歴文らじお

【歴文らじお】歴文1年生にお話しを伺う その3 [2016年08月07日(日)]

歴文らじお企画「歴文1年生にお話しを伺う」の最終回です。今回は1年生のみなさんがブログ読者のみなさんに伝えたいことを存分に語っていただきました!

【015】ブログ読者に伝えたいこと① 入学したら「伝統文化の現場」は絶対とってほしい!(佐藤さん・丸山さん)

IMG_2039_R

【016】ブログ読者に伝えたいこと② 語学はなめちゃいけない!(大図さん)/興味がないと思っている授業もとってみてほしい!(大図さん)/発表系の授業も積極的にね!(松田)

【017】ブログ読者に伝えたいこと③ 高校生のときにやるべきこと!(丸山さん)

完全に語りのスイッチはいった丸山さん!でも、ものすごく大事なことです。

IMG_2038_R

【018】ブログ読者に伝えたいこと④ 高校での学びと大学での学び、今後悔していること(丸山さん)

問いをもって知識を広げていく感覚を身につけて欲しいと思って、歴文では、基礎ゼミや歴史学概論、そして方法論系の授業を多数用意しています。それにしっかり反応して、丸山さんが大学生の「アタマ」になってくださったことがたいへん嬉しく思います。丸山さんの気づきは「民俗調査法」を受けたことかな?

【019】ブログ読者に伝えたいこと⑤ 歴史に関係ないと思うものもつながってくる(大図さん)/視野を広く持つことを心がけたい(大図さん)

ここで名言きました!!

「歴史は万物のもと。歴史を知らずして他のものも分からない、他のものを知らずして歴史の本質を知ることができないと思う」 by 大図

視野を広めることがポイントと大図さんはいっているね。もちろん、歴史以外の分野を学ぶことでも視野は広がると思うけれども、歴史を学ぶこともまた視野を広げることにつながると思うんだよね。そのためには歴史の知識だけを蓄えるような学びではなくて、自分が追い求めるテーマの背景にある「時代」「価値観」を一歩一歩踏みしめていくような学びが必要かなと思います。今はその感覚は分かりづらいかもしれない。でも歴文で4年間しっかり勉強すれば、きっと気づけると思うよ。

IMG_2045_R

【020】締め!

「歴文らじおで語って下さる方いらっしゃらない?」と1年生全員に呼びかけたのが5月後半だったかな?そのときに手を上げて下さったのがこの3人でした。

実はこの3人にインタビューをするのは2度目なんです。TAKE2ですね笑 最初にインタビューしたのは6月上旬でして、お三方ともに歴文入って感じることはたくさんあるのだけれど、それがうまく言葉にならない状況でした。まだ機は熟していないのかもしれないねということで、1回目のインタビューは一旦お蔵入りにして、完全に前期が終わって、気持ちが落ち着いた今回、改めて、前期を振り返って語ってもらうことにいたしました。

前回からわずか2ヵ月しか経っていないにもかかわらず、3人の語る、ことばの密度や力強さが格段に高まっていたことには驚かされました。前期後半の6月から7月にかけては各授業ともレポート課題やテスト課題により、受講生たちに学びの意味を確認させ、鍛え上げていく時期にあたります。それをくぐり抜けることで、ここまで成長するんだなぁと嬉しく思いながら、話しておりました。

ではでは!長い夏休みみなさま有意義にお過ごし下さい。そしてまた10月から元気に勉強を続けていきましょう!

