2018年2月

第3期生・ドイツ留学便り~ライプツィヒ大学 12月編~ [2018年02月27日(火)]

<テスト対策はどのようなことをしましたか>
テスト対策は、基本的に文法をわからないところをなくして、何度も何度も繰り返し練習しました。私はリスニングが一番苦手な分野なので、タンデムパートナーを自分で見つけその人とお話することでスピーキングとリスニングの力を養っていきました。またラジオなどを聞いて速いスピードになれる練習をしました。ライティングは基本的にどれだけ文法のミスをなくして文構造を意識してきちんと伝わるかを意識して自分でタイトルを付けて練習をしました。単語は毎日欠かさず覚えて、わからない単語は教科書にはないようにしました。

タンデムパートナーとドイツ語の練習のため食事を共に

<クリスマスはどのように過ごしましたか>
クリスマスイブは私の友達たちとお部屋でパーティーします。クリスマスは私のルームメイトもクラスメイトもみんな母国へ一時帰国するため私たちアジア人しかドイツにいる人はいません。そのためみんなで集まってお菓子などを持参してクリスマスパーティーをします。クリスマスは、特にイベントもなく、お店もすべてしまっているので、お家でゆっくりする予定です。ドイツはみんな家族とお家で過ごすので、クリスマス付近は町が静かです。そのため夜歩くのも危険なため基本ほかの留学生もお家でゆっくり過ごすみたいです。

最後のクリスマスマーケット

友達と晩餐

<今年を振り返って>
今年は留学に行って帰って、また行っての一年で、語学が伸びてすごく充実した一年でした。もちろんこの一年家族や友達が恋しくてほんとにつらい時期もありました。アメリカではみんなと共同生活する力が養われて、ドイツでは、何事も一人でやり自立した生活をしなければいけなく、アメリカとドイツでは異なった力が養われてきたと実感しています。日本では親に頼りっぱなしだった私が留学行ってこんなに成長したんだといわれるような素敵な女性になって帰りたいと思います。

酢豚が食べたくてつくりました

友達と観覧車に

☆S・M☆

第4期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 12月編・その3~ [2018年02月25日(日)]

<テスト対策はどのようなことをしましたか>
授業で使用している教科書とワークを何度も読み返して文法事項や単語を覚えることと、授業内で扱った練習問題をたくさん解くことをしました。私はテスト勉強の際には特別新しいことをしようとは思わず、ひたすら今まで勉強してきたことの復習をするようにしているのですが、その際に文章を大きな声で音読することを心掛けています。そうすることでスペイン語を読む力や、話すために必要な言葉の言い回しなども頭に入れることができ、効率よく勉強できていると思います。また、今回はリスニングやオーラルの試験もあった為、教科書のCDを毎日聞いて練習もしました。

<クリスマスはどのように過ごしましたか>
クリスマスイブはホストファミリーと一緒に過ごし、夜はお祖父ちゃんの家で大勢の親戚の方々と一緒に食事をしました。全員で20人くらいの人々との食事であった為、最初は緊張していましたが、ホストマザーが調理をすることろから私にも手伝わせてくれたり、食事の時には隣に座ってたくさんサポートしてくれたおかげで、家族と一緒に楽しくクリスマスを祝うことができました。初対面であった親戚の方々もとても親切で優しかったです。その後、ホストマザーとホストシスターが教会でのミサに誘ってくれて、24時から一緒に教会に行ってお祈りをしました。私は無宗教である為、ミサに行くのは初めてでわからないことばかりでしたが、そこでもホストマザーが一つ一つ丁寧に説明してくれて、貴重な体験をすることができました。クリスマスをホストファミリーと一緒に過ごして、彼らとの距離がさらに縮まった気がしますし、スペインの文化を身をもって体験することができて本当に嬉しかったです。

ホストファミリーや親戚の方々とクリスマス会の準備

ホストシスターと一緒に作ったチョコパイ

自宅の装飾(クリスマスツリー)

