第2期生・ベトナム留学便り ~ ベトナム国家大学ハノイ校 5月編~ [2019年07月19日(金)]

<授業の課題、宿題で大変なことはありますか>
授業の課題・宿題で大変なことはやはり、単語調べと単語を覚えることです。もう最近は紙の辞書で調べても単語が載っていないことが多いので、最近は辞書アプリを使って調べています。それでも意味がいくつかある単語だとどの意味が適しているのかが分からないことがあって大変です。また、ベトナム語では、声調や母音につく記号だけの違いでアルファベットの綴りは同じ単語がたくさんあるので、発音は覚えていても書けなかったり、発音するときに声調が分からなくなってしまったりして、単語を覚えるのが大変です。

<これからベトナムへ留学する後輩に伝えておきたいことは何ですか>
後輩に伝えたい事は恐れずにベトナム人と交流してほしいということです。ベトナムで私たちが通う校舎には留学生しかいなくて、交流する機会を作りにくいところはありますが、時々国際交流サークルのベトナム人の学生がイベントを企画して、参加について教室に宣伝しにきてくれるので、そういう時にイベントに積極的に参加したり、フェイスブックで連絡先を交換した後もその場だけでなく定期的に連絡を取ったりなどたくさん交流してほしいです。最初は、ベトナム語が通じなかったり間違えてしまうことはありますが、そうしたらベトナム人はみんなちゃんと教えてくれるので、間違いを恐れずに話してみてほしいです。私のまわりの留学生たちを見ていて、ベトナム人とたくさん交流している人はやはりベトナム語の上達が早いなと感じるので、たくさん交流して充実した留学生活を過ごしてほしいなと思います。

<南部解放記念日、またはメーデーはどのように過ごしましたか>
南部解放記念日はサパに旅行に行っていたので、記念日だからという特別なことはしませんでした。旅行中は、少数民族の村をトレッキングしたり、少数民族のハンドメイドのお土産を買ったりしました。ですが、夜にサパの市街地の広場で歌ったり、踊ったり何かイベントをしているのを見かけたので、もしかしたらそれが南部解放記念日を祝ったイベントだったのかもしれません。ベトナムでは、クリスマスや旧正月などのイベントのときでも、学校の行事や南部解放記念日などのまじめだったり政治的な意味がある記念日でも野外で歌ったり、踊ったりパフォーマンスをして楽しく祝っていて日本との違いを感じました。

少数民族の村のトレッキング

サパの棚田

少数民族の方と

サパ市街地の広場

☆I・Y☆