2015年4月

第5期生・上海交通大学留学便り ~3月編・その2~ [2015年04月29日(水)]

<一番印象に残った授業は何ですか>
リスニングの授業が一番印象に残っています。
トピックが現代社会についての問題が多いので、中国人の生活についても学ぶことができます。
そして、授業で教科書のトピックに関連したニュースの動画を見ることがあります。
見る前にまず、そのニュースの単語が書かれたプリントをみんなで予習し、
それから、ニュースを見て、プリントの問いに答えます。
興味深かったのは、専業主婦の問題についてです。
韓国と日本と中国の女性のライフコースについて発表し合ったり、
みんなで考えたりすることは、他国の文化を知るための良い機会であったと思います。

<寮での生活で大変なことはありますか>
今季から、隣の新しくできた桃李园に引っ越しました。
ルームメイトは中国人です。彼女は、东北出身の交通大学の博士課程の学生です。
話しやすいし、すごく優しいです。初めてのルームメイトとの生活なので、
心配なこともありましたが、いまのところ順調です。
ルームメイトとも上手く生活できていると思います。
しかし、掃除の当番などは、まだ決めていないこともあるので、これから決めていきたいです。

<留学をして半年が経ちましたが、留学前と比べ自分自身が成長していると感じることはありますか>
勉強に対する姿勢に変化があったと思います。
やはり、現地での生活は私のモチベーションを高めるための要因になっているのではないかと改めて思いました。
日本にいる時は、中国語の勉強をしない日もありましたが、
この留学を無駄にしたくないという気持ちが大きくなったためか、
今では時間を作って自分から進んで勉強するようになりました。
当初は、授業はすべて中国語で行われ、不安しかありませんでしたが、
段々と耳も慣れてきて、聞き取れるものが多くなってきているのを実感しています。

☆H.K.☆

授業紹介:「国際社会入門」 [2015年04月27日(月)]

国際社会は2000年に、すべての子どもと大人が基礎教育を受けられるよう「Education for All(万人のための教育)」を2015年までに達成することを約束しました。しかし2015年の今も世界には小学校に行けない子どもが5780万人、読み書きができない大人が7億8100万人います。この現状を世界中で同じ時期に学び、教育の大切さについて考える市民によるイベント「世界一大きな授業」に、「国際社会入門」の授業で80人が参加しました。

世界一大きな授業に参加

世界一大きな授業に参加

この国際的なキャンペーンは、「すべての子どもに教育を」をメッセージに、2003年に始まり、今年も100カ国以上で市民団体が協力し、4月26日~5月31日まで、いっせいにアクションをとり、各国政府に解決策を提案し働きかけます。[教育協力NGOネットワーク(JNNE)<http://www.jnne.org/gce/>参照]

こうした参加型の体験学習、途上国や世界の現状を知り、グループ・ディスカッションをし、政策提言活動を試みることは、開発教育・地球市民教育と呼ばれ、参加者も、より理解が深まり、印象に残るようです。

学生からは、小学校に行けない子どもや読み書きができない大人がこんなに多くいるとは知らなかった、自分が恵まれていることがわかった、などの感想が多く聞かれました。また国会議員や首相への解決策の提案には、こうした途上国の現状を小さい時から学校で教えると良い、もっと政府開発援助を基礎教育へ、途上国政府もしっかり基礎教育をするべき、などの意見がでました。

米倉

第5期生・上海交通大学留学便り ~3月編・その1~ [2015年04月24日(金)]

<一番印象に残った授業は何ですか>
上海語の授業です。上海語の授業を受けるまでは、
中国全土で使用されている普通话と比較して、
こんなにも多方面にわたる違いがあると思わず、とても驚きました。
日本でいう関西弁のようではなく、方言レベルを超えており、
本当に上海市内でしか通用しないんだということを知りました。
まるで他の国の言語を学んでいるようでした。
しかし、上海語は広東語などと比べて、影響力があまりなく、
絶滅の危機にあるとも言われています。
上海に住んでいる以上、上海語についてもう少し勉強する必要があると感じました。

