2012年11月

歴文サロン~~秋桜祭企画~~ [2012年11月25日(日)]

11月10~11日に開催された秋桜祭。その参加記はすでに記事にいたしましたが、今日は歴文サロンの様子をご紹介いたしたいと存じます。

歴文サロンとは・・・

OG、在校生、そして教職員とが定期的にふれ合って、お話ししましょうというサロン企画です。今年の春から月1回ペースで開催して参りましたが、秋桜祭ではその拡大版として、より多くのOGの皆さまをお誘いして「お帰りなさい!」の場を設定いたしました!歴文サロンはこんな雰囲気です↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓↓

社会に出てそれぞれの分野でご活躍になっていらっしゃ卒業生のみなさまきっとお忙しいだろうなぁどれだけの方がいらしていただけるだろうと案じておりました。しかし蓋を開けてみれば大盛況!2日間で70名以上の卒業生と数十名の在校生、そしてたくさんの先生方に足をお運びいただき、とても盛りあがりました!卒業なさっても、こうして歴文に戻ってきていただけるのは、本当に本当に嬉しく存じました!!2日間、サロンの教室では至るところに再会を懐かしむ輪ができ、「今どうしてる?」とか懐かしい思い出話などに花が咲きましたよ~  

サロンの一貫として 「4年生から就活の話を聞こう!」という就活相談会も企画したのですが、これに卒業生も飛び入り参加。当初の予定時間を過ぎても、この通り↓↓↓ 輪はなかなか解けずに、貴重な情報がやりとりされたようです。

特別企画としては、10日(土)には増田勝彦先生による「和綴じ製本によるメモ帳づくり教室」、11日(日)には小泉玲子先生による「埴輪ストラップづくり教室」が開かれました。

色とりどりの紙を自分で自由に並べ替えて作る和綴じメモ帳。良いお土産ができました!

 

ストラップづくり教室には、小泉ゼミのゼミ生たちがお手伝い役として参加してくれました。野毛古墳祭りでも人気企画のストラップづくり、お手伝い段取りはお手の物でしたよ!

 


 

みんなと並んで、山本博也先生も歴文公式キャラクター「歴まる君」に色をつけます。先生の真剣さ 😆

卒業生がどんどん集まり、この人数に!!

サロン中の黒板に、「この夏に旅行したところにシールを貼っていってください!」と書いて地図を貼っておいたところ、この通りシールで埋め尽くされました。「手で考え、足で見よう」の歴文スピリッツは卒業してもまだまだ健在です!小さくてよく見えないのが残念ですが、楽しいコメントもびっしりですよ!!

歴文サロンで待ち合わせをしてそのまま三軒茶屋お食事会開いた卒業生たちもいらしたようですよ。

歴文サロンまた開催するときには是非足をお運び下さいませ。お越し下さった皆さま本当にありがとうございました!!

野毛古墳まつり報告 by 歴文1年生 [2012年11月17日(土)]

こんにちは~!歴史文化学科1年の綿貫です。

10月20日・21日に世田谷区野毛で開催されました『野毛古墳まつり』!私たちは考古学基礎の授業の一環として参加させていただきました。

今回で5回目となるこのお祭りは、地域の方々に地元の古墳についてもっとよく 知ってもらうために世田谷区が開催しています。そのため私たちも野毛大塚古墳について勉強してから参加しました…!

【野毛大塚古墳について】
・今から1600年ほど前に作られた、帆立貝のような形をした前方後円墳であること
・鎧や冑、刀剣などの武具が出土されたこと 
・鶏の頭や柵のような形の埴輪が飾られていたこと

歴文が担当した出し物は、

・野毛カブトづくりコーナー
・ミニ土器づくりコーナー
・クイズコーナー
の3つです!

野毛カブトづくりは、野毛大塚古墳から出土された三角板革綴衝角付冑をペーパー クラフトとしてつくってみよう!というコーナーです。実際に被れるサイズの大 きなペーパークラフトなので簡単につくれるでしょ~と思っていたのですが、こ れがなかなか難しい!まさにスタッフ泣かせのコーナーでした。しかしお祭り当 日はちびっこを中心に盛り上がっていましたよ~!小学生に感想を聞いたとこ ろ、『難しすぎ!!』とのことでしたが;;

ミニ土器づくりは、陶芸用の粘土をつかって土器作り」にチャレンジしてもらうコー ナーです。私たちは前期の授業で土器のつくり方を習ったので、そのときに得た コツなどを活かしてご指導させてもらいました~!とはいってもみなさん自由に 作っていってました。土器という枠にとらわれず埴輪や土偶や芸術作品(!?)を つくっている方もいて、非常に和やかな粘土いじりコーナーでした。

クイズコーナーでは野毛大塚古墳に関するクイズにチャレンジしてもらいまし た。こちらは他2つに比べて年齢層高めな方々が奮闘されている姿をよく目にし ました。全問正解でもらえたストラップ型のお名前入りお祭り参加証は小泉先生 の手作りですよ~!すっごく細かい…!

