第5期生・スペイン留学便り ~アルカラ大学アルカリングア 1月編・その2~

<今年はどのように授業に取り組みたいですか>
前年と同様にスペインで勉強できている環境はすごく貴重なものだと思うので、一回一回の授業で多くのことを吸収できるように、先生や他の生徒の発言をよく聞きたいと思う。クラスのレベルも上がり今まで以上に授業の内容が難しくなってきているので、自宅での予習の段階で分からないところや単語をくまなく調べて授業にのぞみ、積極的に先生に質問していきたいと思う。休み時間なども他国の生徒と話をすることでスペイン語の上達にも繋がっていくと思う。

ある日の授業
クラスの中国人の友達と焼肉を食べに行った

<ホームステイ先での生活を通じて、生活面や考え方などで何か変化したことはありますか>
私の家族はとても優しくて休日も私と過ごす時間を大切にしてくれたり一緒に出掛けたりと、私を本当の娘として受け入れてくれているので、“スペインの一つの家庭“を丸々体験できていると思う。私の両親は特に家族や友達を大切にしていて、毎日連絡を取り合っていることはもちろん、休日や長期休暇の時などは必ず家族で集まったり友達で集まり食事をしている。様々なタイプのスペイン人がいる中で、自分の周りの人たちを大切にし、一緒に時間を過ごすことで、自然と周りにはいい人たちの集まりが出来、それが本人たちの人生を華やかで楽しいものにしているのだと感じている。日本ではあまり密に連絡を取ったり頻繁に家族全員が集合して食事をすることなどが無いので、スペイン人のそういった精神を尊敬したいなと感じている。

休日に、家族みんなで寿司を作った

<元旦はどのように過ごしましたか。また、新年の抱負を教えてください>
31日から新年にかけての年明けを家族で過ごし、元旦は特別なことをせずに過ごした。1日の昼に有名な音楽コンサートが毎年テレビで放送されていて、今年もそのコンサートを昼前から家族で見ながら、いつもの日常を過ごした。新年の抱負としては、2019年になり留学生活のちょうど半分を過ぎたので残り半分を更に充実した日々にしていきたい。また本年度ももうすぐで終わり、3年生になり大学生活も折り返しを迎える年でもあるので、さらに自立し社会に出て恥ずかしくないように、しっかりと軸のある人でいられるようにしたい。

1月6日の祝日、los rayasで食べるケーキ

☆K・T☆