自宅の装飾(キリスト教の伝統的な人形)

自宅の装飾(クリスマスまで各日曜日に火を灯すキャンドル)

<今年を振り返って>
今年を振り返ると、スペインに来る前も来てからも、とにかくあっという間に月日が経って行ったと感じています。留学前は、楽しみな気持ちよりも不安や心配の方が多かった気がしますが、留学が始まるとすぐに楽しい気持ちの方が大きくなり、学校のクラスメイトや先生方、ホストファミリーのおかげで、とても充実した毎日を過ごすことができたと感じています。そして、1年前や半年前の自分と今の自分を比べてみると、勉強面や生活面など全てにおいて成長したと思えることばかりだと思います。特に勉強面に関しては、留学前からの努力が報われたと思うことが多く、日々の勉強の大切さを実感しました。

☆N・N☆

第4期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 12月編・その2~ [2018年02月23日(金)]

<テスト対策はどのようなことをしましたか>
今回のテストは範囲が広く、特に命令形を中心に勉強しました。命令形は接続法を理解する必要があったので、授業では特に触れていない部分でしたが復習をしっかり行いました。それ以外は、先生が授業で何度も繰り返していた部分や、重要だと思った部分に関しても復習しました。文化の授業は先生が出すとおっしゃっていた部分はほぼ出ませんでしたが、それ以外の対策をしておけばよかったなと反省しています。次のセメスターからはノート作りを工夫していきたいです。

<クリスマスはどのように過ごしましたか>
私の家は、クリスマス・イヴにあたる24日の夜、クリスマスの25日のランチに家族で食事をしました。ちなみに24日の夜は「Nochebuena」といいます。ママ、パパ、離れて暮らしている娘さんと4人で過ごした初めてのNochebuenaは、少し豪華な食事でした。クリスマスの伝統的なお菓子であるトゥロンも食べて、スペインの文化を体験できて嬉しかったです。25日は「Navidad」といい、この日はあった人同士が「Feliz Navidad!」と言って、クリスマスを心から祝福する姿に国民性が表れていて、素敵だなと思いました。この日はほとんどの店が閉まっていて、クリスマスはスペイン人にとって特別な1日なのだなと感じました。

12月24日の夕食~パパ・ママ・お姉さんと一緒に~

文化の最後の授業でクリスマスパーティー

<今年を振り返って>
今年は私の人生の中でものすごく刺激の強い1年でした。たくさんの人との出会いを通して、様々な価値観を知り、自分自身を見つめ直しながら過ごしました。約2年前、東京に上京して親元を離れて生活して、今ではスペインでホームステイという形でスペインの家族と生活しています。東京で一人暮らしをしていたときより、家族に対する感謝の気持ちや愛が強くなりました。これは、留学を通して私の中で一番変わった部分かもしれません。また、今まで体験したことのない人種差別を経験し、歯がゆくなることもありました。しかし、このようなことも成長の糧になると前向きに捉え、これからの留学生活でも胸を張って生活していきたいと思います!

成田空港で撮った一枚(初めての海外にドキドキ)

みんなでズンバを踊りました

セゴビアで見かけた警察官の親切な姿に感動

ディプロマの時に~お世話になった先生とDos besosをして記念撮影~

☆H・S☆

第4期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 12月編・その1~ [2018年02月21日(水)]

<テスト対策はどのようなことをしましたか>
テスト対策といった対策はしていません。毎日溜めないように宿題→復習→予習のサイクルで勉強しました。毎日の授業でわからない単語が多発するので、ノートに意味を書き留めてインプットしていました。スペイン語に耳を慣らすためにも、教科書に付属しているCDを時間がある時に聞くようにしています。文法は、日本で一通りやってきてはいますが、もっと詳しくやるので、日本で習った基礎の部分から振り返ってみました。宿題、復習、予習をきちんとしていればテスト前に、対策として焦ることはないです。

知らない単語がぎっしりの教科書と単語ノート

 