1年A組クラス写真

1年A組クラス写真

【歴文らじお】歴文1年生にお話しを伺う その2 [2016年08月07日(日)]

歴文らじお「歴文1年生にお話しを伺う」第2弾です。

大図さん、 佐藤さん、丸山さんに引きつづき語っていただきます。

IMG_2043_R

【09】歴文に入る前と入った後のギャップ ネット上では厳しいという情報があったけど…/オープンキャンパスにきてみると…

昭和女子大学でネット検索すると、虚実いりみだれたいろいろな情報がとびかっていますね。結構古い記事もヒットするしね。現在の状況はどうなのか??こちらの記事をみてもらえるとよく分かるんじゃないかな。どんなタイプ(?)の学生が多いのかな~などということも気になるかも知れません。まぁ、それはことばで説明するのは難しいので、是非オープンキャンパスにいらして下さいませ。

【10】入学前にやりたかったことは変わった?~佐藤さんの場合~ 入学時点では幕末に興味/民俗と芸能をやってみたくなった/幕末を学びたければ遠藤由紀子先生の「近代と地域文化」がオススメ!!

【11】 入学前にやりたかったことは変わった?~丸山さんの場合①~ 入学時点では古代史に興味/今は民俗学が大好きに/「民俗調査法」の話

【12】 入学前にやりたかったことは変わった?~丸山さんの場合②~ 民俗を比較する楽しさ/野田の「お札整理」に参加したい

【13】 入学前にやりたかったことは変わった?~丸山さんの場合③~ 地元・野田のことを知りたい/醤油・関宿城・地元の祭り/アマガエルの御輿

これがアマガエルの神輿だそうです。不思議だよね!

これがアマガエルの神輿だそうです。不思議だよね!

【14】入学前にやりたかったことは変わった?~大図さんの場合~ そもそもなぜナチス?/被害者からみるホロコーストと加害者からみるホロコースト

半期の授業を受けるなかで、いろいろなことをお考えになり、成長していらっしゃる様子がわかりますね! 次回が最終回です。

【歴文らじお】歴文1年生にお話しを伺う その1 [2016年08月06日(土)]

みなさま、こんにちは!松田忍です!歴文らじおです!!

昭和女子大では8月と9月が全て夏休みとなっております。夏休み期間中ではありますが、歴文1年生の大図さん、佐藤さん、丸山さんにお集まりいただいて、1年前期に体験したことや歴文に対する印象などざっくばらんにお話し頂きました。

さてどんな話が飛び出すことやら……。

IMG_2057_R

【01】伝統芸能実習の話① 9人が1つのグループになり、3体の人形をつかって、場面を作る

話の中では「結婚詐欺のゲスいお話し」といっていますが、あとで動画でみせてもらいました。ちょっとホロリとくる人情話に仕立て上げたようですよ!

【02】伝統芸能実習の話② 人形の動かし方の基礎を学ぶ

【03】大学の選び方~大図さんの場合~ 小野寺先生(西洋史)を追っかけて昭和女子大学にきた

【04】小野寺先生の話 小野寺先生がカラスに襲われた話

【05】歴史文化基礎(基礎ゼミ)の話 小野寺先生のご指導は真剣/基礎ゼミはとても楽しかった!/山本先生(テル先生)にパワポの作り方をご指導して頂いた/課題としていった博物館訪問の話

1年必修の基礎ゼミでは、専用のテキストを用いて、「基礎知識の確認」「文章の要約演習」「博物館訪問とその報告」「プレゼン報告」などをおこないます。あ、あとは先輩の留学体験談を聞く会もありますね。6~7名一組の少人数ゼミです。

【06】歴史文化基礎(基礎ゼミ)の話~研究報告の話①~ 「醤油」に関する丸山報告/天保期につくられた醤油番付

基礎ゼミで特に中心となっているのは「研究報告」。自分が興味があることのなかからテーマを選び、2回の準備報告と1回のパワポ指導を経て、クラス全員の前でパワポを用いた研究報告を行います。

【07】歴史文化基礎(基礎ゼミ)の話~研究報告の話②~ 「杖道」に関する佐藤報告/高校のときにやっていた「杖道」とは/デモンストレーションつきのプレゼン/一目散に避難する関口先生

【08】歴史文化基礎(基礎ゼミ)の話~研究報告の話③~ 「ドレフェス事件」に関する大図報告/パワポの構成/3分で話せる内容とは

私は1年A組のみなさんの研究報告を聞きました。3人の報告の他にも、江戸時代の卵料理について、軍郷・四街道について、氷川神社について、青磁の魅力について、魔女狩りについて、戦前の三越の広告について、富岡製糸場について……などなど、様々なテーマでの報告が並びました。

基礎ゼミはやはり充実していたみたいですね!

