2018年6月

オープンキャンパス情報*part3* [2018年06月29日(金)]

*7月のオープンキャンパス*

オープンキャンパスでは、歴史文化学科の先生や学生がみなさんの質問にこたえてくれます。
分からないことや知りたいことをどんどん聞いてみてください!

クローバー デコメ絵文字日時:平成30年 7月22日(日) 10:00~15:00クローバー デコメ絵文字

はにわ の画像はにわ の画像はにわ の画像

 

歴史文化学科相談ブース
牧野元紀先生(東洋史)
【場所】8号館1階 学科ブース

 

学科説明(11:15~11:30)
大谷津早苗先生(日本芸能史)
【場所】7号館2階 2L03教室

 

体験授業(11:30~12:15)
松田忍先生(日本近現代史)
【場所】7号館2階 2L03教室
【タイトル】「史料解読~歴史学の基礎作業~
〔授業内容〕
今春、歴史文化学科OGの実家から発見された犬養毅の手紙。
いつ、どこで、いかなる目的で書かれた手紙なのか。
手紙に残された痕跡を丁寧に追いながら、一緒に史料の謎を解こう。
歴史学はアクティブな学問なんですよ!

 

光葉博物館見学(12:15~12:45)
【場所】7号館1階 光葉博物館
光葉博物館学芸員による施設案内

 

AO入試受験相談
【場所】8号館1階 学科ブース
木下亮先生(西洋美術史)
野口朋隆先生(日本近世史)
鶴岡明美先生(日本美術史)
山本成生先生(西洋史)

 

花 デコメ絵文字6月のオープンキャンパスの様子家電だよ。カメラ の画像花 デコメ絵文字

 

 

ぜひ、歴史文化学科の雰囲気を感じにいらしてくださいはにわ の画像はにわ の画像はにわ の画像クローバー デコメ絵文字

 

 

学寮研修(2年生)をおこないました! ―労作― [2018年06月17日(日)]

こんにちは、松田忍(日本近現代史)です。

2018年6月12日から6月15日まで、神奈川県大井町の東明学林にて、歴文2年生の学寮研修をおこないました。今年も、約100名の学生が3泊4日の共同生活をおこなうなかで、濃密な研修プログラムが実施され、大きな成長の機会となりました。

何回かにわけてその模様をお届けしたいと思います。まずは労作奉仕を取りあげます。

今回の労作では「みかんの施肥」をおこないました。6月中旬のこの段階でミカンの木には小さな実がすでについています。

この実が一夏かけてだんだんと大きくなっていき、晩秋から初冬にかけて、おいしいミカンとなっていくのだそうです。そのためにはこの段階で肥料を与えておかねばなりません。おそらくほとんどの学生が体験したことのない作業ですね。

1 前日の事前準備

学寮研修初日には労作係の学生16名に対して、東明学林の職員から作業方法のレクチャーがおこなわれました。2日目の作業当日には職員は最低限のサポートをおこなうだけであり、16名の学生が約100名の学生を指揮して作業を進めることになります。労作係の学生は、当日に起こるであろう混乱を予測し、全員に作業方法を周知して安全に正確に作業をしてもらうための段取りを熱心に話し合っていました。

2 道具の準備

さて当日。心配されていた雨も降らず曇りの天候。早めに集まった労作係の学生が道具の準備をおこないます。

3 全員集合

そして係以外の学生が寮室からでて集まってきます。本日の労作がうまくいくかどうか、それはこの段階で既に決まっているのかもしれません。事前の計画がうまくいっていればうまくいくし、計画が詰めきれていなければ、みんなが作業方針がわからずに混乱してしまいます。さて、どうなりますか!?

