現代教養学科主催「足跡つなごう! CLA・聞かせて先輩!」 [2018年12月05日(水)]

みなさん、こんにちは。現代教養学科です。

今回は2018年12月1日(土)に開催された学科オリジナルのキャリア支援イベント「足跡つなごう! CLA・聞かせて先輩!」のご紹介をします。

「足跡つなごう!」は現代教養学科を卒業して社会人として活躍されている先輩をお招きして、就職活動や社会に出て働くことなどについて、ざっくばらんにお話を聞くというものです。
今回、お話をしてくれた卒業生の方は、メーカー、IT、広告系にお勤めの3名でした。みなさん、ご自身の就活経験や今担当しているお仕事、転職経験のお話などをとても気さくにお話しいただきました。この場を借りて、参加された卒業生の方々に厚く御礼申し上げます。

在学生の方はというと、1年生から3年生まで計14名が参加しました。在学生の感想をいくつか紹介します。

「就活について何もしらない状態だったので、先輩方のお話をきいて、いつ頃から準備を始めたのか、キャリア支援センターの活用の仕方、アピールの仕方など細かいことや、早すぎてダメなことは絶対にない!!という心持ちなど教えていただけて良かったです。」(1年 M.N)

「行きたい企業ややりたいことを決めきれずにいたので様々なお話を聞けてすごく参考になりました。入った企業にこだわるのではなく、会社でどれだけキャリアを積み、スキルを身につけられたかが大切だということなので、広い視野で自分の将来を考えたいと思います。」(3年 A.A)

「必ずしも自分の思い通りの職に就けるとは限りませんが、その場合でも何か学びになることはないか、どうしたら相手のためになるかを考えてお仕事をされている姿を見習おうと思いました。」(3年 M.K)

「最近、インターンシップに参加しているのですが、業界が偏ってしまっていて、視野が狭くなってきている気がしていました。色々な業界を見られる今の時期だからこそ、ITや広告など全く見ていなかった業界のお話も聞けて勉強になりました。」(3年 A.H)

「足跡つなごう!」はその名の通り、現代教養学科を卒業されていった先輩方の足跡を、後輩のみなさんにつないでいこうというものです。今回、参加した在学生のみなさんには、ぜひ納得のいく卒業後の進路を見つけていただき、将来、今度は自らの足跡を後輩につないでいってほしいと思います。

(記事:T.O)