2019年2月

1年前に卒業したゼミOGと食事会を開きました! [2019年02月24日(日)]

こんにちは、松田忍(日本近現代史)です。

ちょうど1年前に卒業したゼミOGと食事会をしました!場所は渋谷のメキシコ料理のお店。

福島から1人、群馬からも2人かけつけ、1年前に一緒に卒論集作ったメンバーが全員集まりました!メンバーそれぞれの押しが強く波瀾万丈な代でしたが、またこうして集まれるのは本当に良いことだなぁ~と思います!

席上ではいろいろな近況報告が飛び出しました!たくさん話したのですが、そのなかから。

Niさん「(Oさんの)実家の福島にはもう4回遊びに行きました。なにもない田舎だから行ってもぼーっとしているだけだけど」

Oさん「何もないのは事実だけど失礼!」

Niさん「でも、一緒に地元の博物館いって楽しかった」

Oさん「博物館いこう!ってなるのは歴文ならではだよね。うちのばあちゃんは、(ばあちゃんらしく)なんでも食え食えっていうんですけど、Niはなんでも食べるから、超気にいられています笑」

Saさん&Eさん「仕事で昔の戸籍を調べることが結構あるんですけど、旧字体の漢字の人名とか地名がだいたい読めるのは卒論効果でちょっと嬉しい」

Suさん「くずし字も読んだなぁ、原敬日記。原敬とは友だちになれなかったけど笑」

K「社会人になって、ユニットバス生活を抜け出し、お風呂にゆっくり浸かるのが幸せです~」

Saさん&Oさん「車買いました~」

一同「おおーーー」

【松田コメント】地方出身者が多く、在学当時から過半数が1人暮らしだったこの年のゼミ生。地元に戻ると車必須とのこと。

Naさん「やったことないけれど、エレキギター買って始めます」

【松田コメント】あいかわらず趣味人笑

Eさん「生活に、日本史が足りてない!」

【松田コメント】翻訳すると「卒業後の生活に、日本史の成分が不足しており、大いに不満である」。ガッツリ研究して卒論書いてたから忘れてましたが、Eさん元来そういう人だった笑 SaさんとNiさんは食事会後Eさん宅に泊まり、そのままの勢いで3人で上野の神社巡りをしたそうです。

あとはSuさんが高崎市の商店街をテーマに卒論を書き、学生時代に数十枚の図表を見せられ続けたお陰で、メンバー全員無駄に高崎市街地の地理に詳しくなっており、「モントレーが……」「中央銀座が……」っていう謎の高崎地元トークも楽しかったですね!笑

また、「ゼミやりたい!」「研究報告したい!」との話も。でももしそれが実現したら絶対君ら「吐く・泣く・怒る」じゃないか!?笑 当時の猿山状態を思い出しただけで胃が痛むぞ!笑 まぁ、あれだけ熱かったからこそ身についたものも多く、今もまたってところなんでしょうね!

思い出話もありつつも、「(今の話を)聞いて聞いて!」という感じでありまして、みなさん、充実した生活を送っていらっしゃるなぁと思いました。学生時代は悩んだり立ち止まったりなんてこともたくさんあったメンバーなのですが、全員卒論を書ききって乗り越え、今の笑顔を見ることが出来て、本当に本当に嬉しく思いました!!

「原典講読」で明大博物館(刑事部門)に行きました。 [2019年02月23日(土)]

西洋史の山本です。こんにちは。

今学期の「原典講読」ではジャンヌ・ダルクとマリー・アントワネットを扱いましたが、この二人はいずれも処刑されたために、その方法に関して授業内で議論がありました。刑罰や拷問については文献や図版だけでは分かりづらい面があると思います。そこで学生たちとともに、明治大学博物館(刑事部門)に行ってきました。

