2012年7月

東明学林3日目、最終日(2012年6月15、16日) [2012年07月04日(水)]

今日は東明学林3日目(6月15日)、最終日(16日)のことを振り返ってみます。

どんな風に2年生たちは過ごしたのでしょうか。


マナー講座

朝ご飯を食べたあとはまず午前中はマナー講座。1日目の夜、交歓会で盛りあがった大教室が一転、様変わりして今度は授業の場となります。お招きした先生は、 テレビ朝日の元アナウンサーでいらっしゃる渡辺由佳先生です。

まだ2年生ということで、就活だけを考えるのではなく、まずは気持ちよく人とコミュニケーションを取るための基本をしっかり知っておくことが大事なのだということを、とても分かりやすい言葉で優しく教えて下さいました。渡辺先生は昭和女子大学のこともよくご存じでありまして、最初の数分のお話しでみんな一気にひきこまれていましたよね。

鏡を使ったり、学生同士ペアになってお話ししたり、息つく暇もない有意義な3時間でした。左側の写真では端で切れちゃっていますが武田先生もトレーニングをやっていらっしゃいますね♪ 私もカメラを構えながらトレーニングやってましたよ~

ん?ふざけている学生がいるぞ! こらっ!真面目にやりたまえ!!

いいえ、これも大切なレッスンなんですよく分からないけれど、楽しそうでしょ~!?

先生からたくさんのアドバイスをもらった仕上げはみんなの前で話す練習。

100人の聞き手を前にしても、堂々としていてカッコイイですね!!これも先生のご指導の賜物でしょう。実際にはさらに何人かの方がスピーチにチャレンジしたのですが、シャッターチャンスを逃してしまいました。ごめんなさい・・・。

私も参加しておりましたが、とても面白く実践的なトレーニングが出来ました。大満足の講座でした!!

最後になりましたがブログへの写真を使用をお許しいただきました渡辺先生、ありがとうございました。

労作

お昼を食べて午後からは労作の時間でした。学寮に必ず組み込まれている身体を使った勤労の時間であります。Aクラスのみなさんは道路脇の清掃へ、Bクラスのみなさんは畑の草むしりをしました。私はBクラスのクラスアドバイザーなので草むしりの手伝い。いやぁ、結構本格的な労作になりましたね。

土に触るのは小学生以来なんていう学生もいて、とても大切な時間となったのではないでしょうか。ほんの短い時間ではありますが、こういうことを体験でき大学というのは極めて少ない思うのです。

それにしても共同作業をやるとみんなの性格よく分かって面白いですね。端から順番にむしっていく人、自分の持ち場全体をおおざっぱにむしってから丁寧な仕上げをする人、おおざっぱにむしるだけの人松田はどれかって?あはは、学生ひとり叱られてしまいました 😳 でも最後はちゃんと仕事したぞ

みんな頑張った成果を見せるため、草むしりしたところとしていないところの境目を撮影してみました。


丁寧な仕事ぶりでしょ?

さて労作が終わると、はやいもので学寮も終盤です。

最終日

小雨から始まった学寮研修ですが、ここまで晴天に恵まれました。しかし最終日の朝の空はこの通り。

怪しい空模様。でもここまで天気がもって良かったですね。雨のため、室内で行われた朝の集いのスピーチは木下先生でした。

木下先生の長年のご友人でもあった画家の方が若くしてお亡くなりになり、その方の絵を1人でも多くの人に見てもらえるよう、いま一生懸命頑張っている、というお話しを伺いました。とても真剣なお話しで、その場にいたみんなで心を寄せて、耳を傾けました。

そして朝ご飯を頂いたのち、恒例の大掃除を行い、閉寮式となりました。

左は東明学林を代表して生天目先生のご挨拶。万全の体制でお出迎えいただき、本当にありがとうございました!!