<クリスマスはどのように過ごしましたか>
ママの兄弟の家で過ごしました。ホストファミリーのママが5人兄弟なので、24日と25日は両方とも大人数の親戚の方々と過ごしました。今回初めて会った人も沢山いて、スペインのクリスマスは家族と過ごす事をすごく重視していると思いました。クリスマスキャロルをバックミュージックに、仕事で普段は忙しくても、親戚みんなで楽しく集まって食事をするスペインのクリスマスは、とても良い伝統だと思いました。クリスマスをファミリーと一緒に過ごせたのは、一生の宝物です。

クリスマスに飾る「ベレン」というお人形(写真右側)

全員入りきらなかったけど…家族写真

 

<今年を振り返って>
振り返ってみると、あっという間でした。来たばかりの頃は、例えば、ホームステイ先でシャワーを浴びるタイミングなど、小さいことを気にしていたりしていましたが、今はだいぶ慣れてリラックスできています。言語は、最初来たばっかりの時は、本当に何も理解できなくて、悩んでいたけれど、前よりは進歩したと思います。あっという間に過ぎてしまったので、もっと1日1日を噛み締めて過ごしていきたいと思います。2018年の目標は、スペイン語を使って、たくさんの人と出会って、もっと交流することです。スペインにいる間しかできない事を一生懸命こなしていきたいと思います。

日本語を勉強しているスペイン人との交流会に早速参加!

☆N・O☆

第1期生・ベトナム留学便り ~ ベトナム国家大学ハノイ校 12月編~ [2018年02月19日(月)]

<大学の設備、図書館、キャンパスの雰囲気などを教えてください>
キャンパスには売店があり、そこではバインミーやインスタントラーメン、飲み物が売っています。昼食は30,000VND(日本円で150円以下)で手作りのご飯を食べることも出来ます。先生もそこでお昼ご飯を食べているので、一緒にお喋りしながらご飯を食べるのはとても楽しいです。先生も学生もとても親しみやすく、フレンドリーに接してくれるので、学校の雰囲気も明るく、楽しいです。しかし、キャンパス内のWi-Fiがとても弱く、繋がらないことがよくあるので、困っています。また、各教室に大きなテレビが設置されているのですが、ほとんど使用しておらず、とても勿体無い気がします。

<クリスマスはどのように過ごしましたか>
23日(土)はベトナム人と日本人、大人も学生も合わせて20人程でクリスマスパーティをしました。手作り餃子や、チキン、ピザなど沢山食べ、その後、みんなでビンゴ大会をして、プレゼント交換をしたり、ジェンガやカードゲームをしたりして、とても盛り上がりました。次の日、24日(日)はベトナム人の友達2人と一緒にお昼ごはんを食べ、その後ロイヤルシティという大きなショッピングモールに遊びに行きました。ゲームセンターでゲームバトルをしたり、イルミネーションを見たり、とても楽しかったです。

クリスマスパーティー

 

<今年を振り返って>
2017年を振り返ってみると、この一年のうちに色々な出来事があり、とても充実していたと感じます。2月は皇居奉仕、5月は福島の復興ボランティアに参加して、8月には1番上の姉が結婚しました。また、母と2人で女子旅したり、友人と旅行に行ったり、お泊り会をしたりしました。そして8月末は1番大きなイベント、ベトナム留学が始まりました。9月は生活に慣れるのに一生懸命でしたが、それ以降は友達も増えて、一緒に美味しいものを食べに行ったり、ボランティア活動に参加したり、とても楽しく、あっという間の4ヶ月でした。

留学前、友達と温泉旅行へ

病院で食事を作るボランティア

現地の小学校で日本の文化を教える手伝い

ベトナムの友達と遊びに

☆S・K☆

第8期生・韓国留学便り ~ 誠信女子大学校 12月編~ [2018年02月17日(土)]

