創立94周年記念式

風薫る五月になりました。本日、人見記念講堂で創立94周年記念式が挙行され、新入生が式服を着用して、参加しました。荘厳なバッハのトッカータとフーガのオルガン演奏に続き、
創立者、人見圓吉先生の「開講の詞」が流れ、昭和学園の歴史を第3代理事長、人見楷子先生がスライド『学園の創立に寄せて』を用いて解説されました。詩人でありながら、女子教育の必要性を痛感され、トルストイ、タゴールの思想に共鳴して社会に役立つ女性の育成に心血を注がれた創立者の精神は昭和女子大学に今も生き続けています。この式典では、「人見記念奨学金」、「成績優秀者奨学金」を授与された現代教養学科の学生もおり、後輩の励みとなったことでしょう。

(記事:T.K.)