【東京社会調査研修レポート⑯】1年間、本当にありがとうございました。 [2020年04月10日(金)]

こんにちは!

現代教養学科「東京社会調査研修」広報担当の久村です。
昨年11月にパネル展示会を終えてから久しく更新していませんでしたが、2019年度の社会調査研修ブログは今回のブログで最終回を迎えます。
去る2019年11月、パネル展示会を無事に終えた私たちは、研修の最終段階である報告書の作成に取り掛かりました。

展示用のパネルとして、魅せ方に拘りながら作り上げたレイアウトを、今度は報告書という形でアーカイブスにすべく、報告書チームを中心に昨年から作成していたのですが、、、
先月、遂に報告書が完成しました!!!
完成した報告書はまだ実際に見ることが出来ていませんが、私たちの1年間の活動記録とも言える報告書がどの様な作品になっているのか、完成品を見るのがとても楽しみです!

今回の研修の目的は、東京の過去・現在を私たちの目線から捉えた上で未来について考え、記録として残す事でしたが、
研修を終えてみて、私たちがいかに多くの方々に支えられているかということを実感した1年でもありました。
最後になりますが、「東京社会調査研修」を実施するにあたり親切にご指導くださいました講師の先生方、講演会や展示会に来てくださった皆様、アンケートに協力してくださった皆様、2019年度の「東京社会調査研修」に関わってくださった全ての皆様にこの場をお借りして、厚く御礼申し上げます。

私たちはこの研修で学んだことを糧に、今後も様々なフィールドで力を発揮しながら活動していきます!

1年間、本当にありがとうございました。