<授業の予習・復習、自習は何をしていますか>
予習は、教科書にでてくるわからない単語を調べてわからない単語がないようにあらかじめしておいています。復習では、その日に習った文法を忘れないうちにワークブックや問題集のようなもので再確認するようにしています。自習では、韓国人の友達と毎日話す機会があるため、相手が言っていてわからなかった単語や言い回し、さらに自分が言いたかったのに言えなかった単語や文法などをノートに書いて覚えて次の会話では言えるようにしています。

<クリスマスはどのように過ごしましたか>
クリスマスイブはOさんとSさんとチキンとジュースを買って部屋でパーティーをしました。お互いに決められた金額内で買ったプレゼントを交換しあったりもしました。25日はダンスの友達と二人でお昼ご飯を食べに行ってお買い物をしてお互いプレゼントを買ったりして夕方4時に他のダンス友達も合流してロッテワールドに7人で遊びに行ってきました。私以外全員韓国人で私がロッテワールドに行くのも初めてでしたがとても楽しかったです。このメンバーはいつも一緒にご飯を食べたりカフェに行ったりと一緒にいる人たちなので、韓国人ということを忘れるほど気軽に話せる友達です。

クリスマスにロッテワールドへ~その1~

クリスマスにロッテワールドへ~その2~

クリスマスにロッテワールドへ~その3~

 

<今年を振り返って>
今年を振り替えって、私はたくさんの出会いがあったなと思いました。ダンススタジオで本当に良い友達に出会えて毎日楽しく過ごすことができました。皆私がスラスラ韓国語を話せたり全部理解できている訳でもないのにも関わらず、よく話を聞いてくれたり遊びに誘ってくれたりご飯を食べに行ったりと、優しい人たちに囲まれたことに感謝をしています。その甲斐もあって韓国語を聞き取ることやハングルを打つこと、読むことが前よりも一気に上達できたと思います。しかしまだまだ留学ならではの経験を増やしていきたいと思いました。

ダンスレッスン後に先生と友達と

ダンスレッスン後に友達達と

☆N・H☆

第8期生・韓国留学便り ~ 西江大学校 12月編~ [2018年02月15日(木)]

<授業の予習・復習、自習は何をしていますか>
冬期の語学堂は5級に上がり、授業の内容も少し変わりました。4級にはなかった、映画や芸能プログラムを観て実際の韓国人の発音、言い回しや表現法を学ぶ授業があり少し苦戦しています。予習は次の授業で扱う部分の単語を調べておくことをしています。レベル的には難しいというわけではないのですが討論する場面で自分の語彙力の不足さを実感します。そのために授業で扱った単語や表現はその場で覚えるようにし、実際に韓国人とお話しする機会があれば使うようにしています。その度に相手の反応をみて「この状況で使うのか」と日々の生活も勉強になっています。

語学堂5級の教科書①

語学堂5級の教科書②

 

<クリスマスはどのように過ごしましたか>
韓国人の友人と清渓川のクリスマスフェスティバルに行きました。約1.5kmの川に沿って様々な美しいイルミネーションか飾られておりとても規模が大きく圧倒されました。家族連れや恋人たちで埋め尽くされていましたが川自体が小さなものなので素敵な雰囲気でした。そのあと近くの茶屋に行きオミジャ茶をいただきました。韓国の伝統的なお茶で甘酸っぱいフルーティな味は初体験でした。健康的にとても良い効果があるようで寒いソウルを過ごすにはとても良いと思いました。最近風邪をひいてしまったのですが、お茶をよく飲むようにしてるおかげで少し体が楽になったような気がします。新年も健康で元気に迎えたいと思います。

清渓川のクリスマスフェスティバル

清渓川に沿って飾られていたイルミネーション

オミジャ茶

 