歴文らじおはまだ続きます!

【歴文らじお】4年生に歴文の魅力を語ってもらう その4 [2016年06月11日(土)]

「【歴文らじお】4年生に歴文の魅力を語ってもらう」の第4弾、最終回です。歴文生から受験生のみなさまへのメッセージどうぞお聞きになってくださいませ!

【16】受験生のみなさまへのメッセージ(小熊さん・泉さん)

DSC04368_R

【17】受験生のみなさまへのメッセージ(小川さん)

【18】受験生のみなさまへのメッセージ(強瀬さん)

DSC04379_R

【19】受験生のみなさまへのメッセージ(篠崎さん)

これで締めとしようと思ったのですが、松田に用事がはいって少し退席。ボイスレコーダーだけ回して、学生5名で語ってもらいました。

【20】大学をどうやって決めた?/「4年間やれそうなものは歴史しかない!」と思った/就職率も大事/資格が充実/高校の日本史の先生がとても面白かったけど、高校時代には絞りきれなかった/研修旅行などが豊富で楽しそう/いい友達できそうだったから/高校の先生のススメ

ここで松田復帰。

【21】締め!

いかがでしょうか?生の声を聞いて頂いて、イメージ伝わりましたか?

次回オープンキャンパスは6月19日(日)の10:00~15:00です!松田も体験授業をやります。皆様のご来校を心よりお待ちしております♪

過去の歴文らじお記事もあります。こちらからどうぞ!

かもん!歴文のポーズ。「かかってこんかい」にも見えますが笑

「カモン!歴文」のポーズ。「かかってこんかい」にも見えますが笑

【歴文らじお】4年生に歴文の魅力を語ってもらう その3 [2016年06月11日(土)]

歴文らじお「4年生に歴文の魅力を語ってもらう」その3です!今回はみなさんの記憶に残る授業を語ってもらいました。お楽しみ下さい。

【10】授業紹介(日本近現代史特論・松田忍

DSC04360_R

【11】授業紹介(文献取扱技能基礎関口先生

【12】授業紹介(文化財保存修復学基礎武田先生

DSC04354_R

【13】授業紹介(倫理学・掛川先生

【14】授業紹介(民俗と芸能・大谷津先生

DSC04342_R

【15】授業紹介(伝統文化の現場

歴文らじお、まだまだ続きますよ~♪

【歴文らじお】4年生に歴文の魅力を語ってもらう その2 [2016年06月11日(土)]

歴文らじお「4年生に歴文の魅力を語ってもらう」その2です!お楽しみ下さい。

DSC04351_R

【05】オープンキャンパスの思い出(強瀬さん)/オープンキャンパスで質問したこと

【06】入学後、新しい興味が湧く/西洋史小野寺先生

DSC04341_R

【07】学寮研修/3泊4日の共同生活/新しい人間関係をつくる場

DSC04377_R

【08】クラス制度/クラスがあるから友達がいる/クラスアドバイザー(担任)がいるのは安心

【09】クラス制度/先生のところに相談にいける

DSC04358_R

歴文らじおはまだ続きます...

【歴文らじお】4年生に歴文の魅力を語ってもらう その1 [2016年06月11日(土)]

こんにちは!松田忍(日本近現代史担当)です。

本年度もオープンキャンパスシーズンが近づいて参りました。たくさんの受験生のみなさまに、昭和女子大学の歴史文化学科を見に来てほしいなぁということで、歴文4年生のみなさまに集まって頂きました。

今回ご協力頂いたのは日本近現代史ゼミ(松田ゼミ)の篠崎さん、泉さん、小熊さんです。どうぞ楽しんでお聞きになって下さいませ!