そして右側は3泊4日の間お世話になった看護師の市川さん。今回の学寮研修では幸いなことに、大きな怪我・病気をした学生は出ませんでしたが、快活な市川さんとお話ししたいがゆえに、保健室に通っていた学生がいたとか、いないとか笑

しっかり団結して、それぞれがそれぞれの役割を守りつつ、人の輪が広がった、いい研修だったと思います。

2年生のみなさん、次は3年次の望秀学寮ですね。もうその頃のみなさんは卒論や就活に向けてのスタートも切っているはずです。それまで充実したキャンパスライフを送り、精一杯いろんな経験を積んでいきましょう。

以上、松田忍がお伝えいたしました。

東明学林2日目(2012年6月14日) [2012年07月01日(日)]

今日は東明学林2日目の様子を振り返ってみます。


バスハイク

二日目は小田原周辺のバスハイクです。お天気はこの通り!


気持ちいい初夏の日差しのなか、富士山を横に見ながらまずはポーラ美術館をめざします。


ポーラ美術館

美術館に着くと、まず木下先生のお知り合いの学芸員の先生から、ポーラ美術館の建物自体の構造上の工夫や、現在行われている企画展「印象派の行方―モネ・ルノワールと次世代の画家たち―」 の展示上の工夫などのお話を伺います。歴史を学ぶうえでは、異なる資料や史料を比較しながら検討するという作業が有効となるのですが、今回の企画展でも異なる画家の絵を二枚並べて展示し、構図や技術を比較してみせるという工夫がなされていました。学芸員過程を履修している学生、あるいはそうでない学生にとっても、普段の世田谷キャンパスでの授業だけでは経験できない、かなり密度の濃い学びの時間になったと思います。

実際に解説を受けてから企画展をみると、展示の工夫が分かっている分、とても説得的に感じられました。第一部では印象派の流れを復習したのち、第二部ではモネ、ボナール、マティス、そしてピカソにまで印象派の影響がみられることが示されていました。

のちほど武田先生が学生のみなさんにポーラ美術館の感想を聞いていましたが、多くの学生が大満足の 声をあげていましたよ!!

私は行かなかったのですが、掛川先生の投稿にあるように、ポーラ美術館の周りは木立の中の遊歩道が広がっており、季節の植物を感じながら散歩を楽しんだ学生もいたようです。是非また訪問してみたい美術館ですね。

鈴廣かまぼこ博物館

鈴廣かまぼこ博物館で小休止。古民家もあったようですが訪問した人はいるかな?

大雄山最乗寺

続きまして大雄山を拝観します。境内各所に立ち並ぶ天狗像鬱そうとした木々と合わせて修験道の雰囲気を漂わせます。是非とも関口先生仏教文化史ご一緒にきてお話しをうかがいながら歩きたいところですね。

そしてひたすら階段・・・。ギャーーー奥の院へと続く階段・・・downwardleft


この階段の事情を知る掛川先生や武田先生は、奥の院を目指すことなく、入口近くにある本堂にとどまり、お寺の方とお話ししながら、建物の解説をお受けになったそうです・・・

ところで・・・

今回の食事係のみなさんはパーフェクトの出来でした。毎回の配膳が早すぎて、逆にまだお腹が空いてないよ~というくらいに 🙂 そんな食事係の活躍の秘密をパシャリあらかじめ食器の並べ方のモデルをひと揃いつくって、実物でしっかり暗記してから配膳に臨みます。 こういう段取りってのは大人数動かすときにはとても大事ですね!


そして、夜は

ともしびの集い

ろうそくを持ちながらクラス全員で輪をつくり、「将来のために今始めたいこと」というテーマで話しました。

どうも 2日目は学生のみなさんの写真がなかったようです。3日目はたくさん紹介できると思うので次はお楽しみに!寂しいので毛並みのいいくまの写真を貼っておきます。

ではではこれにて2日目終了

以上、松田忍がお伝えしました。

東明学林1日目(2012年6月13日) [2012年07月01日(日)]

昭和女子大学では1年から3年まで、毎年3泊4日の研修旅行に行くことになっております。名づけて学寮研修。本学は2つの研修施設を持っておりまして、1箇所は千葉県の南端にある望秀海浜学寮、もう1箇所は神奈川県は足柄にある東明学林という施設です。6月13日~16日は歴文の2年生は東明学林の方にいって参りました。楽しかった様子はすでに掛川先生がお書きになっていらっしゃいますが、あらためてたくさんの写真を交えながら、学寮中の思い出振り返りたいと思います。

少し雨がぱらつく中、予定されていた人数がほぼ定刻に全員集合。今回は参加しない先生方に手を振って見送られながら、バス3台に分乗して出発!

