若者はどこでも同じだと痛感!これをきっかけに、午後は、ウクライナの学生が学生を連れてキエフの町の案内に、夕方のホテルでの集合時間に送ってきてくれた学生との別れがたい写真撮影会!嬉しい研修の始まりとなったと思います。
9月3日(金)日本に留学経験もあり、NHKの仕事の手伝いなども経験したウクライナのオーリャ(オリガ)の案内で、モスクワ司教座傘下のペチェルスカヤ修道院を訪問、ナポレオン時代のドラマの撮影に遭遇したり、結婚式のカップルと一緒に写真を撮ったり、寒かったけれども、楽しい時間でした。キエフでの写真を何枚か紹介します。(S.S.)