【01】オープニング!/みんなはオープンキャンパス来た?/篠崎さん「雰囲気を見ようと思ってきた」/オープンキャンパスはいくつ回った?/広いグラウンドで学べる/歴文はふわっとしていた/学生がフリーに話すオープンキャンパス/昭和のオープンキャンパスは素人臭い/司書資格を取りたいなと思って選んだ/みんなの取っている資格

DSC04334_R

【02】専門はどうやって選んだ?(泉さんの場合)/ルーツ探しとしての日本近現代史/戦後の沖縄史

【03】専門はどうやって選んだ?(小熊さんの場合)/入口は新撰組/趣味としての歴史と学問としての歴史/女性史、民俗学、服飾史などを取ってみた/アメリカ留学が決め手/在米日本人の強制収容

DSC04338_R

ここで小川さんと強瀬さんが乱入。5人+松田でお話しを続けます。

DSC04359_R

【04】専門はどうやって選んだ?(篠崎さん)/最初は仏教文化史

歴文らじお企画まだまだ続きます!!

ボストンキャンパスに来ました!(その6)歴文らじお in NY [2015年09月10日(木)]

こんにちは、松田忍です。

ニューヨークトリップに参加していた歴文2年生、本多さんと吉田さんをつかまえて、ニューヨークのホテルのロビーでインタビューしました!名づけて「出張版歴文らじお in NY」。2人がいつからボストン留学を考えたのかとか、ボストンで楽しかったことや困ったことなど、短期留学中の学生の生の声がつまっていますよ! 是非お聞きになって下さいませ。

ボストン留学はいつから考えてましたか?/アメリカンカルチャークラスって?/初海外?/イザベル・スチュワート・ガードナー美術館について

IMG_0598_R

たくさんあるプログラムからボストンサマーセッション(4週間短期留学プログラム)を選んだ理由は?/長さがちょうど良い。お試し的な/コプリー駅周辺の話/マックにいった!/英語で困った?/ボストンにきてどんな発見があった?/フェンウェイパークでベースボール観戦をした!/ボストンでの授業について

R0011342_R

テレビ局訪問/フリーダムトレイル(独立戦争関係の史跡をめぐるコース)/ボストンの建築が美しい!/礼拝に参加する/ボストンでの食事/昭和ボストンにはフィットネスルームとプールがある/アメリカンカルチャークラスで訪問したところ/ボストン美術館の展示について

IMG_0593_RIMG_0595_R_R

アメリカのベースボール文化/ファッションについて/ボストンにどれだけ服を持ってきた?/吉田さんと本多さんのキャラ

IMG_0597_R

ボストンキャンパスで留学するということ/ニューヨークトリップで鑑賞したブロードウェイミュージカルについて(音声ではオペラと言っていますがミュージカルです)/演劇鑑賞が好き!/長期留学している学生の英語力に憧れる/残り1週間にチャレンジしたいこと

S__54992902_R

「海外キャンパスをもっていて気軽に留学できる昭和女子だからこそ、留学を決心できた」そして「ボストンサマーセッションで留学体験することでもっと海外にチャレンジしてみたくなった」との話が印象的でした!歴史文化学科でもボストンのサマーセッション(夏季4週間短期プログラム)や日本文化プログラム(春季2週間短期プログラム)は、さらに海外にはばたくための一段目のステップと位置づけています。お二人がさらに英語力を磨いて羽ばたいていってくれることを期待しています!

歴文らじおの記事はこちらにまとめてあります。あわせてご覧下さいませ。

諏訪原遺跡調査参加記(7)先生からのご講評 [2015年08月20日(木)]

こんにちは、松田忍です。

今年の諏訪原遺跡発掘調査に対する感想を、1~2年生、3~4年生、大学院生の順番にアップしてきましたが、最後に小泉玲子先生(古墳時代の考古学がご専門)、山本暉久先生(縄文時代の考古学がご専門)のご講評をアップいたします。歴文に興味あるなあという受験生のみなさまは是非お聞きになって下さいませ。両先生のお人柄がよく分かると思いますよ!

