特別の卒業式 [2018年03月23日(金)]

 3月16日は、昭和女子大学の卒業式でした。4学部12学科の計1,281名と大学院博士と修士取得者の26名合わせて、1,307名が新たな道へと巣立っていきました。

 今年の卒業式は、特別に感慨深いものになりました。

 皆さん、上は何の写真がわかりますか。「学士学位」は読めると思いますが、その後の「证书」はどんな意味でしょう。「证书」は中国語で、「証書」の意味です。「学士学位証書」の上のロゴは、昭和女子大学のものではなく、上海交通大学のものです。 ロゴの上部に右から「交通大学」と書かれていて、下部にはSHANGHAI JIAO TONG UNIVERSITYとあります。

 この学士学位証書を受けたのは、初の昭和女子大学と上海交通大学のダブル・ディグリー取得者である国際学部国際学科の10名です。式典では、卒業生10名の皆さんの健闘を参列者全員が心からお祝いし、上海交通大学を代表して、中国から来日し臨席してくださった劉建新・上海交通大学人文学院書記が、上海交通大学学長の林忠欽様のお祝いのことばを代読してくださり、駐日中国大使館参事官で大使夫人でもある汪婉様からもお祝いのことばをいただきました。感激的でした。上海交通大学からは、昭和の留学生が日頃から大変お世話になっている段先生も来日されました。

 証書には、英文も記されていて、次の様に書かれています。

 英文中の下から5行目のdulyは「正式に」という意味です。こちらは卒業証書。もう一種、学士の学位(BA)を授与することが書かれた証書もあり、ダブル・ディグリーを受けた10名は、上海交通大学から2種と昭和女子大学から1種(卒業と学位が一枚に記されています)の3種の証書を受けて、溢れんばかの笑顔で、本当にうれしそうでした。より多くのダブル・ディグリー取得者が継続して出ることを祈っています。努力をすれば、必ず報われるのですね。10名の皆さん、本当におめでとうございました。

※学長ブログは春休み中更新をお休みいたします。次回更新は4月6日(金)を予定しています。