その他にも古代食体験や、はに輪投げなどまさに古墳祭り!!というコーナーが たくさん設けられていました。様々な年代の方が参加されていて本当に楽しかっ たです!カブトづくりコーナーや土器づくりコーナーで遊んでいってくれた子ど もたちの中から将来の考古学者がうまれたり…そこまではいかなくても、いつか ふと「あの公園の丘ってなんだろう?」とか思ってもらえるとうれしいですね(^^)

——————————————————————————–

歴文ブログ読者のみなさま、はじめまして! 歴史文化学科1年の倉橋です。

今回は、先日行われた「野毛古墳まつり」についての記事を書きたいと思いますヽ(・∀・)ノ

まつりには、私たち歴史文化学科の学生のうち、小泉先生の「考古学基礎」を受講する学生がスタッフとして参加しました。

古墳まつりは10/20、21と2日に渡って、等々力渓谷のご近所、野毛大塚古墳を舞台におこなわれました!会場には焼き鳥や綿菓子の出店、古墳のペーパークラフトつくり、輪投げ、埴輪投げ、古代食の試食などなど、様々なイベントが用意されていました! もちろん、古墳からの出土品の展示もされていました!

その中で昭和女子大学は、 土器作り体験、冑のペーパークラフト、クイズといった3つの催しを用意しました。

私は日曜日のみの参加だったのですが、会場には想像以上の人、人、人……!世田谷区に住む多くの方が区の文化財に興味を持ってくださるのは、とても嬉しいことですね(*´∇`*)

さて。まず初めに担当したのは土器作り体験の指導でした。 参加者は主に、小学生が多かったように思いますが、中には小さなお子さまとお母さまが共同で1つの作品を作る、といった場面もあり、親子で土器を作るという貴重な体験をしていただけたのでは、と思います!

参加者の小学生は、毎年古墳まつりに来て土器を作っているからと、私たち以上の手際のよさを披露してくれたり、縄文土器の模様は、実は縄以外のものでも付けていたということに驚いて、目を輝かせながら話を聞いてくれたり、工夫を凝らした形や柄を付けて、世界に1つだけの土器を作ったりと、思い思いに土器作りを楽しんでくれたようです。

そして中には、埴輪を作って帰る子も……。 とても可愛く仕上がっていましたよ。

お次は冑のペーパークラフトのお手伝い。 デザインの元になったのは、野毛大塚古墳から出土した「三角板革綴衝角付冑」。 まつりのイメージキャラクター達も被っていましたね。 お手元に冑のペーパークラフトをお持ちの方が居ましたら、柄をよく見てみてください。三角形を紐で止めている柄になっているのが確認して頂けると思います!

実はこの冑のペーパークラフト、私たち学生も作成には苦労したのです。 まずは厚紙を線にそって切り、穴を開け、その穴に黒いビスをぷちぷちと刺して止めていきます。 これが本当に大変……。

ですが、完成したときの達成感は最高です(*^O^*)

まつりでは、あらかじめ切りぬいておいた紙を、参加者と協力してぷちぷちと留めていきます。 完成した冑をはにかみながら被る女の子の顔がとても印象的でした。

私たちは1日中スタッフをしていた訳ではなく、 人手の足りている時には古代食を試食したり、古墳にのぼったり、イメージキャラクターと一緒に写真を撮ったりと、古墳まつりを楽しんできました!

古代食は、赤米黒米のおかゆ、どんぐり、そばがきが用意されていました。 おかゆは美味しかったのですが、どんぐりは某すぎちゃんもびっくりなワイルドな味がしました(*゜Q゜*) ワイルドな栗のような味……。 最後にそばがきは、何とも不思議な味がしました。食感はすこし弾力があり、でもお餅ほどではなく……。 とにかく不思議な食べ物でした。

どれも、日常生活では滅多に口にできない味ですので、古代にタイムスリップした際、あるいは今後古墳まつりに足を運ばれた際には是非ご賞味ください!笑

2日間の古墳まつり。 多くの方にご来場頂き、地元の文化財を身近なものに感じて頂けたのではないでしょうか。 来年の開催も、今からとても楽しみです。  でも、次参加する機会があったら、虫除けスプレーを持参しようと思います(´・д・`)

古墳まつり参加スタッフのみなさま!