【小泉先生のご講評】 来年日程があえば・・・笑/発掘は初日と最終日がきつい/苦労や辛さがあるからこそ、深く楽しむ ことができる学問、それが考古学/たとえ考古学を専攻しなくても、考古学と関わり続けていく道はあるよ。

【山本先生のご講評】 テル先生が考古学を目指し始めたきっかけ/大学の授業よりも遺跡の調査だった/自分の道を貫いている先輩もたくさんいる/自分が大学で何を学ぶのかをしっかり考えよう/68歳がずっと掘ってたら倒れるよ。でも瞬発力はあるぞ!/また来年会いたいな。

松田が諏訪原遺跡を見学した証拠画像もあげておきます。ねこを押して土山に土を運搬する松田(なぜか連続写真笑)。

松田先生2_R松田先生3_R松田先生4_R

何点か土器が出てきました。竹ぐしに注目!

松田先生5_R

写真は小泉先生に撮影していただきました。ありがとうございました。

諏訪原遺跡調査参加記(6)現場を張る大学院生たち [2015年08月17日(月)]

こんにちは、松田忍です。

昭和女子大学の歴文で学び、発掘の実習をふくめて所定の単位を修得すると「2級考古調査士」の資格を取得できます。そして、さらに大学院に進学し所定の単位を取得すると「1級考古調査士」に認定されます。

考古調査士資格認定機構のHPをみると、考古学の専門機関に就職した考古調査士有資格者のリストが公開されています。我らが昭和女子大卒業者も多数、各教育委員会などで働いていることが分かりますよ!

8月15日には、OGのみなさまが10名も現場にかけつけてくださいいました!そのなかには、考古学の最前線で働いていらっしゃる方も多数いらっしゃいました。考古学を生涯の仕事としたい学生にとっては、そうした先輩たちと触れあい、貴重なお話しをうかがえるのも、発掘調査の醍醐味なんだろうなぁと思いました。

さて、以上までは歴文の教員として知識としては知ってはいましたが、「1級」と「2級」の違いがいまいちピンとは来ていませんでした。

しかし、今回現場を見学して、1級考古調査士の卵である大学院生は、発掘調査プロジェクトにおいて完全に「運営側」であるということが本当によく分かりました。前述のHPに掲載された1級考古調査士の資格説明にも次のようにあります。

遺跡の発掘調査において、主体的に調査に関わり、安全管理や衛生管理をはじめ発掘調査の全工程において現場を統括し、関係機関との調整など、実務を担当でき、また報告書の執筆や編集において、主体的に総括できると認められるもの。

テル先生は、大学院生に対して「おめぇらの立てた発掘方針なんて、どうせ俺の一言で覆されるんだから、方針を立てるだけ無駄無駄~」なんて、愛情たっぷりにおっしゃっていましたが、3人の大学院生が密に話しあい、現場をコントロールしながら、みんなを鼓舞して、調査を進めている姿がとても印象的でした。

現場を飛び回る大学院生の姿がこちらです。

DSC03752_R DSC03843_R DSC03825_R

歴文OGでもある3人はどんな気持ちで調査に臨んでいたのでしょうか。前半組の打ち上げの際の感想を聞いてみましょう。

1週間で帰宅する下級生とは違い、2週間参加の大学院生はようやく折り返し地点です。後半も、歴文の学生にたくさんの指導をしてあげて下さい!

そして調査が終わっても、遺物の整理や接合作業を先導し、さらには報告書の作成へと仕事は続きます。そしてその任務の傍ら、ご自身の修士論文も執筆せねばなりません。これから修士課程修了までずっと山場ですね。しっかり頑張ってね!