4 作業開始前の全体ミーティング

今回の労作係の主任・副主任には、力はあるものの、どちらかいえば物静かな学生がついていました。しかし一番重要なリスクマネジメント(道具の安全な使い方の説明)を実際にやって見せて堂々と説明するなど、見事な仕切りで労作ははじまりました。2人には本当に大きな経験になったと思います。「立場」が人を育てることも数多くあるからこそ、「立場」につく経験こそが重要です。そして手前味噌にはなりますが、昭和女子大学には「立場」につく経験が本当に山のようにたくさん用意されていますよ!

5 現場での労作係学生からの説明

グループごとに施肥の現場に移動します。寮室メンバーごとの作業グループとなります。おそらく前の日の晩にそれぞれの寮室で段取りの説明をしたうえで当日に臨んだのだと思いますが、それを踏まえて現場での作業行程の最終確認がおこなわれました。

6 作業開始!!

さていよいよ作業開始です。作業内容がわからずとまどっている学生は一人もおらず、この時点で成功を確信いたしました!みんながそれぞれの持ち場で、楽しく、真面目に、丁寧に、仕事を進めていきます。きょうびの若者ですから、「農作業とかだり~わ」みたいな学生がいてもおかしくないと思うのですが、誰も逃げずに持ち場を守るのが歴文生の魅力です。

カメラを向けるとこの笑顔。ストレス無く作業を進めているようでひと安心!「女子大生+農具=??」ですね笑 斬新!

作業現場の全体像はこんな感じです。結構な斜面での作業です。残念ながら曇天でしたが、晴れていて富士山を間近にみながらの労作だったらもっと気持ちよかっただろうな~。ちょっと残念!

7 道具の後片付け

そして作業は順調に終わり、道具の後片付けに移ります。

当日は作業をずっと見守って下さった東明学林の職員さんたちですが、クワやスコップなどの道具を大切に扱うべきことは、丁寧にご指導下さいました。ありがとうございます!

8 係学生の最終ミーティングおよび講評

最後に係学生の最終ミーティングです。

想定より相当早い時間で全ての作業を完了することができ、東明学林の職員さんからもお褒めの言葉を頂きました。それと同時に労作係以外の学生が一生懸命協力してくれたからこそ、円滑な労作となったことを理解して、お礼の気持ちを必ず言葉で伝えねばならないと話してくださいました。

私からは、係の学生への講評として、素晴らしい労作であったことを伝えてねぎらいました。

またどんなプログラムであっても反省点をだし、次同じようなプログラムをおこなうときの経験値としていく必要があります。今回でいえば、作業の「終わるタイミング」が明確ではなく、作業終了宣言をだせなかったがために、後半がバラバラとした解散になったことは改善可能じゃないかと伝えました。

たとえば作業終了チケットを事前に作成して労作係の学生に渡しておいて、労作係学生が自分のグループで作業が終了したら、チケットを主任に提出する。そして全てのチケットが主任に集まった段階で、主任から作業終了宣言をだし、撤収及び道具の片付けを指示する方法があったのではないか、そうすると全員が達成感をもって、気持ちよく一斉に作業を終えられたのではないかと話しますと、学生たちはとても熱心に聴いていました。

でも改善ポイントがあることは悪いことではありません!みなさんはまだ学生であり、まだまだチャレンジの機会があるのですから。こうしたチャンスに経験値をためて、次はもっとうまくいくように頑張ろう!

おつかれさまでした!ありがとうございました!

労作の内容は季節ごとに異なるため、学生たちには前例となる模範があったわけではありません。前日に聞いたことから、当日におこりうる状況を想像して段取りをたて、円滑に安全に作業をやりとげた学生たちには心から拍手を送りたいと思います!

