第5期生・ドイツ留学便り~ライプツィヒ大学 4月編・その2~ [2019年06月26日(水)]

<日本の授業との違いはありますか>
日本の授業との大きな違いの一つ目は授業時間の短さだと思います。interDaFでは毎日朝の8時から始まり午後1時15分に終わります。そのため短時間で集中して授業に取り組むことができています。また同様に授業時間が短いからこそ自習にしっかりと取り組む必要があるなとも感じています。二つ目は授業中の積極性の重要さだと思います。日本の学生は先生に当てられるまで待っているのに対して海外からきた学生は当てられずともすぐに発言します。また理解を深めるため恥ずかしがらずに少しでもわからないことがあればすぐに先生へ質問をすることも大切だなと思います。

InterDaFの研修旅行
~世界遺産の古都クヴェートリンブルクへ~①

InterDaFの研修旅行
~世界遺産の古都クヴェートリンブルクへ~②

<留学して感じた日本との違い、カルチャーショックを教えてください>
日本人とドイツ人は時間をちゃんと守るなど基本的に性格が似ていると感じるのであまりカルチャーショックは受けていないですが、上でもあげたように授業中の積極性の違いに驚きました。次に答えるのが私の番でもほかの生徒が答えてしまうということがたまにあるくらい海外の生徒は積極的です。私も頑張らないといけないなと思いました。またこれはドイツだけでなくヨーロッパ全体で言えることかもしれないですが、駅に改札がなく自由に電車に乗ることができてしまいます。しかしたまに切符確認の担当の人がきて一人ずつ確認され持っていないと高額な罰金を払わなければならないのでこの制度には驚きました。

<イースターはどのように過ごしましたか>
私たちはイースター休みが4日ほどありましたが、ドイツではイースターは大事な祝日であるため町の多くのお店が閉まってしまいます。そのためショッピングに出かけるというよりは近くの公園でジョギングをしたり、部屋の掃除や洗濯をするなどゆったりと過ごしました。そのほかには、markt広場で開催されていたイースターフェスティバルを訪れました。そこでは多くの人がビールやソ-セージを味わいながら劇団の無料コンサートを見たり、イースターの特有の卵のデザインをあしらった雑貨などを買ったり楽しんでいました。私もその空間にいるだけで楽しくなれるようなすてきなお祭りでした。

マーケットで開かれていたイースターフェスティバル

イースターフェスティバルは沢山の人で賑わっていた

☆Y・N☆

第5期生・ドイツ留学便り~ライプツィヒ大学 4月編・その1~ [2019年06月24日(月)]

<日本の授業との違いはありますか>
大きな違いはスピーキングの練習が多いことです。日本では文法を中心に学んでいたのでドイツ語を使って自分の意見を言う場面が少なかったですが、語学学校の授業は先生に突然意見を求められたりするので最初はうまく自分の言いたいことが伝えられなくて葛藤していました。二ヶ月が過ぎて授業中に先生が使っているフレーズやテストに関係なくても新しい単語が出てきたら自分で単語帳を作ったり、クラスメイトが使っているフレーズや表現方法を真似したりしているうちに自分の意見を初めよりは抵抗なく言えるようになった気がします。日本やボストンで文法をやってきたおかげで遅れをとらずに授業を受けられています。五月から新しいセメスターが始まるので今度は正しい発音で話せるように練習をもっと積み重ねていきたいと思います。

授業で使っている教科書

勉強机の壁

<留学して感じた日本との違い、カルチャーショックを教えてください>
ドイツに来て二ヶ月が経ちましたが、ドイツの人は朝が早くて午後は家族と過ごしたり友達と遊んだりしている人が多くて驚きました。日本では平日の午後に家族で過ごしているのは珍しいと捉えられますが、ドイツでは当たり前です。また、日本はお父さんが朝から夜まで働いてお母さんが小さい子供と出かけているのをよく目にしますが、ドイツはお父さんが小さい子供を連れて外を歩いているのをよく見かけます。また語学学校の先生にもいますが、有給を一週間から二週間取るのが当たり前で、私のクラスの担当の先生もテスト前に有給を取っていました。ドイツ人は自分の時間を大切にしていて、仕事第一の日本人とは大きく違うなと思いました。

最終テスト終わりに公園でcurrywurst(カリーブルスト)

