2018年11月

【学生記事】ボストンサマーセッション参加記 [2018年11月16日(金)]

歴史文化学科1年の河村歩美です。私はこの夏ボストンサマーセッション(約4週間)に参加しました。遅くなりましたがボストンで学んだことをたくさんの写真と共に振り返ります。

サマーセッションはいくつかのフォーカスグループ(専門的に学ぶ分野)から自分が参加したいグループを選ぶことができるのですが、私は「メディア」を選びました。実際に行ってみると想像していたよりももっと授業も充実しており、たくさんのメディアに関連する施設を実地見学することができました。

【Week1】

授業では毎回、その日のフィールドトリップで行く所の説明や、そこで働く人への質問を前もって考え、文法を先生に確認してもらう時間を設けてくださいました。
またフィールドトリップ後の授業では、質問した内容や理解したことを、先生に聞かれるので、課題意識を持って意欲的に授業に参加することが出来ました。
この日はEmerson Collegeについての説明がありました。

初めてのフィールドトリップ(校外授業)の写真です。ボストンコモンを巡ったり歴史ある船に乗ったりと盛りだくさんでした。Emerson Collegeはラジオの機材などに関して、座学ではなく実践的なことを学ぶ大学だそうです。

フィールドトリップの次の日が、たまたまEmerson Collegeが主催する音楽イベントだったのでお邪魔してきました。Emerson Collegeでお話を伺った人とお会いすることも出来ましたが、写真を載せられないのが残念。

休日にはボストンの綺麗な場所をたくさん散歩しました。この写真はボストン・パブリック・ガーデンにいったときのものです。リスやカモ、アヒルの親子などがおり、人に馴れていて近づいても逃げないので、こんなにも近づいてで写真を撮れました!ガーデンで結婚式を挙げる人もいっぱいいらして、ほのぼのした空間でした!

Wellcome Party。研究期間中、一緒に暮らすことになるWing(寮棟)の学生たちとゲームなどを通して仲良くなることが出来ました。このイベントのおかげでコミュニケーションを取れるようになり、円滑に共同生活を送れるようになりました。

キャンパス内散策。
野生のウサギやリス、ターキーなどの動物を初めて見ました。

昭和ボストンの中にあるGame Roomではビリヤード、卓球、ダーツなどがあり、友達と親睦を深めることが出来ました。

ボストンの街中にあるフェンウェイパークでRed Sox観戦もしました。負けてしまいましたが、地元の人たちと一緒になって応援し熱くなりました。

【Week2】

2週目の校外授業ではBrookline Interactive Group(BIG)を訪問しました。TV局です。実際に番組の撮影で使用するセットなどを見ることが出来ました。

2週目でそろそろ日本食が恋しくなり、北海道直産の麺を使用したラーメン屋さんへ。
ボストンのラーメン屋で「いらっしゃいませ」と日本語でお客さんに挨拶しているのを聞くことが多く、面白い風習だなと思いました。

各ウイング(寮棟)にはRAさん(アメリカ人スタッフ)が常駐していらっしゃいます。この日はRAさん主催のキックボクシング。たるんだ体を引き締められ、良い汗を流すことが出来ました。

週末には自由参加のオプショナルツアーも開催されます。Niagara Fallsのオプショナルツアーの写真で。船で滝のすぐ目の前まで行き、みんなでずぶ濡れになり良い思い出になりました。

自由時間にはクリフトンヒル通りを歩き、翌日はNorman Rockwell Museumへ行きました。このオプショナルツアーを通してアメリカだけでなくカナダも少し満喫することが出来たので大満足でした。

WGBH
企業などからの寄付金で、設備費やスタッフの給料までほぼ全てが賄われている、世界に名を知られた非営利団体。会社の規模も大きく、レコーディングしている人やそれらを編集している人など、多くの人と接することが出来ました。

【Week3】

研修も3週間目に入りました。RAさん主催のLobster Party。一人一匹ロブスターが用意され、硬い殻を割って食べました。やはり醤油を付けて食べるのが一番美味しかったです。