教育実習の訪問指導をしてきました [2018年06月13日(水)]

西洋史の山本です。こんにちは。

「教育実習」の季節ですね。私も先日、卒論を担当している二人の学生の授業を見てきました。

Aさんは自由な雰囲気の某県の共学進学校の出身で、母校で世界史の授業をやっていました。テーマは「十字軍」です。交渉により10年間ながらも、キリスト教の聖地エルサレムをイスラーム勢力から平和裡に取り戻した神聖ローマ皇帝フリードリヒ2世(いわゆる第4回十字軍)を取り上げ、宗教的対立を解消するには何が必要か学生に考えさせることを主眼とした授業でした。

Aさん「『9.11』(2001年のアメリカ同時多発テロ)って聞いたことあるかな? あと最近、アメリカの(イスラエル)大使館がエルサレムに移動されることが問題となったよね。」

成績優秀で日頃の受け答えもしっかりしているAさん。高校生相手に堂々と授業をこなしています。

フリードリヒ2世が西洋、ビザンツ、アラブの文化が混在していた「シチリア王国」の出身であることを踏まえ…

Aさん「じゃあ彼の立場で、スルタンに手紙を書いてみよう!」

先生の板書を必死に写していた私の学生時代とはだいぶ異なる、アクティヴラーニングを意識した授業で、まさに隔世の感(?)でした。

[アラビア語、ギリシア語、ラテン語、ヘブライ語の4言語で書かれた石碑(パレルモ、ジーザ宮)。ノルマン・シチリア王国の文化的混在を示している。]

* * *

同じく成績優秀なBさんは、某県の名門女子校での教育実習でした。こちらも世界史でテーマは「宗教戦争と絶対王政の成立」。なかなか難しいテーマです。Aさんとは異なり、オーソドックスといいますか、重要な歴史的事項を踏まえつつも、グループで話し合わせて考えさせる、という構成になっていました。

まずびっくりしたのは、輝くばかりのBさんの笑顔! 先生がこんなにニコニコしていたら、学生が引き込まれないはずがありません。笑顔って重要だなぁ~、と日頃ムスっとした顔で授業をしている(疲労のため?)自分を反省しました(笑)。

もちろん、Bさんの良さはそれだけではありません。

Bさん「教科書には『フランス人は〈一つの国民〉としてのまとまりを求める方向に一歩踏み出した』とあるけど、この〈国民〉って何なんだろう?」

と、なかなか難しい質問を学生に投げかけ、「国民」という私たちにとって当たり前の観念が、実は歴史的に形成されたものであることを考えさせていました。「暗記科目」になりがちな世界史の授業も、こうした「問いかけ」をすることで、現代の諸問題を解決するための有効な道具に変わるのです。

[サン・バルテルミの虐殺(1572年)を描いた著名な絵画。スイスに亡命したユグノーの画家フランソワ・デュボワが描いたもの。この絵ではユグノー中心的人物であるガスパール・ド・コリニーが印象的に描かれている。彼は中央右上の建物の2階から放り落され、首を刎(は)ねられた後に去勢され、右奥にある「モンフォーコンの絞首台」(右上奥の丘の上の建物)へと連れられていった。]

* * *

いずれの学生も本当に立派に授業をやっており、とても感動しました(もちろん、西洋史が専門の私からすると言いたいことがないわけではありませんが…)。手前みそですが、「KJ法」によるディスカッションやヨーロッパ歴史演習など、歴文の特色ある授業が役立っていたようにも感じられました。

無論それだけでなく、実習先の先生方のご指導があってのことだと思います。お忙しいなか本学の学生を教育実習生として受け入れていただき、また懇切丁寧にご指導いただいたことに、心より感謝したいと思います。

歴史文化学科では中学校の「社会」、高等学校の「地理歴史」の教職免許を取得することが可能です。もちろん、公立の中高の教師になるためには、その上で教員採用試験を受けなければなりません。上記の科目は倍率が高く、正直に言いますと「狭き門」です。しかし、歴文では毎年一定数の学生が難関をくぐり抜け、教員として巣立っています。教員を目指す学生を、全力で応援したいと思います。

【環境考古学】遠隔授業を行いました! [2018年06月11日(月)]

 