<イースターはどのように過ごしましたか>
イースターは授業もなく四日間休みだったので一日を使って日帰りでプラハに行きました。ヨーロッパの良いところは簡単に国境を越えられるところだと思います。プラハへはバスで行きました。プラハも街はイースター仕様になっていてたくさんの観光客がいました。チェコは独立して30年ほど経ちますが、まだ歴史的な建造物がたくさんあり、ドイツとはまた違う雰囲気を感じることができました。言語は全くわからないチェコ語でしたが、プラハは観光地のためか英語とドイツ語表記を街中で何度か見かけたり、値段もコロナだけでなくユーロ表記もしていたり、いろんな文化が混合していて面白いなと思いました。その日はイースター当日だったので市場ではたくさんの露店があり、賑わっていました。日本にはない、ヨーロッパで経験できるイベントを現地で過ごせてとても貴重な経験ができました。

イースターのプラハ

☆R・M☆

6/23(日)オープンキャンパス [2019年06月24日(月)]

6月23日(日)のオープンキャンパスの国際学科の展示ブースと学科説明会には、例年よりも多い高校生の方や保護者の方が集まれ、盛況になりました。

大盛況だった学科説明会

展示ブースでは、入試の形態や留学先での勉強・生活、英語ともう1つの外国語の達成する目標、他学科との違い、ダブルディグリープログラム、就職先などについて、たくさんの質問が寄せられました。

学科ブースの様子

留学体験報告会では、ドイツ、フランス、スペイン、中国、韓国、ベトナムに留学した在学生は、積極的に留学プログラムや授業の特徴、寮生活、食文化、現地の住民、留学生との交流などについて、分かりやすく紹介し、好評でした。

学生による留学体験談

体験授業「ベトナムと日本の交流:歴史と現在」では、本学科の教員が、身近になりつつあるベトナムと日本の間の交流などが紹介され、注目されました。

体験授業の様子

第5期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 4月編・その2~ [2019年06月22日(土)]

<大学の設備、図書館、キャンパスの雰囲気などを教えてください>
私たちが通っている施設は大学ではなく留学生用の学校であるので、大学そのものの雰囲気を感じることはあまりない。しかし、図書館は現地の学生と共用である。アルカリングアは先生たちがとてもフレンドリーで、何か疑問点があればすぐに質問ができる環境が整っている。また、教室は少人数制のため少し小さいが、問題なく勉強することができている。図書館は席数が多くWi-Fi環境が優れているため、とても利用しやすい。日本と同じように図書館内は静かでテスト前など頻繁に利用している。アルカラ大学は世界遺産にと登録されていて、授業の中で見学に行った。大学とは思えない構造で、様々な会議や授賞式なども行われ、深い歴史を持っていることを知り、この大学の環境で学ぶことができていることを誇りに感じている。

授業の様子

図書館

<ホームステイ先で楽しいことは何ですか>
ホームステイ先で楽しいことは、普段の家族とのコミュニケーションである。その日にあったこと、最近のニュースの話など様々なことを話す。ニュースの話題ではそれに関連したスペインの情報などを教えてもらえるので為になるし、とても嬉しい。時々、親戚を招いて昼食などを一緒にとることがある。その親戚の方々は私のことをとても気にかけてくれており、会話も弾む。家族だけで話していると私は置いていかれてしまうこともあるが、今は何について話しているのかなどしっかり理解することを心がけている。また、その話題がわからなくてもその場の雰囲気などが明るいのでとても楽しい。最近は暖かくなってきているので、週末は庭で昼食をとることが多いのだが、それも日本ではあまり経験できない為とても貴重であるし、楽しみの一つである。

ホストファミリー

<セマナ・サンタはどのように過ごしましたか>
セマナサンタは長い休みだったので、前半は家で過ごした。家ではホストファザーがセマナサンタの伝統菓子を作っていて、私も食べさせていただいた。トリハというものでフレンチトーストに似ているものである。また、日帰りでアンダルシア地方のセビージャを訪れた。そこでもトリハを食べたが、私が住んでいるマドリード地方とは味が違い、文化の違いを感じることができた。また、セマナサンタは聖週間であるので各地でproseciónという行進が行われとても厳粛で神聖な雰囲気に包まれていた。それまで人がたくさんいるところで賑わっていても、神を象徴する台車が近づくと人々は一斉に黙るのである。私はその光景に驚き、感銘を受けた。セマナサンタでは街中がproseciónの為に準備を行い、人々もスーツなどをきてめかしこんでいた。そのような文化は初めて見た為、とても興味深かった。セマナサンタはスペインにとって重要な行事である。この留学中に参加し経験することができてとても嬉しかった。