一日授業が休みの日にはインスタ映えな古着屋や海、チーズケーキファクトリーにも行きました。

クルージングで自由の女神を見たりと、全てが刺激的でした。

フィールドトリップで最も印象に残ったのがロイターです。17年ロイターで働く女性の日本人記者にお話を伺い、真実を追求する仕事の面白さと難しさを学びました。

【Week4】

いよいよ最終週。ボストン少し離れたところにあるアウトレットにも行きました。写真右側はPrimarkという安い服屋がたくさん入っている建物。人気のインスタ映えスポットです。

最後のフィールドトリップはハーバード大学。
キャンパスの広さとハーバード大学の公式グッズの多さに驚きました。

ボストン美術館。エジプト美術から現代美術まで45万点以上の収蔵作品を誇り、とても一日では回ることは出来ませんでした。展示の仕方もアートなんだとか。

Closing ceremony ひとりひとり学長から卒業証書を受け取り、ボストン滞在中に仲良くなった人と写真を撮りました。メディアを専攻して本当に良かったと改めて実感しました。

ボストンで食べ物に困ることは全くありませんでした。日替わりの学食、ボストン発祥のクラムチャウダー、ロブスター料理など、どれも美味しかったです。

4週間の研修でしたが、めいいっぱい学び、めいいっぱい楽しい経験をしました。

ボストンで気づいたことを持ち帰って、また世田谷で元気に勉強を続けています!

第2回特殊研究講座が開催されました [2018年11月16日(金)]

11月14日(水)に、今年度2回目の特殊研究講座が開催されました。
今回は、目黒区美術館館長、お茶の水女子大学名誉教授の秋山光文先生にお越しいただき、
美術館長と客員教授-2足の草鞋の使い分け-」という演題でご講演いただきました。

 

秋山先生はインド古代仏教美術史がご専門で、お茶の水女子大学で長らく教鞭を執られました。
現在、目黒区美術館にて館長の職に就かれる一方で、放送大学で客員教授として教壇に立たれています。
ご講演では、目黒区美術館の活動についてや館内での先生のお仕事、また放送大学でのご指導についてなど、先生のご専門のインド古代仏教美術史に関連する興味深いエピソードを交えて幅広くお話いただきました。

また、現在目黒区美術館にて開催中の「村上友晴展 -ひかり、降りそそぐ」についてもご紹介いただき、招待券も沢山いただきました。

 

秋山光文先生、お忙しい中ご講演いただきありがとうございました。

 

 

ICTツールの活用!onenote その2 [2018年11月15日(木)]

こんにちは!戦後史史料を後世に伝えるプロジェクトです。

秋桜祭の展示を準備するにあたり、私たちはonenoteというソフトを使って、情報共有をおこない、共同研究を進めました。4つの班に分かれて作業をしましたが、班長が中心となり、各班ごとにICTツールの活用を考えていきました。

各班の工夫の一部を紹介します(画像の解像度は落としています)。

入手した史料の情報を共有したり……

班ごとのミーティング議事録を詳細に記録したり……

インタビュー調査で質問したい項目のアイデアを出しあってまとめたり……

特に大事なパネルの原稿を共有して、複数の目で文章を検討したり……

人物に関する新聞記事を日付順に数十本入力して研究材料としたり……

研究の軸にすべき事柄をお互いに書き足して、だんだんと意見を絞りこんでいったり……

みんなが書き足していくことで、「共同研究をしているんだ!」という実感が得られます。

こうした地道な作業を継続しつつ、何度も激しい議論を繰り返しながら、私たちは自分たちの意見をまとめていきました。

本プロジェクトの関連記事はS-LABOでまとめて読めます。

秋桜祭スナップ写真!! [2018年11月15日(木)]

こんにちは、松田忍です。

2018年11月10日(土)、11日(日)の2日間、秋桜祭が盛大に挙行されました!