「野毛古墳まつり」参加レポ!!by 歴文1年生 [2012年11月17日(土)]

こんにちは~!歴史文化学科1年の綿貫です。

10月20日・21日に世田谷区野毛で開催されました『野毛古墳まつり』!
私たちは考古学基礎の授業の一環として参加させていただきました。

今回で5回目となるこのお祭りは、地域の方々に地元の古墳についてもっとよく知ってもらうために世田谷区が開催しています。
そのため私たちも野毛大塚古墳について少しだけお勉強してから参加しました…!

・今から1600年ほど前に作られた、帆立貝のような形をした前方後円墳であること
・鎧や冑、刀剣などの武具が出土されたこと
・鶏の頭や柵のような形の埴輪が飾られていたこと

…などなどです。

歴文が担当した出し物は、

・野毛カブトづくりコーナー
・ミニ土器づくりコーナー
・クイズコーナー

の3つです!

野毛カブトづくりは野毛大塚古墳から出土された三角板革綴衝角付冑をペーパークラフトとしてつくってみよう!というコーナーです。実際に被れるサイズの大きなペーパークラフトなので簡単につくれるでしょ~と思っていたのですが、これがなかなか難しい!まさにスタッフ泣かせのコーナーでした。しかしお祭り当日はちびっこを中心に盛り上がっていましたよ~!小学生に感想を聞いたところ、『難しすぎ!!』とのことでしたが;;

ミニ土器づくりは陶芸用の粘土をつかって土器作りにチャレンジしてもらうコーナーです。私たちは前期の授業で土器のつくり方を習ったので、そのときに得たコツなどを活かしてご指導させてもらいました~!とはいってもみなさん自由に作っていってました。土器という枠にとらわれず埴輪や土偶や芸術作品(!?)をつくっている方もいて、非常にゆるーい粘土いじりコーナーでした。

クイズコーナーでは野毛大塚古墳に関するクイズにチャレンジしてもらいました。こちらは他2つに比べて年齢層高めな方々が奮闘されている姿をよく目にしました。全問正解でもらえたストラップ型のお名前入りお祭り参加証は小泉先生の手作りですよ~!すっごく細かい…!

その他にも古代食体験や、はに輪投げなどまさに古墳祭り!!というコーナーがたくさん設けられていました。様々な年代の方が参加されていて本当に楽しかったです!カブトづくりコーナーや土器づくりコーナーで遊んでいってくれた子どもたちの中から将来の考古学者がうまれたり…そこまではいかなくても、いつかふと『あの公園の丘ってなんだろう?』とか思ってもらえるとうれしいですね(^^)

歴文ブログ読者のみなさま、はじめまして!
歴史文化学科1年の倉橋です。

今回は、先日行われた「野毛古墳まつり」についての記事を書きたいと思いますヽ(・∀・)ノ

まつりには、私たち歴史文化学科の学生のうち、小泉先生の「考古学基礎」を受講する学生がスタッフとして参加しました。

古墳まつりは10/20、21と2日に渡って、等々力渓谷のご近所、野毛大塚古墳を舞台におこなわれました!
会場には焼き鳥や綿菓子の出店、古墳のペーパークラフトつくり、輪投げ、埴輪投げ、古代食の試食などなど、様々なイベントが用意されていました!
もちろん、古墳からの出土品の展示もされていました!

その中で昭和女子大学は、
土器作り体験、冑のペーパークラフト、クイズといった3つの催しを用意しました。

私は日曜日のみの参加だったのですが、会場には想像以上の人、人、人……!
世田谷区に住む多くの方が区の文化財に興味を持ってくださるのは、とても嬉しいことですね(*´∇`*)

さて。まず初めに担当したのは土器作り体験の指導でした。
参加者は主に、小学生が多かったように思いますが、中には小さなお子さまとお母さまが共同で1つの作品を作る、といった場面もあり、親子で土器を作るという貴重な体験をしていただけたのでは、と思います!