セマナサンタのセビージャのproseción

☆A・H☆

第5期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 4月編・その1~ [2019年06月20日(木)]

<大学の設備、図書館、キャンパスの雰囲気などを教えてください>
キャンパスや図書館などは、大学の設備を使えるのでとても綺麗です。今回は中間テストがあったので利用しましたが、毎回静かで個室なっているのでとても集中しやすくいい環境だと思います。授業の教室は、少し狭く机が小さいため少し勉強しにくいとは思いますが、慣れました。また、設備についてではないですが、スペインは日が長いので勉強しやすい環境だなと思います。夜まで勉強してもまだ明るいので帰る時も危ないと感じることもないのですごくその点は良いことだと思います。残り最後のテストも、図書館などを利用して頑張りたいと思います。

テスト勉強で図書館を利用した帰りに撮影したアルカラ大学

<ホームステイ先で楽しいことは何ですか>
毎日が楽しいなと思います。一緒に映画を見たりご飯を食べたり、休日は一緒にお庭でお茶をしたり、バーベキューをしたり、何気ないことですがそれもあと1ヶ月だと思うと寂しいです。ホームステイをする前は不安でいっぱいでしたが、今はホームステイをしてよかったなと思います。自分に自信がつくし、文化に触れるためにはホームステイが1番良いと思いました。家族でそれぞれ違うとは思いますが、私は今のこの家族に出会えて本当にたくさんのことを教えてもらいました。そして本当の家族のように扱ってくれて、帰りたくないなとも思います。違う環境でどう頑張るか、どう接するか、難しいことだとは思いますが自分には良い経験だったなと思います。

<セマナ・サンタはどのように過ごしましたか>
セマナサンタは家族の親戚と一緒に、アルカラのセマナサンタのを見に行きました。初めての経験で、また雨予報ではありましたが少し晴れたので生で観れたことにはとても感動しました。街の人が何ヶ月も前からたくさん練習して、この日のために頑張っていることを知り、スペインの人にとってセマナサンタは大切な行事なんだなと感じました。また、もう一度セゴビアに行きました。来た当初一度行きましたが、今回はゆっくりじっくり観光しました。天気も良かったので水道橋やアルカサルやカテドラルなどもより美しく見えました。とてもよい休日を送ることができて良かったです。

セマナサンタの休みに行った王宮

トレドにある博物館から見える景色

セマナサンタの休みに行ったトレドにて~トレド全体を見れる場所~

☆J・I☆

第2期生・ベトナム留学便り ~ ベトナム国家大学ハノイ校 4月編・その2~ [2019年06月18日(火)]

<一番大変な授業は何ですか>
一番大変な授業は、長文読解の授業だ。読む物自体は、ベトナムの文化や観光地について書いてあり面白いのだが、教科書には新しい単語が多い。そのため予習無しでは授業についていくことが出来ない。授業の前に必ず単語を全て調べ、問題を解いてから出席するようにしている。日本で購入した辞書は単語が少なく、調べても載っていないことが多い。そのため、ベトナムで購入した辞書を使用したり、ネットで画像検索をして単語の意味を調べている。一番予習に時間のかかる授業だが、その分新しい単語を多く身に付けることが出来ると感じる。

長文読解で使っている教科書

<仲良くなった友達について>
特に仲良くなった友人は二人いる。一人は、日本語を学んでいるベトナム人で、近所に住んでいる日本語教師の方を通して知り合った。週末にカフェで一緒に勉強をしたり、ハノイを案内してくれた。最近故郷に帰ってしまい、会えなくなってしまったが、たまに電話をしている。6月から日本で働くそうなので、日本で会う際には案内をしたい。もう一人は、医療系の仕事をしているベトナム人で、以前ホアンキエム湖で知り合った。英語が得意なため、分からないときは英語に訳してくれ、文法ミスはすぐに直してくれる。遊びに行った際には、ベトナムについて色々教えてくれ、非常に優しい方だ。

ベトナム人の友人と行ったライブハウスカフェ

スリランカ人の友人の誕生日パーティー

<留学して良かったと感じるのはどんな時ですか>
留学に来て一番良かったと感じる点は、学習したことをすぐにアウトプット出来る点だ。日本にいた時は、授業以外でベトナム語や英語を話す機会はほとんどなかった。だが今は、生活をする上で日本語は通じないため、必ず外国語を話す必要がある。学んだことを、すぐに実用することは語学学習の上達に有効な手段だ。その他にも、ベトナムについて深く知ることが出来て良かったと思う。留学前はベトナムについて何となくのイメージしかなかったが、実際に生活することで、文化や人々の生活に触れ、ベトナムに対する知識が留学前と比べて深まったと感じる。