例年私は2日間たっぷり使って、全ブースを見て回り、箏曲に、ダンス、ファッションショーを満喫するのですが、今年はあいにく土曜日に出張が入ってしまいました。また「戦後史史料を後世に紹介するプロジェクト」の研究展示「被爆者に『なる』」の顧問をつとめており、たくさんいらしていただいた被爆者の方や取材の方とのお話が充実しておりましたもので、学内を見て回る時間はほとんどありませんでした。

しかしちょっと歩くだけでたくさんの歴文生が活躍しているのに出くわしましたので、スナップ写真と共に紹介します。

まず、なんと今年の秋桜祭実行委員長は歴文生!!委員長ともなると、本部を絶対離れられないため、学内各所から届くいろいろな案件にずっと対処していらしたそうです。本当におつかれさま!!!!!

次に写真同好会!松田は顧問をつとめています。「先生も出品して下さい!」と何度もお願いされていたのですが、結局不義理を働くことに……。ごめんよ~T部長……。下の2枚は写真同好会ブースに置かれていたインスタの枠を使っての撮影。いろいろ考えるねぇ~~笑 面白かったです。

歴文企画は今年も健在!2016年度卒業OGのYさんやTさんよ!コスプレの伝統は受け継がれているぞ!笑

クイズの難問度がちょっと下がっていたかも。くるみボタン作りを楽しませてもらいました!

民俗学研究会の今年のテーマは「和紙」。よく調べられていて勉強になりました!

8号館の学生ホールで物品販売を頑張っていたのは、大谷津先生の曽我の里プロジェクトのメンバー!みかんジュースすごく楽しみにしていたのに、残念ながら売り切れていました。でも「まんじゅう」を買いました。Tさん、Mさん、みんなに配ると、すごく好評でしたよ!

懷かしいOGのみなさんも多数来校!ほんとうにぶらぶら歩いているだけで、「せんせい~!」と声かけられるので秋桜祭は楽しいねぇ~!

 

「戦後史史料を後世に伝えるプロジェクト」の記事は別枠でアップされているのでそちらをどうぞ。

慌ただしくも充実した学園祭でした!

ICTツールの活用!onenote その1 [2018年11月13日(火)]

こんにちは!戦後史史料を後世に伝えるプロジェクトです。

研究展示を完成させるまでに私たちがやってきた工夫について紹介します。

私たちのメンバーは12名。3年生4名、2年生2名、1年生6名で構成されています。前期のうちは全体ミーティング(週1回)、夏休みは史料整理会と随時のミーティング、さらに、後期に入ってからは3年生ミーティング(週1回)でおおまかな方針を決めた上で、全体ミーティング(週1回)で下級生を巻き込んでいろいろなことを決めてきました。

また全体を4班に分け、3年生4名がそれぞれの班の班長になることで、研究分担がうまく回るようにしました。

それでも大人数の共同研究になりますと、情報の共有が難しくなりますし、本プロジェクトは4年計画ですので、次年度へと研究関連情報をストックしていくことも重要になってきます。

その点で私たちが活用しているのが、MicrosoftのOneNoteというソフトです。メモや画像などをルーズリーフのように分類できるソフトで、そのノートブックをプロジェクトメンバーで共有する仕組みにしました。

一番活用しているのがプロジェクトの活動履歴(議事録)の共有です。その時々で決まったことを必ず書記を決めて議事録としてアップしています。こうしたことは、社会に出てからは当たり前のことになると思うのですが、実際に活用してみて、いろいろな効果を感じることができました。

まずプロジェクトを進めていく上において、以前決まったことの確認や一部の人だけが参加した活動の共有などができていると、本当にやりやすいことがわかりました。

また取材を受けた際にも、あいまいな記憶に頼るのではなく、「7月10日から班分けをしました」とか「9月25日に吉田一人さんにインタビューしました」とか日付を明らかにできたり、また展示タイトルが練りこまれていくプロセスなどを具体的に話すことができるため、自信を持って自分たちの活動を振り返ることができました。

下の画像は私たちが実際に使っているOneNoteの画像です。全体ミーティング、各班ごとのミーティング、文書整理会など、自分たちが頑張ってきた軌跡を振り返ることができるのは本当に嬉しいです!

