2020年12月

国文学研究資料館長ロバート キャンベル先生 図書館来訪 [2020年12月25日(金)]

去る12月14日(月)に、日本文学研究者、国文学研究資料館長のロバート キャンベル先生が図書館に来訪し、本学理事長・総長坂東眞理子先生と図書館長吉田昌志先生の案内で「昭和女子大学創立100周年記念図書館特別展・新収貴重資料展」と近代文庫を見学されました。

展示資料には、近代文庫収蔵の尾崎紅葉筆・泉鏡花旧蔵「尾崎紅葉句軸」、「紅葉先生印譜」、正富汪洋や里見弴の自筆葉書、万亭応賀作・歌川豊国等画「釈迦八相倭文庫」などがあり、尾崎紅葉の俳句や、紅葉の主宰する俳句雑誌のタイトルプランなどの自筆資料に、関心を寄せておられました。
近代文庫は、日本近代文学館等に並ぶ国内屈指の専門図書館と言っても過言ではない昭和女子大学の特殊コレクションです。詩人であり創立者の人見圓吉先生(号は東明)による特殊分類が付与された図書約8万冊、雑誌約5千100タイトルの並ぶ書庫をご案内しました。
短い時間でしたが、近世文学、明治期文学をご専門とされているキャンベル先生に、昭和女子大学の誇る近代文庫をご覧いただけたことをとても嬉しく思います。

***********************************
日本近代文学の宝庫〔近代文庫〕を覗いてみませんか。
近代文庫には、明治初期から昭和戦前期までの近代詩、近代文学全般及びその関連領域である思想、社会、文化等の図書、雑誌、新聞をはじめ、展示資料のような詩人・作家等自筆の歌稿、草稿や原稿、書簡、肉声収録テープ、遺愛品などを収蔵しています。戦後間もない頃に人見先生が詩人であり創立者の人見圓吉先生(号は東明)が学生と共に神田の古書店に通って購入し、また寄贈を受けて収集がいっそう進み、現在も成長し続けています。
※蔵書検索の「高機能検索」で、検索項目に「コレクション区分」と「近代文庫」を選択して検索することができます。
※本学学生は、書庫に入って近代文庫の資料を探すことができます。
※他大学の大学院生の皆さんの利用は、所属図書館を通じてご相談ください。
***********************************

(図書館)

図書館セルフラーニング動画公開中! [2020年12月23日(水)]

そろそろ今年も終わろうとしていますが、学生のみなさんは無事に今年を締めくくれそうでしょうか?

図書館も今年は新型コロナウィルス感染拡大の影響を受け、例年とは違った課題や難しさに直面し、その中でも出来る限り学生・教職員のみなさんの学修・研究のサポートをする方法を検討・実施してきました。

そのうちのひとつが、「セルフラーニング動画」です。
本来であれば、学生や教職員のみなさんからの依頼に応じて対面で行う図書館ガイダンスを動画で提供し、各自好きな時に見てもらう、という試みです。
資料や情報の検索の仕方や資料の入手方法、図書館に実際に足を運ばなくても利用できる資料やコンテンツの紹介など、オンライン授業が実施されている現在はもちろん、忙しい日々を送るみなさんがスキマ時間でささっと学修できる、というメリットもあります。

他にも図書館の施設・設備を紹介した図書館ツアー動画や、論文・レポート作成の参考サイトの紹介などもありますので、ぜひご活用ください!