<寮での生活で大変なことはありますか>
寮での暮らしはだいぶ慣れて、ほとんど困ることはなくなりました。
しかし、この季節の変わり目に風邪を引いてしまい、本当に辛かったです。
日本にいる時よりも、環境の変化により風邪を引く回数が多くなってしまったので、
もう一度体調管理をしっかりしていきたいです。
あと修理や点検のため、定期的に水や電気が止まることがありますが、
それを確認しないでいつも通り過ごすと、あとで大変なことになってしまいます。
友人同士で情報の共有をしていきたいと思いました。

寮の近くで咲いていた桜

寮の近くで咲いていた桜

<留学をして半年が経ちましたが、留学前と比べ自分自身が成長していると感じることはありますか>
コミュニケーションをとる時に中国語が自然と頭の中から出るようになりました。
中国人と話す時に、ネイティヴの人が話す中国語を追うことに必死になり、
以前は話の内容を聞き直してしまうことが多々ありましたが、この頃はそれも少なくなりました。
中国人だけではなく、他の国の人たちとも中国語を使いコミュニケーションを取るようになり、
改めて言語は自分を表現する基本的なツールなのだと実感しました。
授業に関していうと、大部分は理解できるようになり、
中国語で他の科目を学ぶ楽しさを知りました。
三月に一年生が短期留学で来て、去年からもう一年が経ったんだと、
時の流れのはやさを感じました。初心を忘れずに、頑張っていきたいです。

3月HSK研修に参加した1年生との食事の様子

3月HSK研修に参加した1年生との食事の様子

☆N.Y.☆

第1期生・アルカラ大学カルデナル・シスネロス校留学便り~2月編~ [2015年04月15日(水)]

<楽しかった授業は何ですか>
いつも授業は楽しいです。
9:30~11:30がコミュニケーション、12:00~14:00が文法の授業ですが、退屈だと思う時はありません。
先生達は明るく陽気で、そしてとても親切です。気軽に質問もできますし、分かるまで説明してくれます。
学習面だけでなく私生活のことまで相談にのってくれたり、
ホストファミリーとはどう??などいつも気にかけてくれます。
あと3ヶ月で先生達と別れてしまうと思うと、とても寂しいです。

授業風景

授業風景

<ホームステイ先で週末はどのように過ごしていますか>
週末はなるべく出かけるように心がけています。
金曜日の夜はインテルカンビオという日本人とスペイン人が交流する会へなるべく行くようにして
スペイン語を話す機会を作っています。
土曜日はマドリードへ行ったり、アルカラの山の方へ散歩したりバルへ行ったりしています。
日曜日は家でホストファミリーと映画を見たり、課題やったりします。
また週末は親戚が集まってご飯を食べることが多くあり、いつもより賑やかで楽しいです。

山からの風景

山からの風景

<あなたにとって今月の大イベントは何ですか>
2/13~2/19まで行われたカーニバルです。

カーニバルの様子

カーニバルの様子

カトリック教であるスペインではセマナサンタ(聖週間)の40日前の1週間カーニバルがあります。
大学のカーニバルに参加して仮装したり、アルカラのカーニバルを見に行ったりしました。

カーニバルの様子

カーニバルの様子

仮装の様子

仮装の様子

カーニバル最終日はお肉を食べていけなかったり、魚(偽物)を担いだり、
泣き真似をした人たちのカーニバルが行われていました。
スペインの宗教について学べる良い機会になりました。

S.M.