☆S・O☆

第2期生・ベトナム留学便り ~ ベトナム国家大学ハノイ校 4月編・その1~ [2019年06月16日(日)]

<一番大変な授業は何ですか>
ベトナムでの授業で一番大変な授業は火曜日と木曜日の先生の授業です。火曜日と木曜日の先生は、文法もやりますが、リーディングをやることが多いので、単語の意味調べが大変です。ベトナムに来てから辞書で単語が出てこないことが時々あったのですが、最近はさらに出てこないことが増えてきて、さらに単語の区切れが分からないこともあるので、授業内で先生に聞くことも多いです。それでも日本語にはない単語の使い分けや表現もあるので、そういう時は何となくのニュアンスで覚えているのですが、日本語に訳せないとやはりすっきりしないことがあって大変です。

<仲良くなった友達について>
ベトナムに来たばかりのころによくホアンキエム湖に遊びに行っていて、そのころに知り合った子とは今でも仲がいいです。ホアンキエム湖で知り合った友達は、ほとんど毎日ホアンキエム湖に来ているらしくて、いつも湖の近くで座って話しています。いつもいる子も何人かいるのですが、行くたびに知らない人が誰かしらいて大人数で会うことが多いです。いろいろな人と知り合えて楽しいのですが、名前を覚えるのは大変です。会う友達は全員ベトナム人なのですが、話すときは、ベトナム語と英語と日本語が飛び交って混沌としていて、でもそれが面白く感じて気に入っています。

ホアンキエム湖にて①

ホアンキエム湖にて②

<留学して良かったと感じるのはどんな時ですか>
留学してよかったことは、一人でも出かけられるようになったことです。留学前は道や電車を間違えるのが怖くてあまり一人で出かけるのが好きではなかったのですが、ベトナムでは、道を知らない方が普通なので、道を間違えても仕方がないと思えるようになって、さらに日本では、みんな誰かと一緒に出掛けている気がしていましたが、意外と一人で出かけている人は多いのだなと気づいて、一人でも出かけられるようになりました。

☆I・Y☆

第9期生・韓国留学便り ~ソウル女子大学校 4月編~ [2019年06月14日(金)]

<一番大変な授業は何ですか>
一番大変な授業は国文学史Ⅰという授業です。この授業は韓国の古典文学の歴史を学ぶものなのですが、日本語で日本の古典文学を学ぶことも難しいと感じるので、韓国の古典文学を韓国語で学ぶこの授業も当然にとても難しく大変に感じています。さらに、授業内容が難しいだけでなく毎週の予習(課題)もとても大変です。500ページ前後ある教科書を1学期の間に3冊使用するのですが、それらの教科書を毎週100~150ページ程度読み、読んで考えたことをA4半ページ分書き、他の学生が書いた感想に3人分コメントを残さなければならないという課題なのですが、内容も難しく毎週とても時間がかかるので大変な授業だと感じています。

1番大変な授業の教科書

<仲良くなった友達について>
私が韓国で仲良くなった韓国人の友達は日本語学科の友達がほとんどです。知り合ったきっかけは前学期に、日本語学科から韓国学生6人、日本学生6人の少人数で週1回ペースで交流をするという集まりの募集の連絡が来てその交流会に参加したことでした。交流の内容としては、校内と野外の2つの活動がありました。校内では毎回主題を決めてお互い勉強している言語で意見公開をするというもので、野外活動では漢江やロッテワールド、韓屋村などに行きました。このような交流を通して自然と仲が深まり、活動日以外でも個人的に集まりご飯に行ったり話をしたりしながらお互いのことを知ってより仲良くなれたと思います。

日本語学科の友達と漢江へ

日本語学科の友達とロッテワールドへ

韓国の友達が連れて行ってくれたカフェ

<留学して良かったと感じるのはどんな時ですか>
私が留学して良かったと感じることは、時間の使い方を工夫するようになったことと、物怖じしなくなったことです。まず時間の使い方に関しては、今まで実家暮らしだった為に自分のやりたいことをやる時間は十分に確保されていたのですが、留学中は寮生活のため自分のことはすべて自分でしなければならず、生活しながら自然に時間の使い方を工夫するようになりました。また、海外での生活の中では常に自分が外国人であり、言葉も外国語を使いながら生活し、一人行動も多くなったために物怖じしなくなり多くのことにチャレンジ出来るようになりました。