クリックすると大きくなります!

本プロジェクトの関連記事はS-LABOでまとめて読めます。

研究展示「被爆者に『なる』」多数のメディアからの取材を受けました! [2018年11月13日(火)]

こんにちは!戦後史史料を後世に伝えるプロジェクトです。

秋桜祭準備期間から本番の展示に至るまで、たくさんのメディアの方からの取材を受けました。メディアの皆様がお持ちになっている問題関心を知ることもでき、また自分たちの考えていることを伝えるための方法を考える機会になったり、質問を受けることで、さらに考えを深める機会にもなりました。

受けた取材は以下の通りです。

2018年10月31日:『中国新聞』の取材を受け、11月6日の朝刊23面に掲載されました。

2018年11月10日:『朝日新聞』の取材を受け、11月11日の朝刊25面(東京版)に掲載されました。

2018年11月11日:『毎日新聞』の取材を受け、掲載待ちとなっております。

2018年11月11日:永田浩三先生(武蔵大学)の取材を受けました。映像作品になる予定です。

2018年年内(日時未定):日本被団協機関紙『被団協』の取材を受ける予定になっています。

『毎日新聞』の大久保記者からの取材。長時間にわたって私たちの話を聞いてくださり、企画についての意見交換もすることができました。私たちを和ませつつも、記者として取材対象のことをとことん理解しようとする大久保さんのお姿からは、プロとして誠実に働くことの大事さも学ぶことができました。丁寧に取材をして頂くことで、私たちの考えが深まった部分もたくさんありました。

武蔵大学の永田先生からの取材風景。永田先生はもともとNHKのジャーナリストでいらして、ビデオでの取材となりました。「レンズを見て話すのか」「永田先生の眼を見て話すのか」レベルで迷ったり(笑)と新しい経験がありました。ただ永田先生は温かくうなづきながら質問して下さるので、とても話しやすかったです。

今回の映像は被爆者運動に関する映像作品の一部にしていただけるそうです。

同じ被爆者問題を扱うのでも、歴史学として学んできた私たちと、社会学をご専門になさっている永田先生とでは、見る視点の違いが結構あることを知りました。自分たちの学んでいる学問の特徴を知ることができたのと同時に、いろいろな学問が違う角度から対象を照らすことで、社会のことがよく分かってくるのだということに気づかされました。

新聞をご覧になって来場した方もたくさんいらして、メディアの力も感じることができました。

取材して頂いたみなさま、私たちのプロジェクトに関心をお持ち下さりありがとうございました!

今後ともよろしくお願いいたします!

本プロジェクトの関連記事はS-LABOでまとめて読めます。

秋桜祭展示当日のプロジェクトメンバー写真! [2018年11月13日(火)]

こんにちは、「戦後史史料を後世に伝えるプロジェクト」です。

展示準備があまりにもハードであり、秋桜祭前には情報発信の余裕が全くありませんでした。

やっと一息つけたので、じゃんじゃん情報発信していきますよ!

当日のメンバーの写真をアップします。

中心となって研究をリードした3年生4人組!秋桜祭2日目の晴れ晴れとした笑顔!準備日には全員目が死んでましたが笑

とってもお世話になった栗原淑江さん(ノーモア・ヒバクシャ記憶遺産を継承する会)と一緒に!

1年生、2年生も一生懸命頑張りました!和服の学生がいるのは着付けサークルと兼ねているから。

プロジェクトに参加するような積極的な学生ですので、だいたいが、なにか別の企画ともかけもちしておりまして、そうした意味でも、メンバー全員てんてこ舞いでした。秋桜祭実行委員会とのかけもち、ファッションショーモデルとのかけもち、演劇部とのかけもち、図書館ビブリオバトル運営とのかけもち、などなどです。そもそもプロジェクトリーダー自体が剣道部と学友会企画の「3足の草鞋」状態で、倒れかけていました笑

そんな超多忙な中で、動けない仲間がいるときにはサポートし合って、研究展示を成功にまで導けたのは大きな自信になりました。ミーティングも全員揃うのはとても難しかったですが、報・連・相をしっかりやって、小グループごとの活動にするなどの工夫をして、みんなが研究に参加できるようにしました!