ギロチンと「鋼鉄の処女」

明治大学が宮城浩蔵ら法律家らにより創設されたことは有名ですね。彼らは、刑法においても西欧化が進む明治時代において、急速に忘れ去られていた江戸時代以前の刑罰・拷問器具の複製品(レプリカ)を作らせました。もちろん興味本位ではなく、一種の「負の遺産」として。これが刑事部門のコレクションの起源で、やがて拷問器具のみならず文献資料などの蒐集も行われ、現在にいたるそうです。また、同博物館で有名な「鋼鉄の処女」と「ギロチン」も、西洋における刑罰理念の一例として展示されていました。

2名の歴文生に感想を書いていただきました。どうぞご覧ください。

* * * * * * * * * *

明治大学の博物館で、特に拷問に関する展示を見てみて、実物を見ることの大切さを改めて痛感しました。私はここに足を運ぶ前、授業の中でフランス革命を取り上げた際、ギロチンについて調べて発表しました。そのためギロチンの仕組みは、文章を通してどのような手順で行われるのか理解した上で見たのですが、文章では伝わらない、ギロチンの幅や高さ、簡素なロープ、鈍く光る刃、首が固定される穴の大きさなど、視覚を通して体感することができました。また学芸員の方に解説して頂いて、日本ではどのような拷問が行われていたかなどお話を聞くことができ、西洋との考え方の違いや刑罰について考えさせられるいい機会となりました。(2年T・Mさん)

江戸時代の刑罰・拷問

明治大学の博物館には色々な拷問具や刑具が展示されていました。その中のギロチンのレプリカは私が一番見たかったものでした。レプリカでも、どっしりとした存在感があり、死刑囚の首に下ろされるであろう刃は重そうでした。私が初めてギロチンの存在を知ったのは小学生の頃でしたが、その時は「人間の首を一瞬で落とすなんてなんて恐ろしい道具を人類は発明したんだろう」と思っていました。しかし明治大学の学芸員の方もおっしゃっていた通り、当時は人を苦しめずに処刑できる人道的な処刑道具としてギロチンが開発されたというのが真実でした。けれども、その後大量の処刑が可能という特徴をナチスドイツに利用され多くの反逆者とされる罪のない人を静かに殺す道具になったという運命は残酷だなと思います。日本でのギロチンの展示はここだけなのでまた足を運びたいです。(2年S・Aさん)

* * * * * * * * * *

昭和女子大学の歴史文化学科では、「手で考え、足で見よう」をキャッチフレーズとして、文献のみならず実際に「現場」に行って学ぶ教育が推進されています。受験生(または保護者の方々)は、ぜひ大学ホームページ等をご覧いただきたいと思います。

末尾ながら、突然の訪問ながら丁寧にご説明いただいた同博物館学芸員の外山徹先生には、厚く御礼を申し上げます。

【昭和リエゾンセンター主催】プロジェクト研究発表会で研究報告しました! [2019年02月16日(土)]

2019年2月15日に、「戦後史史料を後世に伝えるプロジェクト」が、昭和リエゾンセンター主催のプロジェクト研究発表会で研究報告しました!

研究発表会はポスター報告セッションと口頭発表セッションにわかれておりました。

1 ポスター報告(午前)

昭和女子大学8号館学生ホールにて2月12日~15日までポスターが展示され、2月15日10:00~12:00には私たちプロジェクトメンバーがポスターの前に立ち、来場者のみなさまにプロジェクトの研究についての説明をいたしました。

当日展示したポスターは以下のものです。(クリックで拡大

学生ホールでは昭和リエゾンセンター登録の他のプロジェクトも多数展示が成されていました!

2 口頭発表(午後)

午後からは口頭発表セッション。場所を8号館6階コスモスホールに移しまして、6つのプロジェクトが活動内容や研究内容の報告をいたしました。戦後史資料を後世に伝えるプロジェクトは5番目の発表。

今年度最後の発表と言うことで、リーダーの吉村が報告担当しました。もう相当の場数を踏んでいるが、まだ緊張感が。ただ「聞かせるべきポイントの抑揚のつけ方が相当うまくなった」(松田先生)とのこと。