参加者の小学生は、毎年古墳まつりに来て土器を作っているからと、私たち以上の手際のよさを披露してくれたり、縄文土器の模様は、実は縄以外のものでも付けていたということに驚いて、目を輝かせながら話を聞いてくれたり、工夫を凝らした形や柄を付けて、世界に1つだけの土器を作ったりと、思い思いに土器作りを楽しんでくれたようです。

そして中には、埴輪を作って帰る子も……。
とても可愛く仕上がっていましたよ。

お次は冑のペーパークラフトのお手伝い。
デザインの元になったのは、野毛大塚古墳から出土した「三角板革綴衝角付冑」。
まつりのイメージキャラクター達も被っていましたね。
お手元に冑のペーパークラフトをお持ちの方が居ましたら、柄をよく見てみてください。三角形を紐で止めている柄になっているのが確認して頂けると思います!

実はこの冑のペーパークラフト、私たち学生も作成には苦労したのです。
まずは厚紙を線にそって切り、穴を開け、その穴に黒いビスをぷちぷちと刺して止めていきます。
これが本当に大変……。

ですが、完成したときの達成感は最高です(*^O^*)

まつりでは、あらかじめ切りぬいておいた紙を、参加者と協力してぷちぷちと留めていきます。
完成した冑をはにかみながら被る女の子の顔がとても印象的でした。

もちろん、私たちは1日中スタッフをしていた訳ではなく、
人手の足りている時には古代食を試食したり、古墳にのぼったり、イメージキャラクターと一緒に写真を撮ったりと、古墳まつりを楽しんできました!

古代食は、赤米黒米のおかゆ、どんぐり、ささがきが用意されていました。
おかゆは美味しかったのですが、どんぐりは某すぎちゃんもびっくりなワイルドな味がしました(*゜Q゜*)
ワイルドな栗のような味……。
最後にささがきは、何とも不思議な味がしました。食感はすこし弾力があり、でもお餅ほどではなく……。
とにかく不思議な食べ物でした。

どれも、日常生活では滅多に口にできない味ですので、古代にタイムスリップした際、あるいは今後古墳まつりに足を運ばれた際には是非ご賞味ください!笑

2日間の古墳まつり。
多くの方にご来場頂き、地元の文化財を身近なものに感じて頂けたのではないでしょうか。
来年の開催も、今からとても楽しみです。

今後行く機会があったら、虫除けスプレーを持参しようと思います(´・д・`)

秋桜祭散策記! [2012年11月16日(金)]

んにちは、松田忍です。先週末は秋桜祭でした私は基本的には2日とも歴文サロン貼りついていたのですが空いている時間は学生たちが頑張っている様子を求めてぶらぶらとキャンパスを歩き回りました。歴文サロン記事は写真を交えて後ほどということにして、秋桜祭散策記をアップします。

————————————————————————————

1日目

最初にいったのは、歴文生もたくさん所属する民俗学研究会ゼミ生Mさんから招待状もいただいており展示を見に参りました。夏の宮崎県調査成果が展示されていました。

れきしかっふぇ今年各ゼミの夏期研修の成果発表タピオカさんでした。研究成果を小冊子にまとめていて配付なさっていらっしゃいました。3年生を中心に1年生までたくさんの歴文生が参加していていい活動になったのではないでしょうか。タピオカカルピスお菓子を購入。

ゼミ生2人イラストレーション部にいるので、こっそりとのぞくと、大盛況!Cool 😎 なオリジナルキャラのイラストたくさん展示されていて、物販も大盛況のようでしたよ!イラストは次々にSold Outになっているようでした。あれだけ書けるとイラストも楽しいんだろうなぁ今度松田ゼミの公式キャラクター作ってもらおうかなKさん、Tさんよろしくお願いしますm(_ _)m

続きましては、特設ステージでDAIGOさん語っているのを遠くにみながら、昼ご飯を求めて模擬店巡りをしました。いつも安積文書会にきてくれる歴文2年生のOさんがバドミントン部でホットドッグ屋をしていたので、ひやかしにいきました。売り切れ間近でしたが、歴文サロンで頑張っているスタッフ用にホットドッグ5本購入!その後日文有志焼きそばを狙うもなんどいっ準備中買えずホットドッグもそうですが、焼きそばとか焼き鳥とか、ガッツリ系はどこも人気がありました。

