第8期生・スペイン留学便り~アルカラ大学アルカリングア・オンライン9月編・その1~

〈アルカラ大学アルカリングアのオンライン授業について〉

平日に2人の先生から各2時間の授業を受けた。今までの授業と異なり全てがスペイン語で行わるため、授業が始まった当初はリスニングの面でとても苦戦した。しかし、授業を受けていくにつれ、先生の言うことが徐々に理解できるようになった。また、自分の意見を求められた際に言葉が詰まってしまい、語彙不足を感じた。そのため10月からは語彙の学習を中心に勉強に励んでいきたい。

〈ボストンのオンライン授業について〉

毎週火曜日と木曜日の授業を受けた。どちらの授業もペアワークが多く、毎回課題や予習が出された。また、以前に比べて少人数のクラスになったため、自分の意見を発言する機会が増えたが、思うように答えることができなかった。10月からは、週2回の授業を大切にし、よりスムーズに答えられるようにしたい。

〈オンラインが始まってどのような生活を送っていますか?皆さんがどんな生活をしているか教えてください〉

スペイン語の授業で出された課題は締め切りが翌日であることが多かったため、午前中は課題や午後の授業の予習をして過ごした。しかしその一方で、スペイン語の学習に時間をかける分、英語の勉強があまりできなかった。そのため、10月は2言語の勉強を両立できるよう時間配分に気をつけていきたい。

☆H・M☆