本プロジェクトの関連記事はS-LABOでまとめて読めます。

研究展示「被爆者に『なる』」ご来場いただきありがとうございました!! [2018年11月13日(火)]

こんにちは!「戦後史史料を後世に伝えるプロジェクト」です。

秋桜祭も無事終了いたしました。とても硬派な研究展示であったにも関わらず、2日間で577名の来場者にお越し頂きました!

「被爆者」が自然発生的に「あの日」に誕生したものではなく、「被爆者であることを受け入れ、被爆者として生きる」個人個人の決断の積み重ねで歴史的に生まれてきたことばであることを指し示した本展示に対しては、数多くのご意見、ご感想が寄せられました。その多くが「当たり前に存在すると思っていた被爆者を今までとは違う角度で見られるようになって、新鮮な発見があった」とのポジティブな励ましのメッセージでありました!

私たちの研究と想いを受けとめていただけて、メンバー一同心から嬉しく思っております。ありがとうございました!!

クリックで大きくなります!

本プロジェクトの関連記事はS-LABOでまとめて読めます。

研究展示「被爆者に『なる』」多くのみなさまにお越し頂きました! [2018年11月10日(土)]

こんにちは、「戦後史史料を後世に伝えるプロジェクト―被団協関連史料―」です。

秋桜祭での研究展示「被爆者に『なる』」、秋桜祭開場直後から多数の方にお越し頂き、最終的に289名もの方にご覧頂くことができました。心より感謝申し上げます。

さまざまな温かい感想や励ましのことばもいただくことができ、ほっと一息安心すると同時に、メンバー一同、力をあわせてプロジェクトを準備してきて本当に良かったと思っています。

展示は明日も10時から16時まで1号館3階3S07教室でおこなっています。たくさんのご来場者をお待ちしております。

私たちが展示を作るにあたっての問題関心は以下のパネルが一番よく分かるかと思います。どうぞご参考になさって下さいませ。

本プロジェクトの関連記事はS-LABOでまとめて読めます。

秋桜祭が始まりました! [2018年11月10日(土)]

 

田中(文化財保存学担当)です。こんにちは。本日から秋桜祭(学園祭)が始まりました!

歴文有志による「REKIBUN- 歴文-」(私が顧問を務めています)を3号館3階3S05で開催中です。歴史文化学科ならではのクイズや梵字のバッチ制作のワークショップも行っています。皆様のお越しをお待ちしております!

同じ3号館の2階2S03では、「昭和女子大×世田谷美術館×三軒茶屋をアートでつなぐ」をテーマに学生有志によるSanchartも開催中です。可愛いひげクッキー、お勧めです♪

8号館1階学生ホールAでは、神奈川県小田原市にある曽我の里を応援するための活動「曽我の里プロジェクト」も開催しています。梅製品や美味しいみかんジュースなど体と自然に優しい商品を販売中です。

歴史文化学科のある7号館1階の光葉博物館では、秋の特別展「型染め ―巧と美をつなぐ―」にあわせて「型染め体験」を実施。

1号館の3階3S05では「歴文サロン」を開催しています。「歴文サロン」はOGの皆さんと先生、在校生の交流の場です。3年生の有志による、学科の「今」を紹介する掲示をはじめ、「歴マガ」のバックナンバーや過去三年間の卒アルなど、懐かしの品々も閲覧できますので、ぜひお誘い合わせのうえお出かけください!

 

その他、同3S07では「戦後史史料を後世に伝えるプロジェクト~被団協関連文書~」、5階5S02では「民俗学研究会」も出展しています。

明日11月11日(日)も10:00~16:00まで開催していますので、皆様是非お越しください!