日目

実は松田は演劇部写真部の顧問をやっておりまして、それぞれの活躍の様子を見に行きます。

まずは演劇部午前公演観劇もう演劇部の公演を見るのもこれで4回目となります。ちなみに演劇部長は松田ゼミ生のIさんです。Iさんはゼミ報告のときも異常に滑舌がよくて、声が良く通るのですが、舞台にあがるとその迫力は圧巻です!!いい女優さんっていうのは舞台に上がるとでかく見えるんだよね。忙しくなる3年生ですが、引退せずにもう一回やって下さいここでお願いしておきますお話のほうは、爆弾強盗誘拐犯が同時に一つのホテル襲ったらという設定のコメディです。話の途中で、なんかこいつは!?という変なキャラも登場するのですが、最終的に全ての伏線が回収されてフィナーレを迎えるあたり熟練の脚本でした。期待通り、とても面白かったです

写真部では、部員のみなさんがそれぞれのテーマに沿って、アルバムと壁展示をしていました。気に入った写真があれば、その場で絵葉書にプリントアウトしてくれるという趣向つきです。以前このブログにもカモの写真を投稿して下さった歴文2年生のOさんの写真もありましたよ。学内、国内、海外と各地を飛び回って、撮影していらした写真がきちんと製本されて2冊の本になっているという、とても気合いのはいった展示でした。Oさんの写真は一枚一枚にストーリーが感じられて、とてもとても楽しめるんですよね。どうやら松田の前の顧問の先生は、秋桜祭のときに写真展示をなさっていらしたようなんですね。来年の秋桜祭は顧問・松田も写真の展示をします部長さんに約束して去ります。展示を見て撮影意欲を刺激されました。今から頑張って撮りためなくちゃ

写真部を観にいった帰りに松田ゼミOGFさんとばったり出会いました。彼女は煎茶部OGもありお手伝いにいらしたとのこと!せっかくOGみつけたので歴文サロンひっぱってきます

今年は附属校のほうも足を運んでみました。 幼稚部の園児たちが動物のかぶりものをして「幼稚部にきてくださーい」と声を揃えて叫びながら歩いているのとすれ違う。可愛いですねぇ。

のブログで先日東北での文化財修復研修の記事を書いて下さったTさん。彼女は囲碁部だそうでして、1号館でポップコーン屋をひらいていらっしゃいました。「ポップコーンを買いにいく」と松田が約束したのに、まったくこないので、Tさんがおこっているという情報を聞きつけて、一つ買いに行きます。忘れていたわけではなく、忙しかったんです!ちなみに松田は一応囲碁はルールくらいは分かります。めちゃくちゃ弱いですが。Tさん、是非今度碁盤を持って研究室にいらしてくださいな。一戦交えましょうぞ 😈

————————————————————————————

ここまで紹介したのは部活やサークルの話でしたが、2日間ぶらぶらと歩いていると、STAFFジャンパーを着た歴文生とすれ違う回数の多いこと多いこと!秋桜祭実行委員のいろんな部署で、中心となって企画を立てていらしたようですね。地道に企画を成功させた経験、是非これからいかしていって下さい。

そんな感じで学園祭を満喫した松田でしたhappy02

最後に………

秋桜祭に参加したみなさま!おつかれさまでした~~ !!

Sanchart~世田谷美術館とコラボしました!~ [2012年11月10日(土)]

三茶(三軒茶屋)×アートというコンセプトの下、
世田谷美術館と西洋美術史ゼミを主体とする歴文学生で
【Sanchart(サンチャート)】というアート企画artが立ち上がりましたsign03
11/10(土)・11(日)の秋桜祭期間中、
三軒茶屋のカフェcafe、レストランrestaurant三店舗の中に
世田谷美術館の所属作品が隠れていますhappy01  
大学近くの「cup bearer」、「Pepe Rosso」、「steps」の皆さんにご協力を頂き、
アンリ・ルソー≪フリュマンス・ビッシュの肖像≫
アンドレ・ボーシャン≪花≫≪散歩≫
稲垣知雄≪荒野の猫≫≪笑う猫≫
などの作品パネルを学生たちがそれぞれ悪戯書きsmileなど
可愛い装飾shineをしたものが飾られていますのでcatface
是非アートartの紛れた店内を覗いてみて下さいhappy02notes

秋桜祭(学園祭)開催! [2012年11月10日(土)]

今週末11/10(土)、11/11(日)は、秋桜祭(学園祭)を開催中ですnew

有志による「歴文サロン」や「れきしかっふぇ」、その他のサークル団体など、多くの歴史文化学科学生が参加していますhappy02

また、秋桜祭実行委員会のスタッフとしても歴文の学生が多数関わっているんですよnote(なんと実行委員長は歴史文化学科3年生sign01

歴文サロンのポスターとれきしかっふぇのタピオカドリンク

たくさんの方のご来場をお待ちしておりますheart04