第1期生・国民大学校留学便り~2月編~ [2015年04月10日(金)]

<楽しかった授業は何ですか>
語学堂での授業は14人でやるのでたった3ヶ月でも家族のように仲良くなりました。中国人の友達が多かったですが皆優しくしてくれて、日本語を使って挨拶をしてくれたり、日本の文化について質問してくれたり日本に興味を持ってくれて、うれしかったです。先日修了式がありました。クラスメイトのほとんどが他の大学に入学してしまいバラバラになってしまうので悲しくて、別れが惜しかったです。先生も明るくて楽しく、親切でよくしてくださったので本当に思い出に強く残りました。

修了式の様子

修了式の様子

<寮での週末はどのように過ごしていますか>
週末は1週間早起きだったので土日はゆったり休んで遅めに起きています。
日中は買い物に出かて洋服を買ったり、パソコンで日本の番組を見たりしています。
最近は、期末テストが近かったので、その勉強もしていました。学んだ文法と単語をひたすら覚えていました。
また、テストがないときはTOPIKの勉強をしたり、語学堂の宿題や課題を進めています。
あとは部屋でルームメイトとトランプをして遊んで、一緒にテレビを見たりしています。

<旧正月はどのように過ごしましたか>
私は土日を含め5日間休みだったのですが、ずっと寮で過ごしていました。
期末テストの1週間前ということで遊んでいる暇がなく、ほとんど外に出ませんでした。
旧正月は周りの店は休みだったのでコンビニで食事を済ますのが苦痛でしたが、いい経験になりました。
5日間勉強する期間があったので、休み休みゆっくり勉強することができ、頭に入りやすかったです。
この休日に日本に帰ったり、旅行に行きたいとは思っていましたが今思うと行かなくてよかったと思いました。

S.A.

第5期生・ソウル女子大学留学便り~2月編・その2~ [2015年04月08日(水)]

<楽しかった授業は何ですか>
今月は、大学の授業が休みなので語学堂での韓国語の授業のみを受けていました。
語学堂の授業は、先生がとても話しやすく、優しいので受けていて楽しいです。
また、少人数で発言もしやすく、説明もわかりやすかったです。
一緒に授業を受けている中国の子たちや昭和の子以外の日本人の子とも仲良くなれました。
というのも、語学堂では語学を学ぶ授業だけではなく、様々な行事があります。
今回は、級ごとにわかれて歌を発表する歌自慢大会(노래자랑대회)がありました。
この行事の準備をする際、話す機会や一緒に協力してする場面があるので
そこで級のみんなと仲良くなれた気がします。
私はこの時リーダーを務めたのですが、みんなが協力してくれてとてもうれしかったです。
おかげで、私たちの級は1位でした。
授業が楽しいと思えるのも、クラスのみんなと仲良くなれたことに関係していると思います。
今学期で留学を終える子が多く、さみしい気持ちもありますが、
私たちは残りの留学生活を楽しみつつ、頑張っていこうと思いました。

歌自慢大会の様子

歌自慢大会の様子

 

<寮で週末はどのように過ごしていますか>
寮での週末は、平日の疲れをとるためにゆっくり過ごします。
ゆっくり寝て、部屋で動画を見ることが多いです。
韓国ドラマや韓国バラエティを字幕なしで見るようにしています。
行きたい場所や買いたいものがある場合は、出かけて週末を楽しんでいます。
テスト前や課題がある場合は、部屋に引きこもって勉強します。
食事は、食べに行くことも多いですが、
日本から持ってきた食材や買ってきた食材を寮の電子レンジを利用して済ますこともあります。
また、寮まで宅配してもらってチキンなどを食べることもあります。

<旧正月はどのように過ごしましたか>
旧正月は、寮の食堂、学校周辺の食堂が閉まり、日本の三が日同様空いてないお店が多くなる日です。
しかし、韓国の旧正月で食べるという떡국がどうしても食べたかったので、
떡국を食べに明洞へ行きました。

韓国の旧正月で食べる떡국

韓国の旧正月で食べる떡국

明洞のような観光地は営業しているお店が多いと聞いていました。
実際に行ってみると、その情報通り、外国人観光客で賑わっていました。
また、旧正月でも営業しているお店を調べて友達とご飯を食べにも行きました。
外国人の多い梨泰院や、観光客も多いおしゃれな街であるカロスキルに行ったので、
十分に楽しむことができました。

W.Y.