<今年を振り返って>
今年は韓国漬けの年だったと思います。去年に比べ韓国語力は向上し留学生活をすることでその実力をさらに感じます。入学当時は自分が本当に韓国語を習得できるのか不安でした。しかし今では韓国人の方とたくさんお話しし、もちろん自分の実力が足らないと感じる場面もありますがそれでもやはり楽しいと感じます。今自分が韓国で生活していることが不思議です。もともと好きで始めた韓国語でしたし、勉強すればするほど満足感、充実感を得るのは当然だと思います。しかし今は、この能力は経験を今後どのように生かしていけばいいかと不安を感じることが多いです。今年一年はひたすら夢中に勉強し経験をする年でした。来年は今後の自分をどうして行くか「考える」年にしたいです。残りの留学生活で「自分」というものを探し、理解したいです。

☆N・N☆

第8期生・韓国留学便り ~ ソウル女子大学校 12月編・その2~ [2018年02月13日(火)]

<授業の予習・復習、自習は何をしていますか>
予習ではあらかじめ教科書や副教材の分からない単語や新しく出てきた文法を調べてから授業に臨むようにしています。復習ではその日に習った単語や文法は副教材を利用して問題を解いて行っています。また単語においては各単元が終わるごとに小テストが行われるので、小テストも使って復習をしています。自習では、韓国語能力試験の対策として過去問題集を解いています。過去問題集を解いたときに分からなかった単語を調べて復習しています。また現地の学生などと交流を深めて、会話力を身に着けられるように努めています。

自習用のTOPIK対策テキスト

TOPIK対策テキストの中身

 

<クリスマスはどのように過ごしましたか>
クリスマス当日の午前中は連休明けに中間テストを控えていたので、それに向けての勉強や韓国語能力試験も来月に迫っていたので試験に向けても勉強をしました。あとはいつもとあまり変わらず、課題をやったり洗濯をしたり、寄宿舎に設置されているジムを利用して運動しました。夜は同じ部屋のルームメイトたちとクリスマスパーティーをしました。韓国特有の文化でもある配達を利用してピザやチキンを宅配注文しました。またルームメイト同士で値段を決めてクリスマスプレゼント交換もしました。日本以外でクリスマスを過ごすことは個人的にはじめての経験だったので、とても楽しい時間になりました。韓国のクリスマスは日本のクリスマスとあまり違いはなく、比較的過ごしやすいと感じました。

クリスマスにルームメイト達と食べたチキン

ルームメイト達と食べたクリスマスケーキ

 

<今年を振り返って>
今年一年はとても濃い一年でした。まず、2・3月には集中講座が行われました。長期間でしたが、語学力を上げる・語学力に対する意識を高められる期間でした。はじめて韓国に行って、現地の空気を感じることができたのもいい経験になりました。大学二年生になり、韓国語を勉強する時間が大幅に増えました。また夏からは留学が実際に始まりました。留学はまだスタートしたばかりですが、語学堂や大学の授業を通じてもっと語学に対して真剣に向き合えていると思います。個人的には親元離れて生活するということが、初めてなので留学を通じて両親や親戚への感謝を深く感じる年でもありました。来年は丸1年留学を経験する年になるので、もっといろんなことを経験して、時間を大切に過ごしていきたいと思いました。また目標を持ちつつづけ、常に向上していけるような一年を過ごしたいと思います。

留学初日に撮影した学校の正門前

☆M・S☆

第8期生・韓国留学便り ~ ソウル女子大学校 12月編・その1~ [2018年02月11日(日)]

<授業の予習・復習、自習は何をしていますか>
予習では単語を重点的に調べます。わからない単語は時間がかかっても理解するまで全て調べるようにしています。また、新しく習う文法の意味を調べます。復習は副教材を使いながら単語と文法を確認します。そしてそれらをノートにまとめています。自習では、主に復習と発表準備をしていて、別のことはあまりできていません。1月にTOPIKを控えているので、中間テストが終わってからはその勉強に時間を費やしたいと思っています。

カロスキルのお洒落なカフェで一人で勉強

 