一人行動例①コンサート観覧

一人行動例②音楽番組の公開収録に参加

☆S・O☆

第9期生・韓国留学便り ~国民大学校 4月編~ [2019年06月12日(水)]

<一番大変な授業は何ですか>
一番大変な授業は英語で読む日本という授業です。英語で書かれた日本に関する論文や新聞をよんで、その内容について韓国で討論する授業です。韓国語で討論するので韓国語はもちろん、英文を読んで理解しないと討論に積極的に参加できないので、英語の読解力も必要になります。私は英語ができないので、授業の前にあらかじめ単語を調べなければならないので大変です。論文や新聞は量が多いので時間もかかります。大変ですが、日本や日韓問題をアメリカなど第3の視線から見ることになるので勉強になります。

영어로읽는일본(英語で読む日本)という授業の資料①

영어로읽는일본(英語で読む日本)という授業の資料②

<仲良くなった友達について>
私は、サークルで知り合った友達と、とても仲良くなりました。お互いのことをよく知っているし、悩みがあったらその友達にすぐに言います。その友達とはいつもふざけてばかりいるけど本当に悩みがあるときはお互い助けてあげるいい関係だと思います。学科も違うし、同じ授業はひとつもないけど、昼頃になるとご飯たべた?とお互い連絡をしあって、学食や学校の周りでご飯を食べます。一緒にいてとても楽だし、たのしい友達です。

仲良くなった友達たち

仲良くなった友達の誕生日祝い

<留学して良かったと感じるのはどんな時ですか>
留学してよかったと感じる時は語学力が伸びたことが実感できる時です。特に、夢に出てくる言語が韓国になったり、ひとりごとや、びっくりした時や怒った時に無意識に出る言葉が韓国語だと語学力が伸びたことを実感します。そんな時に、留学してよかったと感じます。ここまで語学力を伸ばすには留学なしでは実現されなかったことだと思っています。まだ言い回しや専門用語など分からない単語やまだ出会った事のない韓国語はまだまだきっと多いと思いますが、向上心を持ち続けて、語学力を伸ばしていきたいと思います。

友達とジュースを賭けてゲーム~私がよく負けます~

☆N・T☆

第9期生・中国留学便り ~上海交通大学 4月編・その2~ [2019年06月08日(土)]

<一番大変な授業は何ですか>
必須科目よりも一般教養科目のほうが大変です。必修科目はほとんどが昭和だし先生方も私たちの顔と名前、レベルを分かってくださっているので、とても分かりやすいです。しかし一般教養は人数も多く、週に一回しかないのもあって、ついていくのが大変です。その中でも大変な教科が中医です。中国の昔の医学等についての授業です。多分日本語でも専門用語や人物名が出てきて理解するのが大変なのに、それを中国語で説明されるので本当に大変です。五月の中ごろにレポート提出があるので頑張ります。

<留学して良かった、と感じるのはどんな時ですか>
普段から中国の文化や習慣、中国人の考え方に触れられることです。半年以上いてもまだまだ、こういう考え方をするんだなどと感じることがよくあります。また授業では他の国の留学生と一緒に勉強しているので、中国だけでなくいろいろな国を少しずつ感じれているような気がします。うまく言葉では表せないけれど同じアジアでも国ごとに服装が違ったり、雰囲気が違ったりして、とても興味深いです。これらは目に見える文化の違いだけれど、もっと考え方などの目に見えない文化の違いもこれからたくさん知っていきたいです。

<清明節はどのように過ごしましたか>
4月6日に日中友好成人式があり、私は実行委員の一人として参加しました。実行委員は、交通大学の留学生だけでなく、復旦大学、華東師範大学、上海外国語大学等の様々な大学の留学生で構成されています。大学が違うので毎週末決まった場所に集まって会議をしていました。実行委員をあまりやるようなタイプではなかったけれど良い機会だと思って参加しました。当日は中国、日本のたくさんの新成人の方が参加して下さりました。私たちが考えた企画で盛り上がっていて一生懸命考えてよかったと思えました。留学先の中国で母国の文化を紹介することに携われてよい経験になりました。

成人式当日の集合写真

成人式当日の様子

参加者の方に横断幕に20歳の目標や抱負を書いて頂きました

成人式実行委員とボランティアスタッフのメンバー

☆C・S☆