第11期生・中国留学便り ~上海交通大学・オンライン1月編・その2~ [2021年03月12日(金)]

<上海交通大学のオンライン授業について>
一月は元旦は祝日のためお休みで、2.3日、土日の休みを挟んで、週明けの4日から6日までの三日間、期末考査が始まりました。この期間は授業は一切なく、1教科90分、5教科でテストのみ行われました。テストの方式は中間考査と変わりませんでしたが、期末考査ということもあり、とても緊張感がありました。期末考査が終わり、2日後くらいに全ての教科の今学期の成績がポータルサイトにアップされました。そしてこの学期が終わると同時に、少し遅めの冬休みに入りました。休みに入りしばらくすると、来学期のクラス決めに関するお知らせがきて、各自クラスを選択しました。中国の寒假と日本の大学の春休みは少し時期がずれていますが、休養をとりつつ来学期に向けて準備していきたいと思っています。

<どのような生活を送っていますか?皆さんがどんな生活をしているか教えてください。>
一月に入り、すぐ期末考査があり、日本はお正月休みなので、少しバタバタとした年始となりました。長く感じた9月から半年間のオンライン留学も、終わってしまうとなんだかあっという間で、少し寂しい気持ちになりました。最初はクラスについていくのが必死で毎日毎日一生懸命でした。ですが、先生とクラスメートに恵まれて、楽しく勉強することができました。休みに入ってからは、コロナの状況もあって、ほとんど自宅で過ごしていますが、授業があった時はあまりすることのできなかったことをしてみたり、自分の趣味に時間を使っています。自分と向き合いつつ、来学期に向けてまた準備していこうと思っています。

☆T・M☆