<クリスマスはどのように過ごしましたか>
クリスマスは韓国人の友達とスキーをしに行きました。天気はあまり良くありませんでしたが、雨が雪に変わってスキーをするのにはちょうど良い天候でした。スキーは日本でも2回しか行ったことがなく小学生ぶりに乗りましたが、意外と身体が覚えていて楽しい時間を過ごせました。韓国の街中は日本に比べると、イルミネーションなどクリスマスらしさはあまりありませんでしたが、クリスマスプレゼントを交換して、チキンも食べてクリスマスらしい日を過ごせたと思います。

강촌(カンチョン)でスキー

 

<今年を振り返って>
今年はやはり8月から留学をしたことが一番の出来事です。留学前に比べて韓国の友達もできて日常生活で韓国話を使う機会が増えたのでとても良い経験をしていると実感しています。語学堂は発表も多くあり忙しいですが、先生がとてもわかりやすく勉強を教えてくださってためになっています。留学前の夏休みに家族や友達とたくさん遊んだことも良い思いです。留学をしていることで、日本にいる家族と友達とのことを考えることが多くなったと思います。あっという間に1年が終わってしまったと感じますが、思い返してみたら長い1年だったと思います。

留学出発前に友人たちと

韓国へ向かう飛行機の上から

 

☆H・O☆

第8期生・中国留学便り ~上海交通大学 12月編・その3~ [2018年02月09日(金)]

<授業の予習・復習、自習は何をしていますか>
テストが近づいてきたため、予習メインより、復習メインになってきた。23日から一週間ほど休みをもらっているので、この期間にできてなかった範囲をきちんと復習し、予習もした。余裕をもって休み明けの授業に臨みたい。予習の内容としては、授業でやった単語を使い自分で文章を考え作文している。それを声に出して、発音が正しいか通じるかをルームメイトに確認してもらっている。予習では、主に単語の意味とピンインを調べたりする。あたるかもしれない問題を事前に調べ、授業で慌てないようにしている。自習は、宿題、予習、復習をメインにやっている。最近はルームメイトが韓国人であるので、韓国語に少しだけトライしている(今ようやく“あいうえお”を覚えたばかりだが)。

韓国人の一番仲良いお友達とご飯を食べに

<クリスマスはどのように過ごしましたか>
クリスマスイブは、部屋の大掃除をした。クリスマスが終わると年末になり、年が明ければ、すぐにテストが始まり、慌ただしくなってしまうので、できるうちにとルームメイトと一緒に行った。日ごろからお互い綺麗好きな方であったため、特別なことはあまりしてないが、備品の補充など細かなことや、水回りの掃除を徹底的に行った。クリスマスは日本から友達がきて、一緒にお祝いした。食事をして、プレゼント交換をした。充実した二日間を過ごせたと思う。

クリスマスに上海ディズニーへ

四川料理の串串

<今年を振り返って>
あっという間に今年が終わりを迎えようとしていて、私たちの留学生活の半分も終わりを迎えようとしている。この4か月はとても充実していて、日本で味わえないことがたくさん体験できている。例えば、学習面では、中国人のお友達ができ、会話の練習に付き合ってくれる。来たばかりのころには無理だろうなと思っていた会話がぎこちなくはあるができていることに感動を覚えている。クラスメートとも遊ぶ機会が増え、それぞれの文化や価値観など聞くのがとても面白い。自分にはまだしっかり聞き取れる能力はまだなくて、これからもっと身に着けていく段階である。英語でも話す機会が多いので、英語の勉強にもなっている。生活面では、家事をやるようになったことが日本にいたときと大きく変化した。食事の準備、洗濯物を干す、掃除をする。日本にいたときは親がしてくれたことを、一人暮らしを始めて、自分ですべてをこなさなければならないことが多くなった。大変さを感じつつも毎日充実している。あと半年も中国で生活できるので、新しいことにもトライしたい。例えば、私は風邪をひきやすいので健康にいいとされる中国の本場の漢方には興味がある。そういう面白いことを学んでみたい。

国際交流(韓国人、イタリア人、ベルギー人、日本人)

☆S・M☆