新入生オリエンテーション – その2 – [2015年04月07日(火)]

4月6日(月)、本日は、1年生と上級生(2年生)とが時間を共に過ごす上級生キャンパスガイドがありました。まず、午前中に2年生と1年生がペアになり、PCルームで実際に履修登録が行われ、また、上級生は1年生に履修上のアドバイスをしていました。新入生は、最初は緊張の面持ちでしたが、上級生が優しく丁寧に接することで、お互いに打ち解けて、非常に良い雰囲気で履修指導や昼食となりました。昼食時には、学科教員も参加して、基礎ゼミの上級生と新入生たちと交流を図りました。

4月7日(火)学科主催の主な行事が最後の日でした。まず、学科主催の学生部・キャリアのガイダンスがありました。次に、あいにくの曇天で雨模様の中、新入生の集合写真の撮影が行われました。15時から17時過ぎまでは、上級生(3年生)の留学体験報告が行われました。この留学体験報告では、ボストン、SAF(ドイツ、フランス)、上海、ソウルの各地域へ留学した上級生が、グループ別に生活・学業の話をしました。各グループとも写真を多く盛り込み、留学生活が目に浮かぶような立派なプレゼンでした。新入生は、上級生の話を聞きながら目を輝かせていました。新入生は自分たちも近い将来、諸地域に留学するということが実感できた機会となりました。

ボストン
[ ボストン留学者 ]

フランス
[ フランス留学者 ]

ドイツ
[ ドイツ留学者 ]

シャンハイ
[ 上海留学者 ]

ソウル
[ ソウル留学者 ]

17時30分から19時まで国際学科主催の夕食会が開かれました。夕食会では、まず学長からお話を頂き、次に学部長より挨拶と乾杯の音頭がありました。

学長
[ 学長挨拶 ]

その後、教員、新入生、留学体験報告をした上級生(3,4年生)が交流しつつ会食しました。大学本部館の大会議室は熱気にあふれていました。また、その会場に、昨年度の学寮の際に当時の1年生(現2年生)が作成した言語別地域のパネルが飾られ、会場に彩が加えられました。こうして、夕食会の会場は、人の熱気とパネルの色彩の豊かさで盛況でした。夕食会の中盤では、上級生による外国語の歓迎スピーチがありました。ここでは、留学を経験した3年生や4年生の力が発揮され、どの言語のスピーチもすばらしいものでした。留学を経た上級生には、語学力だけではなく、度胸もそして自信も感じられました。上級生の言語別歓迎スピーチを聞いた新入生は、上級生を尊敬の眼で見つめていました。

スピーチ
[ 上級生のスピーチ ]

新入生は、自分の数年後の理想を上級生に重ねたようでした。学長は、国際学科の言語別スピーチを聞くためにわざわざ、再度、会場にいらっしゃいました。上級生の言語別スピーチの後、副学長からご挨拶と講評を頂きました。その後、学科長の締めの挨拶で夕食会は閉会となりました。新入生は、友人・上級生・教員らと交流し、有意義な時間を過ごしたようでした。

廣田

新入生オリエンテーション – その1 – [2015年04月04日(土)]

2015年4月3日(金)、本日は国際学科のオリエンテーションが開始されました。まず、午前9時に学科教員の紹介があり、引き続き、10時から12時まで大学主催の教務・学生部・キャリアのオリエンテーションがありました。午後からは、学科主催の教務オリエンテーションもあり、新入生への履修指導が行われました。また、15時以降には、英語やコンピューターのプレイスメント・テストもあり、新入生にとっては、入学後初めての登校日が非常に多忙なものとなりました。

履修
[ 履修オリエンテーション ]