小田原城見学

最初に向かったのは小田原城です。

朝からぐずついていた天気も良くなり、出迎えてくれたのは初夏の花々です。とくに紫陽花がきれいでした。花が綺麗だと盛りあがりますね~!

そして今回のイケメン甲冑タイムは初日に訪れました。中々決まってますね~!


ん?ちょっとまって・・・

んん??

あ、あれ?なんか記憶が・・・よみがえる・・・よみがえる・・ ・

2011年12月11日撮影(@望秀学寮研修)

😆 😆 😆 また君かい!! 😆 😆 😆

歴文にはコスプレクイーンがいるようですcoldsweats02

小田原城歴史見聞館では子どもたちでも楽しめるような工夫をこらした展示方法が見ることが出来て、展示内容を含めて良い経験を出来たと思います。

着寮、そして打ち合わせ

その後数十分バスに揺られて、東明学林へと着寮。3泊4日の集団生活を送るために大事な打ち合わせに入ります。2年生が参加する東明学林は約100名の参加。写真だと以外と少なく感じますね。右側の写真はこの日の夜の交歓会の打ち合わせをしているシーン

交歓会

さて夕食を頂いたのちは交歓会です。例年ドッヂボールや卓球などスポーツが行われるのですが、今年は初めての試みとして、部屋対抗クイズ大会となりました。盛りあがるのかなぁ~という不安もあったのですが、楽しかったですよね~~!!

特に盛りあがったのが二人三脚早押しクイズでした。笛とともにありえないスピードで飛び出す各ペア。くまさんのぬいぐるみをいち早くつかめば解答権をゲット。中段左は幸運のくまさんの後ろ姿。二人三脚問題の内容は歴史年代クイズなどです歴文生の誇りに賭けてこれはミスれない!でも実際に走るだけで力尽きるペアも 🙄

考えて解く問題ではチーム(部屋)ごとに丸くなって座り、熟考!


下の写真の私の父はわがままというのはあくまでもクイズの答え(「My father is my motherを訳しなさい」というクイズ)ですからねsign03 お父さん、ご心配なくsign02

教員からも出題しましたよ。みんなはどんな問題を解いたのでしょうか?問題を一部紹介しましょう。

『宇宙兄弟』のお兄ちゃんの名前をフルネーム漢字で書け!(出題:松田忍)

世田谷キャンパスで見ることができるホタルはゲンジボタルのみ!○か×か(出題:掛川先生)

現在の光葉博物館のポスターに載っているあの木像はどこに飾られていた像?出題武田先生

ビルゲイツ、スティーブジョブズ、明石家さんま、郷ひろみの共通点は?」(出題:木下先生)

うーん、みなさん、わかりましたかsign02

クイズのほうはダントツトップ突っ走っていたBが、最後の最後で追い付かれ、同点決勝戦の末、逆転されるというドラマティックな展開優勝チームと準優勝チームには木下先生から景品手渡され交歓会もお開きです。

さいごに集合写真、パチリ!!おつかれさまでした~~!武田先生と掛川先生も楽しそうですね♪

↓右端で切れちゃっている木下先生もこの通りの笑顔 🙂

以上、東明学林1日目様子は2-Bクラスアドバイザーの松田忍がお伝えいたしました。

shineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshineshine

今回の学寮は各係のみなさんがしっかりとチームワーク良く動いたおかげで、タイムテーブル通りの進行となり、幾分かのんびりした時間を過ごすことが出来たかと思います。建物内を走り回っている助手さんたちも、このとおり束の間のひととき。

保健室前のくま、ついつい触りたくなりますよね。松田も5~6回は撫でました。