写真撮影は1年の関口が担当。

今回はプロジェクト成果の学内発表会ということで、研究の組み立てや結論だけではなく、プロジェクト活動を通じて身についた力や今後の展望も重視してパワポを組み立てました。

身についた力として、報告パワポでは以下のようなことをまとめました。

「人脈を広げる力」

  1. 気になる方に、勇気を持って連絡を取ってお話しを伺うことで、さらに色々な方を紹介して頂き、人脈と情報が拡がる楽しさを知った。
  2. 学外発表にエントリーして報告することで、会後の感想交換で人脈が拡がったりする経験をたくさんしました。
  3. プロジェクト前に比べると、人と会っていくことが楽しいと感じられるようになりました。
  4. 名刺交換も約20枚ほどおこなうことができました。

「史料を分析する経験」

  1. 「①数多くの史料から必要な情報を取り出し→②取りだした情報をつなげ→③そこからどのようなことが言えるのか考察し→④結論づける」流れを何度も経験することで、歴史学としての史料の使い方に慣れることができました。

「社会人に必要なコミュニケーションの力」

  1. 秋桜祭での応対や学外の多くの方とのグループワーク等を通じて、対面で積極的に議論する面白さを感じられるようになりました。
  2. 初めて連絡を取る際のメールや手紙のマナーに慣れることができました。
  3. プロジェクト内ではクラウドツールを活用して、情報を共有しながら、議論を進める方法を身につけました。
  4. 活動履歴を正確に残す重要性を知りました。

「批判を受けてさらに練っていく粘りづよさ」

  1. しっかり準備した研究報告に対して、批判を受けたときに、すぐに萎えてしまうのではなく、批判を受けて、さらに考えていく粘り強さが身につきました。
  2. 批判を受けることは否定ではなく、興味を持って頂いている証だと前向きに考えられるようになりました。

松田先生からのご講評後はすぐに複数の学生から質問が寄せられ、「報告が聞き手の皆さんに届いた!」と実感しました。厳しい質問もあったのですが、それも感謝の気持ちで受けとめ、誠実に答えることができたと思います。

そして最後はお世話になった栗原さんのご講評で締めです。報告で話しきれなかったところ、伝わりづらかったところも含めて、的確に補足して頂きました。

1年間本当にありがとうございました!!来年度もよろしくお願いいたします!!

あらためて活動内容を振り返ると1年間本当に多くの経験を積んできました。今年度残念だったのは、メンバーが歴文生のみだったこと。来年度は是非歴文以外の他学科の学生も交えて議論をしてみたいなと思って居ます。

これにて一応の締めくくりとなりますが、まだ2月~3月には被団協文書整理会が控えています。新メンバーへの引継ぎも含めて、プロジェクトは続きます。

【曽我の里プロジェクト】「 曽我別所梅まつり 」でワークショップを行いました [2019年02月15日(金)]

小田原市曽我で開催されている「 梅の花 デコメ絵文字曽我別所梅まつり梅の花 デコメ絵文字 」で、2月11日(月・祝)に曽我の里プロジェクトがワークショップを行いました!
曽我の里プロジェクトは歴史文化学科の大谷津早苗先生がアドバイザーとなり、小田原市曽我を盛り上げるべく活動しています。

当日は缶バッジやお面作りのワークショップを行い、たくさんの方が参加してくださいました!

 

 

 

 

 

 

ワークショップを行ったプロジェクト学生の感想です笑顔 デコメ絵文字

A:缶バッジ作りやお面作り、大盛況でした!お面と缶バッジを持って嬉しそうに帰っていく子供たちを見て、私たちもうれしかったです。

B:お子さん連れの方々がたくさんきてくれて、曽我の里の魅力をPRできました。昭和女子大学曽我の里プロジェクトの活動についてもお伝えできてよかったです。

C:新しく作った、五郎十郎のオリジナルキャラクター入りチロルチョコも全部配布しました。好評でした!