2015年4月4日(土)、本日は国際学科にとって重要な言語オリエンテーションが行われました。国際学科では、英語+1の「複言語」教育を学科の1つの柱とし、また、選択言語により留学先も異なるので、この第2外国語の選択は、新入生にとって大切な契機です。午前早くから、各50分程度でフランス語、ドイツ語、スペイン語の言語紹介のクラスが続き、昼を挟んでの午後からは、中国語や韓国語の言語紹介となりました。

フランス
[ フランス語 ]

ドイツ
[ ドイツ語 ]

スペイン
[ スペイン語 ]

シャンハイ
[ 中国語 ]

各言語の教員は、熱意をもって言語・言語文化圏の紹介をしました。クラスでは新入生も熱心に耳を傾け、これから選択をする言語の判断材料としていました。夕方からは、基礎ゼミ別に分かれて、教員による履修指導や履修アドバイスがありました。新入生には、入学して2日目も盛りだくさんで長い一日でした。

廣田

第5期生・ソウル女子大学留学便り~2月編・その1~ [2015年04月03日(金)]

<楽しかった授業は何ですか>
楽しかった授業は毎日の韓国語の授業です。
4級になり、最初は緊張していましたが先生も友達もみんな優しく、
すぐに打ち解けて毎日授業に行くのが楽しみになるほど4級の授業が楽しかったです。
4級では韓国文化体験やのど自慢大会など、よりみんなと交流が出来るイベントがたくさんあり、
そういったところでもクラスの絆を深めていけたので
毎日の韓国語の授業以外でも楽しいと感じる場面が多かったです。
たくさんの思い出が作れました。
<寮で週末はどのように過ごしていますか>
寮での週末は時間を利用して友達と出かけたりしています。
友達がよく韓国で有名なお店やスポット、美味しいお店を探してくれるので
週末はそういった場所を訪れたりしています。
韓国にはまだまだ私の知らない素敵な場所がたくさんあり、
週末に息抜きでそこに遊びに行ける時間を大切にしています。
せっかく韓国に留学しているので時間を有意義に使って、
これからももっと多くの韓国文化を体験したいと思います。
そして韓国語だけでなく様々な知識を習得したいです。

留学先での友達

留学先での友達

<旧正月はどのように過ごしましたか>
韓国の旧正月はお店が全部閉まってしまうので、
唯一開いている明洞で友達と떡국(おもちのスープ)を食べました。
韓国の伝統で旧正月には떡국を食べる習慣があると聞いたので、
これは食べなくては!と思い、食べました。

떡국(おもちのスープ)

떡국(おもちのスープ)

韓国文化に触れることが出来たと同時に、とても美味しかったです。
そのあとはデザートでカキ氷を食べて休憩しました。
韓国人の方はみんな故郷に帰ってしまうため、明洞には私たちと同じ外国人の方が大変多く居て、
ここは本当に韓国なのかなというくらいでした。
テレビをつけると韓服を着たニュースキャスターの方が居たりと、
韓国の伝統を重んじる旧正月を体験出来た日でした。

S.K.

4月2日(木)入学式 [2015年04月02日(木)]

2015年4月2日(木)の午後に、人間文化学部の入学式が行われました。我々の国際学科には、約80名の新入生が希望を胸に入学しました。新入生は、緊張した面持ちながらも、新生活への期待を抱いている様子でした。

入学式の後、学科主催の留学ガイダンスも開かれました。このガイダンスには、新入生ならびに保護者の方が100名近く参加され、ガイダンスの会場は、熱を帯びていました。この新入生への留学ガイダンスでは、まず学科教員から留学プログラム全般へのコースの説明があり、その後、上級生による留学体験談とセットで行いました。

1

留学のプログラムが多く、新入生にとっては、すぐに理解できない点もあったと思われるが、上級生の留学体験談を聞いて、自らの数年後の姿を思い浮かべた学生が多くいたことだろう。

廣田