環境考古学担当の佐々木です。環境考古学は、隔週で2限連続、4・5限の授業です。

2限連続の授業というと大変に感じるかもしれませんが、半分くらいは実習を行って手を動かしながら、自然科学分析を習得します。授業も大学だけでなく、教育委員会や埋蔵文化財センターのご協力を得て野外実習も行っています。

さて、5月後半からは土器圧痕のレプリカ法を習得する講義と実習を行っています。圧痕とは土器の表面に見られるくぼみのこと。

このくぼみの中には土器作りの際に粘土に入ったタネやムシの痕跡であることがあります。このくぼみに歯医者さんなどで使われているシリコンを入れて型をとって、何の痕跡かを調べる方法がレプリカ法です。 

この方法は、日本だけでなく、世界でも注目されています。実習では粘土板に現在の穀類を埋め込んだプレートを使用しています。このプレートとレプリカ採取キットを用いた授業をラオス国立大学の考古学専攻の授業と同時に行いました。

同時に行う手段は、スカイプです。ラオスと日本は2時間の時差がありますので、実習時間を合わせて行いました。写真のスクリーンにはラオス国立大学の2年生を対象とした環境考古学の授業が映し出されています。

実習中の様子や作業の様子を見ながら、こちらでも作業を。シリコンを注入する注射器を抜く際の空気のポン!という音などが聞こえ、あ!今、音が聞こえた!と受講生もリアルタイムでラオスに繋がっていることを実感しながら授業を行いました。

授業の後は、片付けに残っていた女子学生さんとガールズトーク!ラオスには女子大学がないので、日本に女子大学があることにびっくりしていたようです。ラオス国立大学にはシンという民族衣装をもとにした制服があり、ラオスの女子学生がみんなかわいい!と受講生が絶賛していました。ラオスの女子学生さんからラオスにぜひ来てね!と言われましたよ。またタイミングを合わせて、スカイプを用いた合同実習や講義を行って、いつかは実際に会って合同で調査ができたらいいなと思っています。

授業の実施にあたっては、JICAシニア海外ボランティアでラオス国立大学に派遣されている川島秀義さん、ラオス国立大学考古学専攻のSouvannahong LADTANAPHIM先生、 Sommay SINGTHONG先生のご協力を得ました。

 

世田谷歴史散歩Bコース行って来ました! [2018年06月08日(金)]

こんにちは、松田忍です。

2018年6月2日、歴文1年生懇親企画「世田谷歴史散歩」のBコースにいってきました。

参加者は歴文1年生4名と掛川先生と松田です。いつもの世田谷歴史散歩からすると、ちょっと少人数の企画になりましたが、その分初対面だった学生同士も打ち解けて、のんびりムードでの散歩になりましたよ!

Bコースは初めて企画したルートです。等々力駅を出発して、等々力渓谷、等々力不動、野毛大塚古墳他いくつかの古墳をめぐり、最後に五島美術館を訪れるコースとなります。掛川先生撮影の写真と共に行程を振り返ります。

等々力渓谷は初夏の新緑も色濃く、すでに紫陽花も満開となっていました。学生のみなさんも綺麗な景色を見つけては立ち止まって、パシャパシャと写真を撮っていました。

等々力不動はちょうど茅の輪の時期、汗ばむ天気だったので、ソフトクリームを食べて一休み。

さらに野毛大塚古墳へ。古墳周りの公園が整備されていて、古墳見学できるかどうか心配したのですが、いつもどおり大きな存在感を放っていました!