D:老若男女に楽しんでいただけたと思います。プロジェクトや曽我物語について興味をもって下さる方々が大勢いらっしゃって、とても良い結果になりました。

E:曽我兄弟遺跡保存会の方々にもご協力をいただき、大変お世話になりました。保存会の方々のサポートあっての成果です。感謝します。

 

 

 

 

 

 

また、曽我兄弟遺跡保存会副会長の川久保和美さんからもお言葉をいただきました。

昭和女子大学曽我の里プロジェクトの皆様、きょうは寒い中ほんとうにありがとうございました。
地域づくりで大切なのは仲間づくりだと感じます。今回も素直でまっすぐに協力を惜しまない曽我の里プロジェクトの皆様は、私にとっても保存会にとっても大切な仲間です。
自分たちが生まれ育った地域を協力しながら守り育てていく。課題はたくさんありますが、今後も仲間としてよろしくお願いいたします。
皆様の今後の活躍を心から祈っています。

みなさん寒い中お疲れさまでした!

「 曽我別所梅まつり 」は3月3日(日)まで開催されています花 デコメ絵文字

 

梅まつりの詳細はこちら梅の花 デコメ絵文字 曽我別所梅まつりHP 梅の花 デコメ絵文字
曽我の里プロジェクトの活動についてはこちらキラキラ デコメ絵文字昭和女子大学S-LABOキラキラ デコメ絵文字

 

平成30年度 卒業論文発表会を開催します! [2019年02月09日(土)]

来週2月13日(水)に卒業論文発表会を開催します。

1月に卒業論文を提出した100名近くの4年生の中から、今年度は10名の学生が研究の成果を発表します。

【日程】2月13日(水)
【時間】12時30分~16時00分  ★開場は12時15分です。
【会場】グリーンホール

発表題目は以下の通りです。

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *

1)アルチンボルド作『四季』の連作

2)戦前期における建国祭の浸透について

3)歓喜力行団と民族共同体~ナチ体制における余暇・娯楽~

4)日本における美術品のトラック輸送の現状と課題

5)運慶による如来・菩薩像の様式検討

6)第二次世界大戦時に徴用された民間船について

7)近世日本における金魚の受容に関する一考察

8)中屋敷遺跡からみる弥生時代の植物利用

9)粢の研究 ―全国分布とその用途―

10)昭憲皇太后着用御服(薮女官拝領品)の特性―構成・技術調査を通して―

*  *  *  *  *  *  *  *  *  *

卒業生や外部の方も参加可能となっておりますので、興味のある方はぜひお越しください。

     2018年度 発表の様子

卒業論文作成にあたり、指導いただいた先生方からの講評

曽我別所梅まつりで曽我の里プロジェクトがワークショップを実施します [2019年02月09日(土)]

小田原市曽我では2月2日(土)から3月3日(日)まで「梅の花 デコメ絵文字曽我別所梅まつり梅の花 デコメ絵文字」が開催されています。

2月11日(月・祝)には歴史文化学科の大谷津早苗先生がアドバイザーとなり、小田原市曽我を盛り上げるべく活動している曽我の里プロジェクトがワークショップを行いますキラキラ デコメ絵文字

昨年人気だった缶バッジ作りのほか、今年はお面作りも加わりさらに魅力的なワークショップになっています!
かわいいオリジナルチロルチョコも配布予定ですハート デコメ絵文字

 

 

 

 

 

 

 

 

この週末、皆さんもぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか笑顔 デコメ絵文字

 

梅まつりの詳細はこちら 梅の花 デコメ絵文字別所曽我梅まつりHP梅の花 デコメ絵文字

曽我の里プロジェクトの活動についてはこちら キラキラ デコメ絵文字昭和女子大学S-LABOキラキラ デコメ絵文字

松田ゼミで卒論集をつくりました! [2019年02月02日(土)]