★図書館セルフラーニングサイトはこちらから★
(図書館HP>資料・情報検索 > 資料の探し方 > 昭和女子大学図書館ガイダンス セルフラーニング)

尾崎紅葉句軸を限定公開しました! [2020年12月14日(月)]

図書館にて12月11日(金)の15時から、尾崎紅葉の句軸(泉鏡花旧蔵)三本を1日のみの限定で公開しました✨

尾崎紅葉は『多情多恨』、『金色夜叉』などで知られる明治文壇の大家です。今回は、図書館長・大学院文学研究科の吉田昌志教授に三本の句軸が図書館に寄贈された経緯などの解説をしていただき、日本文学専攻の大学院生をはじめ、日本語日本文学科、歴史文化学科の学生も熱心に貴重なお話を聞いていました。

句軸の説明をする吉田先生と聞き入る学生

展示物を説明する吉田先生と聞き入る学生①

展示物を説明する吉田先生と聞き入る学生②

日本語日本文学科ブログでも、この日の句軸限定公開の様子を紹介する予定です。
そちらもあわせてご覧ください🎵

24日(木)まで行っている「昭和女子大学創立100周年記念特別展・新収貴重資料展Ⅲ-昭和学園と教育の発展に寄与した人々-」では、その他にも紅葉の印譜をはじめ里見弴の葉書、チャールズ・ディケンズの旧蔵『The Holy Bible (和訳:欽定訳聖書)』などを展示しています。
ぜひお立ち寄りください😃

🌟「昭和女子大学創立100周年記念特別展・新収貴重資料展Ⅲ-昭和学園と教育の発展に寄与した人々-」展示詳細についてはこちらからご確認ください。

(図書館)

【SDGs】LEAN IN(リーン・イン) [2020年12月11日(金)]

こんなポスターをテレビや雑誌、新聞、あるいは街中などで見かけたことがあると思います。
こちらは、国連が定めた「SUSTINABLE DEVELOPMENT GOALS(持続可能な開発目標)」(SDGs)を表したポスターです。
地球の未来を考え、みんなで2030までに達成していく目標を掲げています。

昭和女子大学図書館でも、SDGsに関連した情報をみなさんと共有し、一緒に考えていく機会を作っていきたいと思います!

まずは、図書館といえば!の本の紹介をしますね。

                              

書名:Lean in (リーン・イン)  女性、仕事、リーダーへの意欲
著者:シェリル・サンドバーグ著 , 村井章子訳 , 川本裕子序文
出版社:日本経済新聞出版社
配架場所:4階開架室 女60/San(日本語版)
     4階開架室 女洋60/San(英語版)

こちらはFacebookの最高執行責任者であり、取締役も務めるシェリル・サンドバーグ氏による2013年に発行された本です。
世界中で女性リーダーの少なさが問題提起されるようになって久しいですが、未だに完全な解決には至っていません。SDGsの目標の一つに、「5.ジェンダー平等を実現しよう」があります。学生のみなさんには、在学中に卒業後のキャリアについて考える機会を持ってほしいと思います。本書は、きっと何かしらのヒントを与えてくれることでしょう。

2020年11月9日に、創立100周年を記念した公開シンポジウム「女性リーダーは世界を変える」が開かれました。大学ホームページに学報委員による記事が掲載されていますので、こちらもあわせてご覧ください✨
みんなでジェンダー平等実現に向けて、考えていきましょう!

(図書館)

【展示紹介】「国会仮議事堂の図」が国立国会図書館の展示に出展! [2020年12月08日(火)]

國會假議事堂 階上の圖

本学が所蔵している「国会仮議事堂の図」上下2点が国立国会図書館東京本館で開催される「議会開設百三十年記念 議会政治展示会」にて展示されます。
また、この企画展には環境デザイン学科の堀内先生が作られた仮議事堂の模型も出展!

                                                       【展示情報】
 ・展示期間:2020年12月10日(木)~23日(水) 
 ・開館時間:10:00~19:00(土曜日は18:00まで)
 ・会場:国立国会図書館 東京本館 新館1階展示室
  ※入場無料。予約不要。
  ※詳細は案内チラシ国立国会図書館ホームぺージをご確認ください。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

「国会仮議事堂の図」は図書館デジタルアーカイブでも公開しています。
こちらもあわせてご覧ください🎵

國會假議事堂 階上の圖
國會假議事堂 階下の圖