そして五島美術館。「近代の日本画展」が開催中。

富士絵をはじめとする横山大観の絵が多く展示されており、とても楽しめました。二度塗りができないであろう日本画において、滝の飛沫を一点一点描写している絵もあり、画面からの伝わる緊迫感に酔いしれました。展示されている絵は大観晩年の絵が多く、80歳を越えてなお、気力の衰えを感じさせない迫力が素晴らしいと感じます。

別室では工芸品の展示、棗(なつめ)が展示されていたのですが、細くて吹けば飛ぶような羽毛が蒔絵で表現されていて、その手仕事の丁寧さにはゾクゾクきましたよ。

五島美術館の楽しみは広大な庭園の散策。掛川先生と一緒に1年生ものんびり歩いたようです。

これにて今年の世田谷歴史散歩は終了!しかし1年必修の授業でのみなさんの反応を聞いていると、また企画して欲しいとの声も多数。今年は秋にでももう一回くらいやろうかな?企画したときには是非みなさんご参加くださいませ!

オープンキャンパス情報*part2* [2018年06月08日(金)]

*6月のオープンキャンパス*

オープンキャンパスでは、歴史文化学科の先生や学生がみなさんの質問にこたえてくれます。
わからないことや知りたいことをどんどん聞いてみてください!

日時:平成30年 6月17日(日) 10:00~15:00

 

☆あじさい☆ デコメ絵文字はにわ の画像☆あじさい☆ デコメ絵文字

 

 

歴史文化学科相談ブース
松田忍先生(日本近現代史)
【場所】8号館1階 学科ブース

 

学科説明(11:15~11:30)
野口朋隆先生(日本近世史)
【場所】7号館2階 2L03教室

 

体験授業(11:30~12:15)
田中眞奈子先生(文化財科学)
【場所】7号館2階 2L03教室
【タイトル】「文化財保存学:未来へ繋ぐ文化財
〔授業内容〕
文化財保存学は、文化財を後世に継承するための文理融合の学際的な研究分野です。
文化財を調べたり、修復したり、置かれる環境を整えたりすることで、
その保存に寄与することを目的としています。
本授業では、映画の保存などの最新のトピックを交え、文化財保存学について概説します。

 

光葉博物館見学(12:15~12:45)
【場所】7号館1階 光葉博物館
光葉博物館学芸員による施設案内

 

AO入試受験相談
【場所】8号館1階 学科ブース
安蔵裕子先生(服飾史)
木下亮先生(西洋美術史)
大谷津早苗先生(日本芸能史)
牧野元紀先生(東洋史)

 

パステル星 デコメ絵文字昨年6月のオープンキャンパスの様子家電だよ。カメラ の画像パステル星 デコメ絵文字

 

ぜひ、歴史文化学科の雰囲気を感じにいらしてくださいはにわ の画像シンプル の画像

 

 

オープンキャンパス情報*part1* [2018年06月01日(金)]

 

●平成30年度のオープンキャンパス日程のお知らせ●
~詳細は決まり次第ご連絡します!~

6月17日(日) 10:00~15:00
7月22日(日) 10:00~15:00
8月18日(土) 10:00~15:00
8月19日(日) 10:00~15:00
10月27日(土) 13:00~16:00
12月8日(土) 13:00~16:30

 

runrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrun

 

clover体験授業を開催しますclover

6月17日(日)11:30-12:15
【文化財保存学:未来へ繋ぐ文化財】田中眞奈子先生(文化財科学)

7月22日(日)11:30-12:15
【史料解読~歴史学の基礎作業~】松田忍先生(日本近現代史)

8月18日(土)11:30-12:15
【浮世絵師活躍の場―黄表紙挿絵】鶴岡明美先生(日本美術史)

8月19日(日)11:30-12:15
【山の暮らしー椎葉村を巡見するー】大谷津早苗先生(日本芸能史)

ぜひ、歴史文化学科の授業を体感してみてください!

 

runrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrun

 

AO入試を希望する方へ
AO入試を希望する場合は、6月、7月、8月の
いずれかのオープンキャンパスにお越しください。
事前面談のうえ、必要な書類をお渡しいたします。
まずは、ご相談ください。

 

runrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrunrun

 

昨年の様子ですeyeshine

 

 

 

 

みなさんのお越しをお待ちしておりますhappy01