こんにちは、松田忍(日本近現代史)です。

2年間一緒に頑張ってきた4年ゼミ生と学生生活最後のゼミをおこないました。

ゼミ最終回は恒例の卒論集づくりです。学科所有の製本機で、みんなの卒論を1冊の本にします。

また模範となる論文を抜粋して製本し、後輩たちに渡して卒論を書くための参考としてもらっています。

晴れやかな笑顔ですね~~♪

名前の五十音順で論文を並べても良いのですが、せっかくの論文集なので、みんなで話し合って、内容に関連性がある論文を時代順に並べて、「研究書」っぽくしました。この編集作業が毎年楽しいんだよね。「私の卒論を読む前に○○さんのを読むと理解深まるからセットで読んで欲しい!」とか「私だけ誰ともつながってない。だれか仲間になって!」とか「Love関係の卒論だけ集めた部をつくりたい!(謎)」とか大盛り上がり笑

その結果できあがった目次が以下の通り。

第一部   日本社会の形成と展開

幕末期における剣術廻国修行の実態と意義について―近代国家形成への軌跡―

北海道における日本人移民の道内移動と共同体形成

大正期における「変態」概念の成立と大衆社会―科学の時代における「変態」―

戦前期における建国祭の浸透について

太平洋戦争期における吹奏楽の台頭―厚生音楽運動で活躍した音楽―

戦後日本の男女交際をめぐる言説と実態~男女交際の純と不純~

第二部 「大東亜戦争」の行方

来栖三郎が描いた世界構想―日独伊三国同盟締結に際してー

第二次世界大戦後から一九六〇年の東アジア―権力の空白から開発体制までの道程―

近代日本の主体性とアジア―「大東亜戦争」から考える竹内好―

第三部 戦争の傷跡と人びとの人生

近代日本における戦争神経症の実態と認識

日本の捕虜観形成と捕虜政策

敗戦後台湾における在台日本人の動向

アメラジアンの誕生―基地のまちで出会う男と女―

従軍慰安婦問題と教育との関わり

どの論文もとても面白そうでしょ?実際に力作揃いで迫力のある論文ばかりですよ!

今年の特徴としては……

①女性や男女の問題に関心をもって研究した学生が多かったこと。

②日本社会の統合に興味を持って研究した学生が多かったこと(第一部)。

③かつて「大東亜戦争」といわれた戦争を現代の若者世代の目でクリアに切り取った研究があったこと。(第二部)。

④戦争の負の側面に果敢にチャレンジして研究した学生が複数いらしたこと(第三部)。

まずはゼミ&卒論おつかれさま!卒業までゆっくり羽を伸ばしてくださいな!!

 

 

お泊まり会(松田ゼミOG・2014年卒)の実況中継! [2019年02月02日(土)]

こんにちは、松田忍(日本近現代史)です。

2014年卒業のゼミメンバーが都内某所のマンション型ホテルでお泊まり会を開いているとの情報をゲットし「ブログ記事にするから、情報を送れ!」と厳命!

「歴文アピールのためならいつでも協力しますぜ!」との熱いメッセとともに写真が送られてきました(正のアピールになるのか負のアピールになるのかは謎だが笑)。

こちらです!じゃじゃん!

卒業後5年経っても当時のゼミメンバーの過半数が集まる結束と歴文愛の強さ。つか君ら1年に何回一緒遊んどるんや!!笑 写っているのは6人ですが撮影者を含めると7名の宿泊。「学寮だー」と盛りあがっていらっしゃるようでした。

撮影しているのは在学当時と変わらず、ゼミ専属カメラマンK。そしてゼミ専属カメラマンKといえば、いつも持参する謎の歴史ゲー。

(俺的最強の石庭をつくるボードゲーム)「枯山水」なんかを秋桜祭に持ってきたこともありましたが、今回は (様々な偉人を組み合わせ、最強の偉人を作り出す)「ソクラテスラ~キメラティック偉人バトル~」(下の写真)を持ちこんだそうです。

この写真に写っているのは殿堂入りした最強の偉人だそうです。「失翼の/チン/ヌダ/ハン」「開闢の/ニコ/オパ/リスト」。なんじゃこりゃ!!笑 歴史ネタ全般に強い奴らなんで、さぞ楽しかろう!

K「こんなゲーム一緒に遊んでくれるの歴文の友達だけなんすよ~!」ってそらそうだろ!!笑

せっかくキッチン付きのホテルに泊まったということで、朝食はフレンチトーストをつくったそうです。

ただ最後だけ「ややバエ」の写真を送ってきても、時すでに遅し。

彼女たちから後輩のみなさんへのメッセージ

N「皆さんが得るものは、学友ではありません。生涯の友です。気の合う仲間と同じ時間を過ごし、同じ釜の飯を食う……そうして10年経った今でもこうして楽しく過ごしてます。職場の人と話してても、こんな風に卒業後も遊んでくれる人らがたくさん居るってのは珍しいようで。いい時間を過ごしたんだなあ。」

T「みんなで楽しくすごす方法を学びコミュニケーション力をあげるために、研修におもちゃを持ちこむべし。また就職先はしっかり悩んだ方が良い。今でも悩むんだから。」

I「演劇部の後輩のみなさん、新歓公演に顔出す計画を立案中なのでよろしく!」

彼女たちの今の勤め先はホテルだったり、デパートだったり、メーカーだったり、福祉関係だったり、旅行代理店だったりといろいろ。社会にでると、会社の人と家族としか顔をあわせないなんてことも多々ありますが、こうやって帰ってこられる場所があるのは羨ましいな~と思いますぜ。

まぁ、これからも元気にやって、ますます幸せになってくださいな♪

【リレートーク企画】専門職で活躍する歴文考古学OGの輪!!1人目 [2019年02月01日(金)]

こんにちは。平成15年度に大学院修士課程(当時は文化史学科)を卒業した領家玲美と申します。1月25日に考古特論Aの授業講師として久しぶりに大学に参りました。

夏場、応援に行った中屋敷遺跡の発掘調査で一緒に汗を流した学生さんも居たりして、熱心に私の話を聞いてくれる姿はさすが昭和のみなさん、こちらもエネルギーをもらいました☆

私も学生の頃は長い休みになれば、遺跡の調査や文献収集のアルバイトに明け暮れていたことを思い出しました。ゼミ旅行では全国の遺跡を回り、いく先々で出会う人たちとの交流も楽しかったです。

普段は神奈川県相模原市の教育委員会にある文化財保護課に勤め、遺跡を守り伝え、活用する仕事をしています。

平成15年8月から嘱託で埋蔵文化財調査員として遺跡の調査や窓口案内等の経験を丸10年積み、平成25年から学芸員として同市に採用されました。考古学の専攻ではありますが、遺跡に関する仕事だけでなく民俗芸能や指定の文化財の保護、庶務事務もすることもあり、日々勉強です。リニア新幹線が通るなど開発の多い相模原市は仕事が豊富にあります。

 

【学生さんへのメッセージ】

学生の頃にやっていていまも役立つことは、人との出会いやコミュニケーションでしょうか。アルバイト先や遺跡を訪ねて出会ったひとたちはいまでも繋がりがあるなど、私にとってとても大きな財産です。

とにかく動いてみること!気になることややってみたいことに自信がなくても躊躇せず飛び込んでみてください。

それから、いつかこうなりたいとしぶとく諦めずに希望を持ち続けていれば、あなたの居場所に巡り会う日が必ず来ますから。とどまっていては何も変わりません。

継続は力なり

皆さんの輝く瞳を見て、先輩はまたがんばろう!と思いました。ありがとうございました。

領家さん、ありがとうございました!!

昭和女子大学人間文化学部歴史文化学科は「発掘できる女子大!」として有名ですが、本学科の発掘は単なる「体験」に留まりません。大学での充実した発掘現場経験を土台として現場を仕切れる力を身につけ、さらに考古学を研究して卒業論文や修士論文を完成させたOGの皆さんの中には、考古学や埋蔵文化財を生涯の仕事として選び、日々夢を実現し続けていらっしゃる方々が大勢いらっしゃいます!

そんな皆様を1ヶ月1名のペースで紹介していくのが本企画です。

次の更新は1ヶ月後、お楽しみに!!